人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2016年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

e0033570_08342352.jpg「スーパーマン3」の次は「4」ではなく「スーパーガール」。
シリーズとして直接の繋がりはないけれど、サルキンド父子プロデュースの「スーパーマン」としてはこれが最終作になるのだから。
「スーパーガール」自体も「スーパーマン」同様に三部作構想があったようだが、結局頓挫。ヒットしたら「スーパーマン」と「スーパーガール」を交互に作り、ゆくゆくは共演させようとしたんだろうね。
ちなみにクリストファー・リーヴはカメオ出演を断ったそうで、ポスターのみの出演だったのは残念。スーパーマンとしてではなく、クラーク・ケントとして出てくれても面白かったのに(ロイスもね)。

今回は現行のワーナー版ではなく以前出ていたジェネオン版のDVDでの再観賞。
こちらには石川秀美がスーパーガールを演じたフジテレビの吹替放送版が搭載されているのだ。
来宮良子、野沢那智、古川登志夫、小宮和枝、水島裕、中西妙子、家弓家正、麻上洋子、山内雅人…と脇を固めるキャストはなかなか豪華な顔ぶれだけど、肝心の主役が棒読みではねぇ。
昨今は劇場公開時のタレント吹替が色々と問題視されているけど、この頃は話題作をTVで放送する際にはこの手のキャストが横行してたっけ。
まだビデオがない、あるいは普及してない頃、熱心な洋画ファンはお気に入りの作品の放送を心待ちにしてる一方で、こういった悲劇を何度も体験してたワケですな。

e0033570_08343908.jpg例え吹替の出来が酷くても、主演のヘレン・スレイターって今見ても魅力的ですな。
モデル体型というほどスレンダーではないし、筋肉質なアスリート体型でもないし、かといってスーパーパワーを発揮するほどのマッチョでもグラマーでもないという丁度良い感じ。
しかしどんなに激しいアクションシーンでも、決してまくれないミニスカートは強い。。。
最近TVドラマとしてリブートされなかなか評判が良さそうだけど、そっちではお色気サービスがあるのかなあ???

【ひとりごと】
ピーター・オトゥール、最初の方と最後の方だけの出番だけど、若い娘に脂下がってるエロオヤジにしか見えないぞ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/4701905/
by odin2099 | 2016-03-05 08:36 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
『スター・ウォーズ ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒/反乱軍の危機を救え!~レイア姫の冒険~』 セシル・カステルーチ/ジェイソン・フライ

e0033570_22024462.jpg「ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒」シリーズの第3弾。
ルーク、ハン&チューイとくれば、次は当然レイアが主人公。
これまたEP7以前のどこかの時点で過去を振り返るというパターンで、今度の舞台はEP5とEP6の間。ルーク、レイア、ランドらのタトゥイーンでのハン救出作戦の前、レイアは建造中の第二デススター攻略のために反乱軍を集結させるべく危険な賭けに出る、というお話。

ルークやモン・モスマ、アクバー、それに「おれたちの船って最高だぜ!」のメインキャラの一人イーマットらも顔を見せるが、意外なのはナイン・ナンがメインキャラに昇格してること。
あ、でもEP7にも出てるくらいだから意外でもなんでもないのかも。ウェッジだってデニス・ローソンがEP7出演を断らなけりゃ復権していたかもしれないしな。

相変わらずお話は面白くないし、EP7への伏線もハッキリわからないというジュニア小説。
これなら仕切り直しする前のスピンオフ小説の方が面白かったなあ。


by odin2099 | 2016-03-04 05:56 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_20295931.jpgデアゴ版をチェックしているうちにもっと色々見たくなってきたので、以前出ていたソフト版を引っ張り出してきた。
これはテレビ東京で放送していた「空から日本を見てみよう」終了後、一年を経てBSジャパンで帰ってきた「空から日本を見てみよう+(プラス)」の第1弾。

「東京新旧建物めぐり/東京タワー~東京スカイツリー」編は2012/10/2の放送のリニューアルされた一回目のもの。
東京タワーからスタートし、東京タワー以前に放送の要になっていた愛宕山、新橋、銀座ときて隅田川を北上し東京タワーまで。
これ、本放送の時にしっかり見ていたな。

「古都鎌倉」編は2012/11/6放送分。
北鎌倉駅をスタートし、円覚寺、建長寺、鶴岡八幡宮を経て最後は由比ガ浜へ。
鶴岡八幡宮の上空ではやたらと「2012/9/6に撮影」した旨のテロップが出てくるが、なんだっけ?
大銀杏が倒れたのは2010年だったよなあ。


by odin2099 | 2016-03-03 20:32 | テレビ | Trackback | Comments(0)
少年社中というのは実は全然知らないんですが、出演者の顔ぶれを眺めていて観賞を決め、週末サンシャイン劇場まで行ってきました。

e0033570_20322528.jpg脚本・演出:毛利亘宏、出演は井俣太良、岩田有民、堀池直毅、廿浦裕介、加藤良子、長谷川太郎、杉山未央、山川ありそ、内山智絵、竹内尚文、川本裕之、小澤亮太、松田凌、松田岳、白又敦、松本寛也、唐橋充、吉井怜、鈴木勝吾という面々。
東映とのコラボということでニチアサ所縁のキャストがずらりと並んでいますねえ。
「海賊戦隊ゴーカイジャー」の小澤亮太、「侍戦隊シンケンジャー」の鈴木勝吾、「魔法戦隊マジレンジャー」「特命戦隊ゴーバスターズ」の松本寛也、「仮面ライダー鎧武」の松田凌、松田岳、白又敦、「仮面ライダードライブ」の井俣太良、吉井怜、「仮面ライダー555」「シンケンジャー」の唐橋充…ということで客席は殆ど20~30代と思しき女性客で占められていました。

e0033570_20323612.jpgお話はというと、明智コゴロウやコバヤシ少年、黒トカゲにカイジン20面相、更には江戸川乱歩その人まで登場するというミステリー作品
……という触れ込みで観たワケですが、うーん、なんだこれ。

2階席の一番後ろに座ってたということもあるんですが、演じているのは誰が誰やらさっぱりわからないとか、一本調子で叫んでばかりの台詞回しが気になるとか、そういった些末なことを横においても、頭の中に何も入ってこないというか、心に響くものがなにもないというか、困惑だけで終わってしまった2時間でした。

一応は作品世界の構造だとか、大枠のストーリーそのものは理解できたつもりですが、さりとて、では一体何が言いたいの?と聞かれてしまうと答えに窮するというか。
場内はかなり爆笑の渦に包まれたりもしていたんですが、くすりとも笑えませんでした。
そういえば帰りに、大声で不満を並べ立ててた女性客のグループがいましたけど、全面的ではないものの幾つかの指摘にはウンウンその通り、なんて思ってしまいました。

江戸川乱歩!ミステリー!ということで、ちょっと過剰な期待を抱いてしまったのかなあ???
by odin2099 | 2016-03-02 20:34 | 演劇 | Trackback | Comments(0)
新聞社のオーナーであるマグヌッセンから、夫の女性スキャンダルをネタに恐喝されたスモールウッド議員。英国は全てこの男の言いなりで誰も歯向かおうとしないと嘆く議員だったが、その脳裏に一人の人物が閃きベイカー街を訪れた。
シャーロックは議員の代理人としてマグヌッセンと交渉を行う一方、そのオフィスに忍び込むが、そこでマグヌッセンを殺そうとしている人物と出会う。
その暗殺者の正体には流石のシャーロックも驚きを禁じ得ない。暗殺者が放った銃弾にシャーロックは静かに倒れていく…。

e0033570_20531080.jpgシーズン3の最終話「最後の誓い」では、第1話でジョンを人質にシャーロックをおびき出そうとするなど、シーズン通じて事件の背後にいた人物が遂に明らかになる。
そのマグヌッセンは正典の”恐喝王”ミルヴァートンにあたるキャラクターだが、モリアーティに比べると出番も少なく今一つインパクトに欠けるきらいがあるものの、シーズンのラスボスとしての大物感はなかなか。

また内容的には番外編エピソードに思えた第2話が、実はこの3話に向けての伏線だらけだったというのにも驚かされる。
一話限りのゲストキャラクターかと思いきや実はキーパーソンだったり、レギュラーメンバーにも大事な役割が与えられていたり、特にジョン・ワトソンは大きな決断を迫られる。

ラストは意外にあっさりと事件が解決したな、と思わせてのまさかまさかの展開。
シーズン1や2のように「シャーロックの運命や如何に?!」という終わり方ではないものの、これからどんな展開が待ち受けているのか期待せざるを得ない。
シーズン4は年内に製作される予定と発表はされているが、主演の二人がハリウッドでも引っ張りだこの売れっ子になってしまっただけに、そのスケジュール調整には難航しているようだ。
またこの二人、既に「ホビット」ではビルボとスマウグの声という形での”共演”はあったけれど、今後<MCU>での共演もあり得そう。

【ひとりごと】
シャーロック、それに今回マグヌッセンも使っていたマインドパレス(精神の宮殿)、見ていて『仮面ライダーW』のフィリップが使う「地球の本棚」を思い出した。
理屈上は違うものだろうけれど、演出の方法は似てるな。


by odin2099 | 2016-03-01 20:54 | テレビ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ