【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2018年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

前作「デッドプール」をカウントすれば、<X-MEN>の9作目。更に「ファンタスティック・フォー」も加えれば、これが<X-MEN>10作目?

e0033570_19454606.jpgいつの間にか「三部作完結編」なんていうコピーもつけられちゃいましたが、過去を描いた「X-MEN/ファーストジェネレーション」「X-MEN/フューチャー&パスト」に続く3作目という意味合いもあるようで、「フューチャー&パスト」のポストクレジットシーンにチラっと出てきたアポカリプスが本作のメインのヴィラン。
物語も「フューチャー&パスト」の過去シーンの続きになっています。

もっともあのラストではストライカーに化けたレイブン(ミスティーク)に助け出されたかに思えたローガン(ウルヴァリン)でしたが、本作ではストライカーに囚われアダマンチウムを移植され、そして記憶も失っているようです。
この新・三部作は10年サイクルのお話になってるようですが、前作から10年の間に何があったのやら。

前作で歴史が改変されたことで、各キャラクターの出会いも従来とは異なるものに。
スコットとチャールズ、ジーンとウルヴァリン…これで旧・三部作とは完全に繋がらなくなりましたね。
それにミスティークがX-MENの行動隊長的役割を担うなんざ、旧・三部作の時点では想像も出来ませんでした。あちらでは完全に悪役でしたからね。

ということで過去を舞台にしているため、アポカリプスがどれだけ強大な存在に描かれようと、最終的にX-MENが勝つ未来は約束されているため、緊迫感に乏しいのは最大のマイナス要素。
中にはハボックのように命を落とすキャラもいたとしても、どれだけ痛めつけられても結局は逆転するんでしょ、というのがわかってしまうから。
更なる歴史改変の可能性があることを少しでも匂わせておけば、もうちょっとハラハラドキドキしたのだけれど。

最後も旧・三部作の世界とは違った明るい未来が待っていそう。
ミスティークがX-MENのメンバーになっているのもさることながら、正式にメンバー入りはしないまでもチャールズとエリック、プロフェッサーとマグニートーも深刻な対立関係には今のところ陥りそうもない(もしそれが壊れるとしたら、それはミスティークや仲間の死など大きな事件が起きた場合だろう)。
希望を感じさせるラストは、三部作完結編には相応しい。

ポストクレジットシーンでは次回作への伏線が用意され、まだまだシリーズは終わらないことをアピールして終わるが、本作はそれほどヒットせず、また評判もあまり芳しくなかったようなので今後の展開には軌道修正が迫られそう。実際「次」の作品のスケジュールは再三見直されてるようだし、撮影が終わったにも関わらず再撮影が行われ公開日も延期、などと不穏なニュースも流れている。
<マーベル・シネマティック・ユニバース>入りしてリブートされるのか、そちらも不透明で今は推移を見守るのみ。

【ひとこと】
一人で去っていったサイロック、いずれX-MENのメンバー入りする可能性もあるのかな。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/24592838/



[PR]
by odin2099 | 2018-05-31 19:53 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
TV版第6話「怪奇!死人ふくろう!!」を<東映まんがまつり>用に手直しした劇場版。

この6話は以前にも書いたように、主人公のかつての友人が裏切る、という「あるある」な展開。
洗脳されていて正常な判断が出来ない場合、家族などが人質にとられていて仕方なく等々、裏切る理由には幾つかパターンがあるけれど、今回は主人公への嫉妬やコンプレックスが原因という「積極的裏切り」。序盤にしてはなかなかハードなストーリーかもしれない。しかもその作戦がなかなかエグイし。

e0033570_21364992.jpgしかし<まんがまつり>としては少々地味。
併映が新作映画「仮面ライダー対じごく大使」と同じくTVブローアップ版の「超人バロム・1」で、その「バロム・1」はドルゲ魔人の軍団とバロム・1が戦う第14話「魔人アリゲルゲと13のドルゲ魔人」というイベント編。
ならば「嵐」にも同じ14話に「血ぐるま怪人集団!総攻撃!!」という、やはり再生怪人軍団と死闘を繰り広げる似たようなエピソードがあるので、そちらをピックアップしたらもっと盛り上がったんじゃないかなあ、なんて考えたりもするのだが、流石に見ているちびっ子もおんなじようなお話ばっかりじゃ飽きるか。

それ以前にこの<まんがまつり>は7/16公開で、14話の放送は7/7だからいくらなんでも早すぎる。
――と思ったら「バロム・1」の14話も実は7/2放送なので、これはTV放送→劇場公開のペースとしては<まんがまつり>最短かもしれない。やれば出来たかも?

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/7139733/
https://odin2099.exblog.jp/23364336/



[PR]
by odin2099 | 2018-05-30 21:46 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
<X-MEN>シリーズ通算8作目。といってもこの作品をシリーズ作品だと捉えてる人は少数派かもしれない。
一応はコロッサスにネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドといったX-MENのメンバーも出てくるが、作品のトーンはあまりに違う。時系列的にどこに位置するのかも今のところ不明。

e0033570_20142180.jpgただデッドプールことウェイド・ウィルソンを演じているのは「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」同様にライアン・レイノルズで、ついでに言うと吹替も同じ加瀬康之。もっともキャラは全くの別物で、原作により近いのは本作の方だそうな。

「X-MEN/フューチャー&パスト」で歴史が変わったので、不評だった旧デッドプールの存在がなかったことにされた(というかパラレルワールド状態になった)のは、ファンにとっても有難いことだったのかもしれない。

下ネタ全開だし、かなーりグロい描写もあったりで、正直言って凡そ自分好みの作品とは言い難いのだけれども、続編公開を控えて久々に見直してみたら、免疫がついたのか思いの外楽しめた。
これなら「デッドプール2」、期待してもいいかな。

<過去記事>



[PR]
by odin2099 | 2018-05-30 20:15 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
シリーズ中のターニング・ポイントとなった<スター・ウォーズ・サーガ>の第五章。
前作「新たなる希望」から続けて見ると、そのトーンの違いに驚かされる。

e0033570_20202171.jpg祝勝ムードの中で幕を閉じた前作だったが、そのハッピーエンドは本編が始まる前、状況説明のテロップのみでいきなり否定される。昨今話題の「ナレ死」よりも容赦ない。
前作、及びその前日譚たる「ローグ・ワン」で、あれだけ必死になって設計図を奪い、弱点を研究し、多くの犠牲を出しながらようやくデススターを破壊したのは一体なんだったんだろう?

確かにあの時点でデススターを攻略しなければ反乱軍は全滅の憂き目にあっていたかもしれないが、結局のところデススター一基を潰したところで大勢に影響はなかった。
ということは「ローグ・ワン」の時点で「逃げる」ことを主張した連中の考えは、強ち間違ってはいなかったんじゃなかろうか。「新たなる希望」構想時に、どこまで続編のストーリーを考えていたのかはわからないが、緻密に構成されてると思われがちな<スター・ウォーズ・サーガ>が、案外行き当たりばったりで作られてるというのは以前にも書いた。

その際たるものが「ベイダー=ルークの父」、「ルーク=レイアの妹」という設定で、少なくてもこの「帝国の逆襲」草稿時点ではそれぞれ別のキャラクターが充てられていた。
確か「ジェダイの帰還」構想段階でも、オビ=ワン、ヨーダ、そしてルークの父のフォースゴーストがルークを導くというシチュエーションがあったと思う。

その一方で、ベイダーの元から逃げ出そうとしたルークの声に反応するレイア(単純なフォースの感応というよりも、兄妹ならではの共鳴のように見える)や、ベスピンから脱出する際にベイダーから呼びかけられ、素直に「父さん?」と反応するルーク、というシーンは後の展開を知っていればなるほどと頷けるもの。どこまでルーカスはこの時点で意識していたのだろうか。

ちなみにこの<オリジナル・トリロジー(クラシック・トリロジー)>を通じて、C-3POとR2-D2は一度もベイダーと直接対面していない(3POとはニアミスがある)。
<プリークエル・トリロジー>で3POはかつてのベイダー、アナキン・スカイウォーカーが組み立てたことが明らかになり、またタトゥイーンで出会って以降、アナキンはその大半の場面でR2と行動を共にしている。もしこのドロイドたちがベイダーと会っていたら双方それなりの反応があって然るべきなのだが…。
これは偶然か、それとも天の配剤か?

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/4513121/
https://odin2099.exblog.jp/8044481/
https://odin2099.exblog.jp/15962137/
https://odin2099.exblog.jp/23000229/



[PR]
by odin2099 | 2018-05-29 21:10 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
3本目となるファンタスティック・フォーの映画は、更なる続編ではなくリブート。
前2本とも結構楽しめたクチなので、わざわざリブートなんかしなくてもそのまま続編でいいじゃないかと思うけど、ソニーピクチャーズが「スパイダーマン」を三部作で終了させ、新たに「アメイジング・スパイダーマン」としてリブートしたものの2本で頓挫し、今度はマーベル・スタジオと組んで「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で先行デビューさせた後に「スパイダーマン/ホームカミング」で大ヒットを飛ばした例もあるので、より高みを目指そうという20世紀FOXの判断なのだろう。
それとFOXのドル箱シリーズ<X-MEN>と世界観を共有させるという話もあったので、その整合性をとる必要があったのかもしれない。

e0033570_20130642.jpg結果的にこのFOXの賭けは凶と出た。
製作中から不協和音が聞こえ、出来上がった作品の評価も芳しくなく、興行的にも成功には程遠かった模様。続編や<X-MEN>とのコラボ企画も軒並み凍結(ということは事実上の破棄)となってしまった。
個人的にはボロクソ言うほどつまらない作品だとは思わないけれど、手放しで面白いかと言われると残念ながらノーという返答に。それに<X-MEN>のキャラや、その世界の一端をうかがわせるような要素も皆無で、一体どのように関連付けしたかったのかもわからない。何か伏線でも張っていれば「次」への期待感を抱けたかもしれないが。

その後、ディズニーによる20世紀FOXの買収がまとまったので、今後は<X-MEN>共々<マーベル・シネマティック・ユニバース>入りが期待されている。
となればそう遠くない将来、このファンタスティック・フォーに二度目のリブートの可能性もあるのだが、ここにきてコムキャストが対抗買収案を計画とのニュースが飛び込んできたことで<MCU>入りも不透明な状況に。
企業側の論理ではなく、ファンが望む形での早期決着を願いたいものだ。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/23761425/




[PR]
by odin2099 | 2018-05-29 20:20 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
過去と未来を行ったり来たり…と「タイムボカン」の主題歌みたいな<X-MEN>シリーズの7作目。
未来世界で超兵器センチネルによって絶滅の危機に瀕しているミュータントを救うため、過去に遡ってセンチネルの開発を止めさせ歴史を改変しようというお話。
といっても誰かが直接過去世界へタイムトリップするのではなく、精神だけを過去の自分の肉体へ転移するというのが新しい試みで、この無謀な計画に耐えうるのは不死身の男ウルヴァリンのみ!

e0033570_19554630.jpgここまでの<X-MEN>シリーズを時系列的に並べると、一番古い時代を描いているのが「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」で、「X-MEN/ファースト・ジェネレーション」を経て「X-MEN」、「X-MEN2」、「X-MEN/ファイナルデシジョン」の三部作があり、そして「ウルヴァリン/SAMURAI」となるのだが、本作は「ウルヴァリン/SAMURAI」のポストクレジットシーンを受けてスタート。
あの時にウルヴァリンの前に現れたプロフェッサーXとマグニートーが警告した恐るべき事態が、とうとう現実のものになったというワケ。

そこでウルヴァリンが飛んだ過去世界だが、これは「ファースト・ジェネレーション」後の世界で、ここで歴史を変えたためにこれ以降の三部作のお話はなかったことになった。
元々「ファースト・ジェネレーション」と三部作では矛盾点があると以前書いたが、今回の作品で分岐点が出来たお蔭でその辺りはかなり解消されたのではないか。こちらの時間軸のエマ・フロストは本作開始時点でエンジェルやバンシー、アザゼルらと共に殺されてしまったらしいし。
そういや、過去世界で最初に目覚めた時のウルヴァリンとギャング?たちの会話で「服はどうした?」「未来から来た」というやりとりがあるが、これは「ターミネーター」ネタ?

冒頭からX-MENたちの個々の能力を使ったコンビネーション攻撃が楽しめ、終盤ではその彼らが一人一人と倒れて行く絶望感、そして打って変わって歴史改変後の未来世界に集う懐かしのカメオキャラクターたち。同じマーベル作品の「アベンジャーズ」を意識したのかな?と感じる部分も無きにしも非ずだが、オールX-MENとはいかないまでも、かなり多くのメンバーを登場させたオールスター物っぽいワクワク感には満ち溢れている。

そういや今回登場のセンチネル、「マイティ・ソー」に出てきたデストロイヤーにチョイ似に感じるのは気のせい?

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/22070954/
https://odin2099.exblog.jp/24101532/
https://odin2099.exblog.jp/24585761/


[PR]
by odin2099 | 2018-05-28 20:05 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
**** ネタバレ注意! ****

第15話「テレサよ、デスラーのために泣け!」、第16話「さらばテレサよ!二人のデスラーに花束を」、第17話「土星沖海戦・波動砲艦隊集結せよ!」、第18話「ヤマト絶体絶命・悪魔の選択再び」をまとめて上映。

e0033570_14031168.jpg第四章ではガトランティス人とはどういう種族なのか、そしてテレサとは如何なる存在なのか、を解き明かしていったが、今回はアベルト・デスラーの生い立ち、そしてクラウス・キーマンの正体と彼が取った選択を前半部分で描き、後半は地球艦隊とガトランティス艦隊の一大決戦、そして再び突きつけられるズォーダーからの”悪魔の選択”、はたしてヤマトは?と盛り沢山。

アベルト・デスラーに関しては前作「宇宙戦艦ヤマト2199」の、特に終盤での不可解な行動に意味を持たせ復権させることに一応成功。万人が納得できるかどうかはわからないが、彼の行動もまた純粋にガミラス人とイスカンダル人を思ってのことだったことが説明される。旧作での「デスラーのテーマ(デスラー孤独)」もようやく画面を彩ることに。

そしてそのアベルトの甥であることが判明したキーマンことランハルト・デスラー。この二人のデスラーを翻弄するデスラー一族の悲劇。そして一旦はヤマトクルーを裏切り、更にはアベルトをも裏切ってヤマトを選んだその葛藤。ヤマト艦内におけるトラブルメーカーの可能性もあった彼だが、これで名実ともにヤマトクルーの一員となっていくのだろう。もっともこれは死亡フラグでもあるが。

死亡フラグといえば、今回もう一人該当する人物がいる。
それはズォーダーの”悪魔の選択”のターゲットとなってしまった加藤三郎。桂木透子から息子の病を治す薬を受け取ってしまった加藤、それと引き換えに彼が起こした行為によってヤマトは沈没。
先にバルゼー率いるガトランティス艦隊を辛うじて撃退したものの、白色彗星本体が出現したことにより壊滅状態に陥った地球艦隊に代わり、唯一の希望となったヤマトだったが…。

第19話「ヤマトを継ぐもの、その名は銀河」から、20話「ガトランティス、呪われし子ら」、21話「悪夢からの脱出!!」、22話「宿命の対決!」をまとめた第六章「回生篇」は11/2公開。

ヤマトの同型艦「銀河」(そのデザインは「復活篇<DC版>」に登場した「波動実験艦ムサシ」に類似)の登場や、更なる一大決戦に期待しつつ、既に「さらば」とも「ヤマト2」とも違う独自のストーリー展開に一抹の危惧や不安、そして個人的には望むべからざる方向へと漂うヤマトの進路に大いなる不満を抱き、次なる航海を待つ所存。そろそろ見限る潮時だろうか。


[PR]
by odin2099 | 2018-05-27 14:10 |  映画感想<ア行> | Trackback(1) | Comments(2)
正伝にスピンオフ、全て合わせると通算で6本目の<X-MEN>映画。
ウルヴァリン単独作品としての1本目である「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」は、文字通りシリーズ1作目の「X-MEN」より時系列的に前の物語だったが、2本目となる本作は三部作完結編である「X-MEN/ファイナルデシジョン」のラストを受けての物語。
<X-MEN>のお話はウルヴァリンに始まりウルヴァリンに終わる、といいたいところだが、実は物語はこの後も続く。

e0033570_09470819.jpg本作の舞台の大半は日本。
ちゃんと日本でもロケを行っているが、出てくるのが日本人に見えない日本人ばかりで興醒め。いや、このトンデモ日本を愉しむのが”通”というものだろう。
またTAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチといったれっきとした日本人(日本出身)の俳優も出ているが、何れも日本人からすると違和感のあるルックスばかり。しかしそれも割り切って愉しむべき。

そんな中、デューク真田こと真田広之は流石の存在感を見せるが、初登場のシーンから終始”悪役”扱いで、深見はまるでない役どころ。
俳優としての扱いは低くはないが、劇中のキャラクター描写はかなり薄いのが残念。単純に「一見善い人、実は悪い人」でも底が浅すぎるが、もう少し捻りが欲しいところだが、贅沢は言えないだろう。20年ぐらい前だったら、ケイリー=ヒロユキ・タガワあたりが演じていたかもしれない。

本編終了後のポストクレジットシーン、何故か「二年後」と出てウルヴァリンの前にマグニートーとプロフェッサーXが現れる。
マグニートーは「X-MEN/ファイナルデシジョン」の中で能力を失ったはずだし、プロフェッサーXも同じく命を落としたはずだが、その二人の復活劇及び宿敵同士が共闘に至った経緯には何の説明もなく、未曾有の危機が訪れたので君の力が必要だ、とだけ告げて終わる。
ちょっと<マーベル・シネマティック・ユニバース>を彷彿とさせる終わり方で些か違和感を覚えるが、次回作への興味は駆り立てられる。

今回はウルヴァリンの呪縛としてイメージシーンにジーン・グレイが度々登場してくるが、ファムケ・ヤンセンが更に年齢を感じさせるようになってしまったのが哀しい。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/21072478/



[PR]
by odin2099 | 2018-05-27 09:54 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_22020254.jpg別々の温泉地で、二件続けて硫化水素のガス中毒による死亡事故が発生した。
担当の中岡刑事は自殺ではなく殺人事件ではないかと考え、現場に来ていた地球科学を専門とする青江教授に相談するが、屋外でガス中毒による殺人を遂行するのは不可能だと断言されてしまう。

なおも中岡は二人の接点を追い、そこに一人の男が浮かび上がる。
その男――映画監督の甘粕才生は硫化水素による悲惨な事故で妻と娘を失っていたのだ。息子も一時は意識不明の重体となるが、脳外科医の羽原による手術によって奇跡的に復活したものの、記憶喪失状態になっていた。

一方、青江の前には円華という不思議な少女が現れていた。大切な友だちを探すために事故現場へ連れて行って欲しいというのだ。
君は何者なのかと問いかける青江に、彼女は呟く。「ラプラスの魔女」と…。

東野圭吾のベストセラー小説を、三池崇史が映画化。
出演は櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰、豊川悦司、玉木宏、志田未来、佐藤江梨子、TAO、高嶋政伸、リリー・フランキー、檀れい、ほか。

原作小説は未読なのだが、どの程度原作に沿っているのだろう?
櫻井翔演じる青江が主人公扱いになっているが、「殺人は不可能」と断言したもののあっさり覆されたり、広瀬すずが演じている円華に振り回されてるだけで驚くほど何もしていない。
むしろ物語を引っ張っているのは、担当刑事の中岡役の玉木宏の方で、こちらはそれなりに格好良く描写されてるが、青江にはいいところがまるでない。

映画そのものもいいところなし。
豊川悦司やリリー・フランキーの怪演も、作品全体のトーンの中では浮いてるし、志田未来や佐藤江梨子、高嶋政伸あたりも実に勿体ない使い方。
ミスリードを誘う仕掛けもあるにはあるがこれも底が浅く、例えていうなら同じ東野圭吾原作で、やはり学者センセイが探偵役で登場する「ガリレオ」シリーズの劣化コピーみたいなものになってしまっている。

ところで劇中では最終的に「硫化水素による殺人は可能」という結論になったようだが、その方法やら理由は明かされずじまい。これ、結局はどういうこと?


[PR]
by odin2099 | 2018-05-26 22:06 |  映画感想<ラ行> | Trackback(5) | Comments(0)
e0033570_19463482.jpgリメイクとかリブートと呼ぶにはあまりにもかけ離れた感がありますが、「仮面ライダーアマゾンズ」が劇場にかかっているこのタイミングで、オリジナルの「仮面ライダーアマゾン」の劇場版をば。
TVシリーズ第16話「ガランダーの東京火の海作戦!!」を短縮再編集した<東映まんがまつり>上映作品です。

カット版なのでお話は若干わかりにくいですが、ゲスト悪役の安藤三男が強烈なインパクトを残しているし、ヒロインの松岡まり子は可愛いし、で<まんがまつり>の一本としてはまずまずの一篇だと思います。

諸事情で短命に終わっちゃったこともありますし、流石に「仮面ライダー」ブームにも陰りが見えてきた時期とはいえ、シリーズ中でも異色の作品として根強いファンも多いだけにだけに劇場用の新作映画が実現しなかったのは残念です。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/7130340/
https://odin2099.exblog.jp/19801481/
https://odin2099.exblog.jp/23776017/


[PR]
by odin2099 | 2018-05-25 19:51 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ