人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2018年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

e0033570_19574352.jpg「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」の第二部。

今度の主役はパラドとポッピーピポパポで、前作「仮面ライダーブレイブ&仮面ライダースナイプ」では暗躍していただけの檀黎斗がいよいよ物語の中心に躍り出る。併せて「謎の美女」八乙女紗衣子の企みとその正体も明らかに。
ただ宝生永夢と九条貴利矢は引き続き出てくるが、前作で主役を張った鏡飛彩と花家大我は姿を見せない。

作品の基本設定がよくわかっていないので、黎斗の目的やそれがどれだけ大それたものなのか、といったことが今一つ伝わってこないのと、前作に比べると「次」への引きが強いので自分の中で消化不良を起こす部分もあったのだが、役者陣の好演というか怪演に助けられて1時間を愉しめた。

黎斗役の岩永徹也、振り切ってるなあ。
そして紗衣子の二面性を表現した柳ゆり菜
可愛くもあり、セクシーでもあり、カメラも徹底的に美脚や胸元を狙っているのはTVではないVシネならでは?
ポッピー役・松田るかのコスプレもファンサービスなのだろう。
e0033570_22295803.jpg
次が三部作の完結編、そして今度こそ「仮面ライダーエグゼイド」の真の完結編となるか?!




by odin2099 | 2018-02-20 22:33 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
<マーベル・シネマティック・ユニバース>の10作目、遂に二桁の大台に。

e0033570_19564192.jpg主人公は26年前に地球から浚われたピーター・クイル、通称”スターロード”。
彼はウォークマンを肌身離さず持っているけれど、電池は一体どうしてるんだろう?
26年間もおんなじカセットテープを聴き続けてるけど、伸びたり切れたりしないのかな?

…とそんなことばっかり気になって、なんか作品世界に集中出来なかったなあ。
あ、どうして言葉が通じるの?っていうのも気にはなってた。

そんなこんなで、この作品も<MCU>の最高傑作に推す人多いのだけれど、個人的には全然ダメ。
毎回毎回そのことを愚痴ってるけど、こうなるととことん相性悪いとしか言いようがない。
逆に推してる人に聞きたいくらい。
この作品のどこに、そんなに惹きつけられるの?って。

まあ毎度言い訳してるけど、決してつまらないと言ってるわけじゃない。
ピーターのキャラも好きだし、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーも悪くないし、ヨンドゥはじめとするラベジャーズだって嫌いじゃあない。

でも異星人がわんさか出てくるのが<MCU>の世界観にそぐわないなあと思ってるのも事実で、いよいよ今度はアベンジャーズと合流するけど、はたしてどうなるのかな、という心配はちょこっとある。
ま、大丈夫だろうけど。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22388050/
http://odin2099.exblog.jp/22830340/
http://odin2099.exblog.jp/24106958/



by odin2099 | 2018-02-20 20:01 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
美しいフランスの田園風景から始まるこの映画、世界最高峰と言われるボルドーワインが如何にして生まれたか、に焦点を当てたドキュメンタリー映画。

e0033570_23105489.jpg――と思ってたのだけれど、ワインを巡るシビアなビジネスの方に焦点が当てられていた。

高騰するワインの価格に米国市場が恐れ慄き手を引いて行く。
その間隙を縫うように出現した巨大なマーケットが中国。
その中国の進出に対してシャトー側はどう思っているのか。
またバブルの崩壊を懸念する声も高まる中、遂に――

もちろん多少の蘊蓄は含まれているが、ワインについてあれこれ知りたいと思った観客は見事に肩透かし。
それが悪いとは言わないが、この邦題は誤解を招きかねない。
興味深い内容ではあったものの、消化不良というかモヤモヤは残る。
気分転換に、美味いワインを飲みたい気分だ。

ナレーションはラッセル・クロウ。




by odin2099 | 2018-02-19 23:12 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
宣材では触れられていないが、「鬼ヶ島へ急行せよ」というサブタイトルがつく。

e0033570_23001166.jpgバトルホッパーとロードセクター、二台のマシンを使い分ける仮面ライダーブラック、ゴルゴム側には新幹部である剣聖ビルゲニアが登場、と放送開始から半年近く経った頃なので節目の展開。
しかしブラックと互角というより優位に立っていたカメレオン怪人の戦いに割って入ったものの、ブラックの反撃に遭って逃げ帰り、創世王の不興を買って謹慎に追い込まれるビルゲニアなど、一体何をしに出て来たのかわからない。

ゴルゴムの作戦も、優秀な子どもを浚って新たな怪人を生み出そう、としているのかと思いきや、更に子供の誘拐を続け、追いかけて来た仮面ライダーブラックに対して「これは罠だ」と嘯く。
真の目的はブラックを再改造して強力な怪人を誕生させること?!
なんかやってることが回りくどいぞ、ゴルゴム。

怪しい釣り人(演:特別出演の石ノ森センセ)の助けを借り、ブラックは見事にゴルゴムの野望を打ち砕き、最後はヨットハーバーで南光太郎は唄を披露。
嬉しいような、そうでもないような…
よくわからないファンサービスをしてくれる<まんがまつり>であった。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/3338915/
http://odin2099.exblog.jp/23131722/
http://odin2099.exblog.jp/25688684/




by odin2099 | 2018-02-19 23:03 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
「Mr.マックスマン」の続編も、更なる続編に備えて再観賞。

千葉雄大に代わって主役を務めるのは竜星涼。随分と似てない兄弟もあったもんだ。
これで両親が要潤と鈴木杏樹なんだから、ある意味で最強の遺伝子。
といっても前作の描写見る限りでは主人公は一人っ子っぽかっただけに、かなーり無理矢理感がありあり。まあそれも含めて「笑う」部分なんだろうけれど。

e0033570_20254535.jpg新ヒロインは、前作では脇に甘んじていた内田理央が昇格。
前作でも結構出番が多かったし、なまじ新キャラ出すよりもこう言う形の方が嬉しい。
ちなみに前作のヒロインだった山本美月は千葉雄大共々「スペシャルサンクス」扱いで、雄大クンと違って如何にも「特別出演しました」という感じの顔見せのみなのがちょっと残念。

ニチアサ枠から新規参入したのは松島庄汰で、他のジャパンテレビのメンバーは久保田悠来、青木玄徳、田村亮らが残留で、他に悪役陣の丸山敦史と大和田伸也がスライド。喫茶店のマスターを好演したなだき武も続投だ。

前作よりもヒロイン比重の高い作品になっていて、最初から最後までだーりおの魅力が全開
回想シーンでは中学三年生という設定でセーラー服姿まで披露。
ちょいとキツイ?いや、まだまだ大丈夫!?

旧作からのフッテージの流用が多く、それで水増しされてる感はありあり。
要潤は多分台詞を一言二言追加録音しただけで撮影には参加してないだろうし、大和田伸也の出演シーンもおそらく前作以下。
だけど単独で見た場合は豪華に見えなくもないので、こういった作品は愉しんだ者勝ちだ。

ラスト、雄大クンのプロポーズを美月ちゃんは受け入れてくれたようだけど、ヒーローと結婚生活の両立って難しくないかな?
一方の竜星クンの正体はあっさりだーりおにバレて、こちらもハッピーエンド。
しかし「梨奈さん、好きだ―!」で変身するヒーローなだけに、恋が成就しちゃったらマックスマンに変身できなくなったりしない?

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/25150403/



by odin2099 | 2018-02-19 20:31 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
<マーベル・シネマティック・ユニバース>の9作目で、<MCU>の最高傑作との呼び声の高い一本。

黙々とランニングをするスティーブが一人の男を追い越す。
「左、失礼」
これまでの<MCU>で最も静かなオープニングだろう。
この男が後にスティーブの相棒となるファルコンで、新キャラクターの紹介としてもさりげなく、かつ印象に残る。

ちなみに映画のラストシーンも病室で眠るスティーブの姿。
ゆっくりと目を覚ますとその傍らにはファルコン。そこで再び
「左、失礼」
これも<MCU>で最も静かなエンディング。そして締めくくりとしても相応しいものに。

e0033570_17514273.jpgもっとも実際はこの後にブラック・ウィドウに対する審問や、地に潜る決意をしたニック・フューリーとか、ウィンター・ソルジャーことバッキーの足取りを追う決意をしたスティーブとファルコン、それに記憶を取り戻したかのようなバッキー、更にはヒドラの新たな計画etcetcが映し出されるのでこれが真のエンディングシーンではないが、独立した映画としてはここで綺麗に終わっている。

新キャラのファルコンは出番こそ多いものの活躍する場面はあまり多くないのが多少の不満点ではあるものの、ポリティカル・サスペンス風味の作品とはいえアメコミの映画化作品にロバート・レッドフォード・クラスの大物が出てくると画面が締まるし、この作品を推す人が多いのも頷ける話。

個人的には、「アイアンマン2」「アベンジャーズ」で魅力的だったブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフのファーストシーンでガッカリした覚えが。
髪型のせいもあるのだろうけど一挙に老けて見えたのと、吹替版のせいか凄くガサツな女に感じられてショックだった。
その後の作品でもあまり持ち直しているように見えないので、単独作品を撮るなら早くしてほしい。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/21908585/
http://odin2099.exblog.jp/22388034/
http://odin2099.exblog.jp/22812405/
http://odin2099.exblog.jp/24095369/
http://odin2099.exblog.jp/25074345/



by odin2099 | 2018-02-18 17:56 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
新作公開に合わせて再観賞。

テレビ朝日が<平成仮面ライダー>や<スーパー戦隊>、即ちニチアサ所縁のキャストを集め、吉本興業と組んで製作したヒーロー映画で、大泉の街並みが出てくるものの、何故か製作に東映は噛んでないというのがちょっと不思議? 
勿論大泉の撮影所は「製作協力」という形で参加はしてるけど。

e0033570_09591341.jpg主演が千葉雄大でヒロインが山本美月。
ニチアサ枠(?)からは要潤、永瀬匡、久保田悠来、青木玄徳、内田理央、丸山敦史が抜擢。
他にも鈴木杏樹、田辺誠一、なだき武、田村亮、高田延彦、大和田伸也、と実に濃い顔の面子が並んでいる。

その中にあって癒し系の雄大クンは…というと、一見薄そうで実は彼もなかなか目鼻立ちのハッキリした「濃い顔」だったことを改めて発見。だからこの面子の中でも埋没しないんだなあ。

ニチアサ絡みとはいえ、和風のヒーローではなくアメコミテイスト。
その為に東映が絡んでないのか、あるいは東映が絡んでないからそうなったのか――は考え過ぎだけど、ニチアサのパロディになっていないのは好判断。
1時間ちょっとの中にシリアスとギャグが上手く盛り込まれ、楽しいひと時を過ごせる作品になってると思う。

しかし3本も作られるほどの人気作品になるとは思わなかったな。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/23785409/



by odin2099 | 2018-02-18 10:01 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
パリの老舗ナイトクラブ「クレイジーホース」に密着したドキュメンタリー映画。
完全に興味本位で見ました。

e0033570_00062286.jpg冒頭から殆ど全裸の女性ダンサーたちが出てくるのですが、ショーをそのまま見せてくれるのかなと思いきや、ステージの映像から急にカメラが舞台裏に切り替わって練習風景が映し出され、それがまた本番のステージのものに変わり、その合間に演出家や衣装の担当者らスタッフが喧々囂々のやり取りをはじめたり、ダンサーたちが不満をぶつけたり…と時系列を無視して、舞台の表と裏を行ったり来たり。

登場する人々が誰でどういう立場なのかという説明もなく(相手とのやり取りの中で何となくわかるようにはなっていますが)、テロップやナレーションによる解説も一切なく、興味本位、冷やかし半分で見るにはかなりきつい映画です。
せっかく綺麗な女性が沢山出てきて、カメラを意識することなく堂々と脱いでくれるのですが、彼女たちが途中で段々とアスリートのように思えてきてしまい、そういうエロ目線には応えてくれません。

以前、同じくクレイジーホースを舞台にした「ファイア by ルブタン」というドキュメンタリー映画を見ていますが、この時も途中でスポーツ・ドキュメンタリーを見ている気分になりましたが、己の肉体を使って何事かを表現する場合、例え衣服を身につけていなくてもそこにエロが介在する余地はないのかも知れませんね。

しかしどうせならこれとは別に、最初から最後までショーを追いかけた映像も見てみたいものです。
この作品だけだと「世界で一番シックなショー」と言われてもピンとこないもので。



by odin2099 | 2018-02-16 00:09 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
<マーベル・シネマティック・ユニバース>の8作目。
お馴染みのキャラクターが再登場しての「マイティ・ソー」第二弾でもある。

前作に比べ包容力が増し、貫録タップリで頼れるヒーローへと成長したソー。
それでもレディ・シフやウォーリアス・スリーら仲間たちと一緒にいるときや、義弟ロキを前にするとたちまち前作同様のやんちゃなわんぱく坊主が姿を見せるのが微笑ましい。

e0033570_19372699.jpg愛するジェーンを救うため、そして母フリッガの敵を討つため、父王オーディンの命に背いてのアスガルドからの脱出行。この時のソーとロキのやり取りがとにかく楽しい。まだ二人が仲良かった頃も、この兄弟はこんな調子で悪戯に励んでいたんだろうか。
平和だった頃のアスガルド、仲良かった頃のソーとロキの姿も、ふと見てみたくなった。
そういやソーやオーディンには反抗的なロキも、フリッガに対しては従順というか甘えの感情を見せる。
ロキはお母さんっ子だったのかな。

そのロキ、マレキスに対して「私はヨトゥンヘイムのロキだ」と名乗るが、「アベンジャーズ」の時は「アスガルドのロキ」と名乗っていたっけ。
相手や状況に応じて使い分けているのだとしたら、流石狡猾なロキ、というところか。

傑作続きと評されるフェイズ2の作品群にあって、この作品はあまり好意的な声を聞かないが、ランニングタイムも短めだし、これはこれで十分に愉しめる。
冒頭の九つの世界を巡る場面や、中盤のアスガルドでの戦いのシーンなど、どことなく「ロード・オブ・ザ・リング」を彷彿とさせるのも他作品との差別化となって良い。

それにしてもヘイムダルは意外に役立たずだし、アスガルドも簡単に外部からの侵攻を許すし、神様と崇めるには些か頼りないですな、オーディンもソーも。

【ひとりごと】
「マイティ・ソー」や「アベンジャーズ」ではあまりなかったロキの、自分の身体を張ったアクションシーンはなかなか格好良いけれど、これを見てもトム・ヒドルストンを時期007=ジェームズ・ボンドに推そうとは思わない。
またボンドを黒人に変更するというアイディアにも反対なので、ヘイムダル役のイドリス・エルバも考えられないなあ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/21640222/
http://odin2099.exblog.jp/22378878/
http://odin2099.exblog.jp/22797266/
http://odin2099.exblog.jp/24090149/
http://odin2099.exblog.jp/25028597/



by odin2099 | 2018-02-15 19:42 |  映画感想<マ行> | Trackback(1) | Comments(0)
第二章は第3話から第6話まで。
ワープテスト、波動砲の試射、冥王星基地攻略、と正に「太陽圏の死闘」が続く。

これも概ね旧作に準じた展開ではあるが、ヤマトのワープテストの場所が変更されたり、木星にある浮遊大陸の由来が新たに設定されたり、反射衛星砲は元々武器ではなく遊星爆弾の発射装置を転用したものだったり、という具合に独自の設定、解釈も出てくる。

e0033570_20273445.jpgまた旧作にはいない本作オリジナルキャラクターも徐々に出番が増えてきており、それに伴って当然オリジナルのストーリー展開も設けられている。
もっともまだ細かい部分は固まってなかったのか、今見るとちょっとアレレ?な部分もなきにしもあらず。
「ゆきかぜ」の消息を知っても平静な新見女史とか、山本の妹の存在を知らないらしい篠原とか。

最初の出会いが出会いだっただけに、古代に反発する雪。
ただエンケラドゥスでの一件で少し距離を詰めた感じがあり、また山本と談笑する古代を目撃して身を隠す辺り、すこーし意識してるのが見てる側に伝わってきて微笑ましい限り。
一方の古代は全く無頓着で、これなら榎本さんに「女の扱いが下手なヤツ」呼ばわりされるのも致し方ない? 
というより訓練学校時代に、古代は女性と何をやらかしたんだろう???

デスラー登場。
これまで謎だったガミラス陣営の一端が明らかに。
旧作と大きく変わってはいないことに一安心。
というところでプロローグは終わり、いよいよ本編が始まる。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/18293642/
http://odin2099.exblog.jp/18571337/
http://odin2099.exblog.jp/20025815/
http://odin2099.exblog.jp/22074963/
http://odin2099.exblog.jp/23135900/



by odin2099 | 2018-02-14 20:32 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ