人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2019年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アサイラムが「ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ」に便乗して製作した怪獣映画(ちなみに原題は”MONSTER ISLAND”)。

海洋開発会社が深海調査を行っていたところ、突然巨大な生物が出現。それは固い皮膚とマグマの血液を持つ、太古から語られてきた伝説の怪獣だった。
海軍の攻撃もものともせず進撃を続ける怪獣を止める唯一の手段は、天敵であるもう一つの怪獣を目覚めさせることだった…!

e0033570_19200545.jpg最初に出てくる”テング”と呼ばれる怪獣はヒトデ型。それに触手にはタコやイカの意匠も取り入れてるのかな。多分西洋人には恐ろしく感じられるフォルムなんだろう。
またコイツが産み落とす子供はというと飛翔形態。平たく言うと翼竜みたいなヤツで、なんでこんなに共通点がないんだろうと思っていると、クライマックスではテングにいきなり羽が生え、空を飛んじゃうというトンデモ描写のオマケ付き。

対する天敵は”怪獣キラー”と呼ばれているんだが、なんだかずっぐりむっくり。一応はヒーローキャラなんだから、もっとゴジラみたいにシュッとしたデザインでも良かったと思うんだけど。
で、両者が激突するのは90分の上映時間のうち、凡そラスト10分。しかも明確な決着がつかないままあっけなく終わってしまう。これ、続編作る気満々だなあ。

まあ「ゴジラ」と間違えて買ったり借りたりする人はいないと思うけど、パッケージデザインに惹かれて手に取った人は要注意。劇中にこんなシーンはないし、怪獣たちのデザインもかなりかけ離れている。
「それでも!」という方だけどうぞ。

監督・脚本はマーク・アトキンス、出演はエリック・ロバーツ、クリス・フィッシャー、エイドリアン・ボウシェ、メーガン・オバーホルザー、ナタリー・ロビー、ドナ・コーマック。
そうか、あの役はエリック・ロバーツだったのか…?!




by odin2099 | 2019-09-21 19:22 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_19001793.jpg第9話「それぞれの星」と第10話「幕間狂言」を収録した第5巻。

イゼルローン要塞を攻略することにより、有利な条件で帝国と講和を結ぶ、それがヤンの考えだったが、同盟側の主戦論者は帝国領奥深く、本土進攻をも目論んでいた。

その迎撃の任に当たるのは、ローエングラム伯ラインハルト。
そしてラインハルトはこの機を捕え、一気に同盟側に大打撃を与えようとしていた。
帝国と同盟の激突、その裏で糸を引くのはフェザーン自治領。

前回から登場したフェザーンが、段々と物語の中で重きをなしてきている。
まだまだ没個性なキャラクターたちが右往左往しているようにしか見えないこの”Die Neue These”だが、最初のクライマックスへ向けて徐々に物語は加速へ――。




by odin2099 | 2019-09-19 19:06 | テレビ | Trackback | Comments(0)
e0033570_18492853.jpg「アルスラーン戦記」がミュージカルに!
9/5~8がCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホール、9/11~16がTHEATRE 1010、ということで楽日の昼の部を見に行ってきた。

脚本・演出が伊勢直弘、音楽・石塚玲依、出演は木津つばさ(アルスラーン)、加藤将(ダリューン)、斉藤秀翼(ナルサス)、熊谷魁人(エラム)、山田ジェームス武(ギーヴ)、立道梨緒奈(ファランギース)、岩戸千晴(アルフリード)、村田洋二郎(キシュワード)、内堀克利(カーラーン)、滝川広大(ザンデ)、伊万里有(ヒルメス)ら。

物語は小説版の1、2巻(「王都炎上」「王子二人」)が中心。
だがアンドラゴラス王やタハミーネ王妃はアンサンブルキャストが演じ、イノケンティス七世やギスカール、大司教ボダン、ヴァフリーズらは登場しない。
それに原作は田中芳樹の小説ではなく、テレビアニメ同様荒川弘のコミカライズ版ということらしい。

e0033570_18493728.jpgということでのっけから、良く知っている筈の世界で迷子になった気分。
ギャグシーンも多く、あれ?アルスラーンやナルサスってこんなに軽い性格だったっけ?と戸惑うこともしばしば。

アクション(殺陣)は凄いなと思ったものの、台詞も歌の歌詞も聞き取りにくいし、その歌が説明口調のものばかり。
登場人物が真情を吐露するのはわかるが、状況説明のナレーションや解説を、登場人物たちの歌にしなくても良いだろうに。
これ、ミュージカル仕立てじゃなかったなら、もう少し楽しめたのかも。

場内はしばしば爆笑の渦に包まれていたが、こちとらくすりとも出来ず。
元々他人より笑いの沸点が高いことは自覚しているが、これはやはり「自分の知ってる”アルスラーン戦記”じゃない!」という心理的なバリヤーが働いてしまったからかと。




by odin2099 | 2019-09-18 18:55 | 演劇 | Trackback | Comments(0)
加羽沢美濃(司会・ピアノ)、奥村愛(ヴァイオリン)、新倉瞳(チェロ)、小野弘晴(テノール)、1966カルテット(ピアノ・カルテット)、米津真浩(ピアノ)、日野真奈美(フルート)、山田姉妹(ソプラノ・デュオ)という豪華メンバーによるコンサートへ行ってきました。

正に”俺得”ですが、去年もやっていたとは知らなかったなあ。
来年もあるそうなので、チェックしておこうっと。
開演に先立ち、1966カルテットによるロビーコンサートも実施。
「いとしのレイラ」とか「ラジオスターの悲劇」とかUKロックを4曲。

e0033570_18490874.jpgオープニングは美濃さんのソロ。
いきなりカッチーニの「アヴェ・マリア」「アランフェス協奏曲」
最初から暗い曲でとは本人の弁ですが、まあ普通はオープニングに持ってこないだろうなあ。
「アヴェ・マリア」は久々に聴いた美濃さんアレンジVersion。これ、色々としっくりくるので好きです。

二番手はフルートの日野真奈美、非常に可愛らしい方です。
ドビュッシーの「月の光」をフルートで。
これがまたなかなか合うのでした。

続いての登場は1966カルテット。最近メンバーの交代があったみたいですね。
プレコンサートではUKロックを演奏してましたが、本番でもイギリス音楽を、ということでホルストとエルガーが選ばれています。
「ジュピター」「威風堂々」も、ヴァイオリン×2、チェロ、ピアノという編成乍ら、思いの外”厚み”のある音を聴かせてくれました。

第一部ラストはテノールの小野弘晴で、「オ・ソレ・ミーオ」、「星は光りぬ」「誰も寝てはならぬ」の3曲を披露。
10年前にバリトンからテノールへ転向というのは異色のキャリアだと思うのですが、どうなんでしょう?こういうことってよくあるのかしらん???

e0033570_18481894.jpg第二部はソプラノ・デュオの山田姉妹から開幕。
美濃さんの伴奏で3曲歌いましたが、相変わらずほんわかしてますね。
美濃さんとは同じ事務所ということもあってかよく共演してる印象がありますが、MCの内容からも美濃さんの”推し”であることが窺えます。

次はピアニストの米津真浩
美濃さんが「楽譜が紙じゃない!」と言ってましたが、あれはタブレット端末?時代は進んでます。
速弾きの「熊蜂の飛行」は圧巻でしたが、早すぎてちょっとメロディ追えなかったりして…。

三番手はチェロの新倉瞳
デビューの頃から印象変わりませんねえ。
「白鳥」と「ハンガリー狂詩曲」、聴かせてくれます。

最後のアーティストはヴァイオリニストの奥村愛
一週間ほど前にも美濃さんと北海道で演奏していたとか(確か山田姉妹も一緒だったはず)。
今回も美濃さんと組んでクライスラーの「愛の喜び」「愛の悲しみ」を演奏しましたが、彼女の代名詞ともいうべき(?)エルガーの「愛の挨拶」はなし。一部で1966カルテットが演奏しちゃったからでしょうね。そして最後はモンティの「チャルダーシュ」で締め。

アンコールはピアノ加羽沢美濃、ヴァイオリン奥村愛にチェロ新倉瞳が加わった新ユニット誕生!
で、曲はピアソラの「リベルタンゴ」
それぞれの楽器が自己主張すべきところはし、他の楽器の邪魔はせず、実に格好良い仕上がりになってました。
このドリームチーム、今回だけじゃもったいないので、何か別の機会にでも再結成して欲しいものです。

休憩15分を挟んで約2時間半のコンサート。
音楽そのものもそうでしたし、編成も多岐に亘り、冒頭の美濃さんのMCにあった通りに「飽きてる暇がない」充実した内容で、とても贅沢な気分を味わえました。



by odin2099 | 2019-09-17 18:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
e0033570_09115453.jpg第7話「イゼルローン攻略〔後編〕」は連続ストーリーの3本目。
奇策を持ってイゼルローン要塞を手中に収めたヤン。
これでヤン艦隊のメンバーも揃った…といいたいところだが、アッテンボローやポプラン、コーネフらがまだ。
旧作のアニメだと初っ端から出てくるのだけれど、今回は原作準拠とあって致し方ないところ。

第8話「カストロプ動乱」はところ変わって帝国側の話。
ラインハルトの推挙によって勅命を受けたキルヒアイスは、見事に動乱を鎮圧、内外にナンバー2の実力の持ち主であるとアピールする。
こちらも陣営が整いつつあり、ようやくミッターマイヤー、ロイエンタール、ビッテンフェルトらが登場。
それにオーベルシュタインが新たにラインハルト麾下に加わった。

それにしても新顔が出てくる度に「この声、誰?」になるな。
そしてエンドクレジットを見ても、見覚えのない名前のオンパレード…。




by odin2099 | 2019-09-16 09:16 | テレビ | Trackback | Comments(0)
e0033570_08244914.jpg旅から帰国した府月藩藩主の嫡男・望月八弥斗は、留守中に父が急逝したため伯父である甲斐正がその後を継ぎ、あろうことか母・朝霧が甲斐正と再婚したと聞かされ驚愕する。
そんな八弥斗の心の支えになっているのは次席家老小松原烈山の息女・奈々だけだったが、父・烈山や兄・蓮十郎は身分違いだとその交際に反対していた。
そんな折、城下に鎧武者の亡霊が出るとの噂を聞いた八弥斗は、それが父の亡霊であり、自分が実の弟甲斐正によって暗殺されたことを知らされる。復讐の機会を窺い、狂人の振りをする八弥斗。
一方甲斐正は、藩内の手練れを集めた御前試合の開催を決める。その目的は「府月藩に謀反の疑いあり」との噂を聞きつけ幕府や諸国から潜り込んだ隠密たちを処分するためだったが、同時に八弥斗をも始末しようと画策していた。
また八弥斗も罠と知りながら、甲斐正に近づく好機ととらえ試合への参加を承諾するのだった。

映画「GOZEN/純恋の剣」と連動した<東映ムビ×ステ>の第一弾。
出演は矢崎広、元木聖也、前山剛久、松村龍之介、若月佑美、井澤勇貴、松本寛也、井俣太良、廿浦裕介、 梅津瑞樹、上遠野太洸、AKANE LIV、山本亨、波岡一喜。脚本・演出は毛利亘宏。
映画版で主役を張った犬飼貴丈や武田航平、優希美青、久保田悠来らは出演していない(御前試合への参加者として犬飼貴丈と武田航平は映像では登場している)。
9/12~23までサンシャイン劇場、その後は9/27~29まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。

映画版は御前試合の途中で終わり、その後の甲斐正らがどうなったかは不明のままだが、この舞台版は”その後”を描いて行く。だが単なる”続編”ではなく、映画版では主人公である青山凛ノ介と思わせぶりな会話を交わしただけだった望月八弥斗を新たな主人公に立て、映画版以上の波乱万丈の物語に仕立てている。

製作サイドの言葉を借りるならば映画版は「ロミオとジュリエット」、敵味方に分かれた男女の悲恋モノだが、この舞台版は復讐に苦悩する男の「ハムレット」、それに「魔界転生」をプラスしたもの。
その振幅の大きさは、映像と舞台という表現手法の違い以上に作品世界に乖離をもたらしているが、スタッフは当然狙って行ったことであろうし、こちらはこちらで十二分に愉しめた。映画版ではあっけなく退場してしまった手練れ共にそれなりの見せ場が用意されていたことも嬉しい。

今回の作品が当たれば<東映ムビ×ステ>も第二弾、第三弾…と続いていくだろうが、映画の公開規模が小さいことと、舞台公演が短期間で二カ所の会場のみ、というのが今後はネックになっていくかもしれない。
舞台の上演期間の延長や会場を増やすのは色々と制約があって難しいだろうが、その代わりにパブリック・ビューイングを導入するなどして、もっと気軽に両作品に接する機会を増やせれば良いのだけれども。




by odin2099 | 2019-09-15 08:28 | 演劇 | Trackback | Comments(0)
第5話「第十三艦隊誕生」、第6話「イゼルローン攻略〔前編〕」は連続ストーリー。

e0033570_14563257.jpg自由惑星同盟は”英雄”の存在を欲していた。そこでヤン・ウェンリーを”アスターテの英雄”に祭り上げるのだが、当の本人は迷惑顔。式典に闖入したジェシカ・エドワーズを庇うなど反抗的な態度をとったとして、トリューニヒトの息のかかった憂国騎士団に目を付けられるようになってしまう。

一方で軍は難攻と謳われたイゼルローン要塞攻略を決意。残存艦隊と新兵からなる第十三艦隊を編成し、その指令官にヤンを任命する。
ヤンは薔薇の騎士(ローゼンリッター)連隊をイゼルローン攻略の切り札とするべく、自らシェーンコップ隊長の元を訪れるのだった。

ヤンが新艦隊の司令に任じられたことで、いわゆる”ヤン艦隊”の幕僚たちが揃いつつある。
お馴染みのキャラクター名が並んでいくのだが、これがすぐに「あ、誰それだ」とわかるケースもあれば「誰なんだお前は」となるケースもある、というか後者が大半かなあ。

キャゼルヌも初登場の時点でまるで別人だと思ったけど、シェーンコップも凡そイメージと違う優男。フレデリカも可愛すぎないか。ユリアンもあんまり利発そうな少年に見えないし、トリューニヒトも胡散臭さが足りないか。新しいデザインにはなかなか慣れそうもない。

そういえば面白いなと思ったのがムライ准将の声。大塚芳忠が担当しているのだが、前任者(旧作)は青野武で、これは某リメイク作品における某キャラクターと同じ。たまたま?狙ってた?




by odin2099 | 2019-09-14 15:02 | テレビ | Trackback | Comments(0)
e0033570_20035214.jpgかなーりひさーしぶりの川井郁子さんのコンサートです。
なかなかタイミング合わなかったり、チケット取れなかったりだったんですが、今回は偶然コンサートのスケジュールを見つけ、ダメ元で申し込んだら取れちゃいました。
ということで紀尾井ホールへGO!

今回はソロコンサートといいつつ、ピアノ、ヴァイオリン3人にチェロ、コントラバス、ハープの計7人を従えた編成で、ちょっとしたミニ・オーケストラといったところ。
「12人のヴァイオリニスト」もそうですが、このくらいの人数でもアレンジ次第では厚みのある音楽を聴かせることが出来るんですね。

前半は「慕情」「ある愛の詩」でスタート。
Vol.1はヒロイン中心だったのでVol.2はヒーロー特集、ということで続けて「カサブランカ」「ゴッドファーザー」、それに「007/ロシアより愛をこめて」が演奏されます。
その後は”ロック特集”だそうで、「ボヘミアン・ラプソディ」「アルマゲドン」
「We Will Rock You」は川井さん自身が足でリズムを取り、客席も手拍子で「どんどんぱ!」をやったのですが、なんか雰囲気は「大漁節」みたいに。うーん、客層には明らかにミスマッチでしたね(苦笑)。

e0033570_20142489.jpg続いて「ジョン・ウィリアムズ作品メドレー」。
選ばれたのは「ジョーズ」「シンドラーのリスト」、それに「ダース・ベイダーのテーマ」「スター・ウォーズのテーマ」
「シンドラーのリスト」はクラシック関連のコンサートでは割と取り上げられますが、「ジョーズ」はアレンジ含めてなかなか新鮮でした。

その後は「2001年宇宙の旅」から「美しき青きドナウ」。
川井さんは「映画のオープニングで~」というような解説してたように記憶してますが、それは「ツァラトゥストラはかく語りき」の方では?

ここで宇宙繋がりということで2曲。ゴダイゴの「銀河鉄道999」、そして「宇宙戦艦ヤマト」
自身が出演している「100年の音楽」という番組でも「ヤマト」を取り上げて演奏したことがありますが、川井さんと「ヤマト」は合うんですよね。
「無限に広がる大宇宙」から主題歌へという構成でしたが、あのスキャットのメロディの持つ神秘的な雰囲気、それにスターシャのヴィジュアルイメージと、どちらも川井さんにピッタリ。

それに彼女の場合は母性を感じさせる部分もあるので(実際にお母さんですし)、今度製作される「宇宙戦艦ヤマト2205/新たなる旅立ち」にサーシャ(スターシャの娘)が登場し、あの「サーシャわが愛」を使うシチュエーションがあったとしたならば、故・島倉千代子の歌を誰かがカヴァーするのではなく、川井さんのヴァイオリンで奏でてしまうというのは如何でしょう?

「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」では主題歌を葉加瀬太郎のヴァイオリンでやりましたから、歌にこだわらなくても良いと思うのですがね。
そういえばこの「星巡る方舟」関連のアルバムには高嶋ちさ子も参加してますが、「ヤマト」はちさ子さんのイメージじゃないんだよなあ。やっぱり川井さんだよなあ…。

閑話休題。
前半のラストは黒澤監督の「生きる」で使われた「ゴンドラの唄」と、自作の「北のカナリアたち」でした。
川井さん作曲のオリジナル曲がこの一曲だけ、というのはコンサートの構成としては珍しい部類に入るんじゃないでしょうか。

さて後半は”ミュージカル特集”からスタート。
「マイ・フェア・レディ」「サウンド・オブ・ミュージック・メドレー」(「前奏曲」と「ドレミの歌」)、「メリー・ポピンズ・メドレー」(「チム・チム・チェリー」と「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」)と演奏され、その次は”アニメ特集”。「ヤマト」も「999」もアニメですが、あちらは”宇宙映画”にカテゴリー上では分類されたようです。

「ジブリ作品メドレー」は「魔女の宅急便」の「海の見える街」、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」の「いつも何度でも」、それに「天空の城ラピュタ」は「君をのせて」ではなく「空から降ってきた少女」の方かな、オープニングっぽいアレンジだったので。
「ディズニー作品メドレー」は「いつか王子様が」「ホール・ニュー・ワールド」でした。実写版の「アラジン」公開されましたからね(じゃ「ライオン・キング」でもいいじゃん?!)。

次は”20世紀の偉大な作曲家”としてレナオード・バーンスタインを紹介。「ウエスト・サイド・ストーリー・メドレー」(「マリア」「トゥナイト」「アメリカ」の3曲)が取り上げられました。
続いてこれまた20世紀を代表する作曲家の「ミシェル・ルグラン作品メドレー」で、こちらは「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」から「キャラバンの到着」の2曲が選ばれております。

プログラム最後はタンゴが2曲。
なんで唐突にタンゴ?と思ったのですが、「ポル・ウナ・カベーサ」は「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」で使用され、「リベルタンゴ」は「タンゴ・レッスン」で使われたとのことです。きちっと”映画音楽”縛りなワケですね。

アンコールはモンティの「チャールダーシュ」、これは特に映画との関連性は触れませんでしたね。純粋に曲の良さで選んだということでしょうか。
そして”最後の曲”として選ばれたのがコール・ポーターの「So in Love」
これはミュージカル「キス・ミーケイト」の曲ですが、川井さんは「日曜洋画劇場」のエンディングテーマとして選んだとのこと。よくこの番組を見ていて、終わると「ああ、明日は月曜日だ」と憂鬱になったそうですが、わかってらっしゃいますねえ。

で、本来はこれで終わりの予定だったようですが、ちょうど台風15号が接近中とあって、「今演奏しないでいつ演奏する」と急遽取り上げたのがヴィヴァルディの「四季」より「夏」。確かに臨場感ありましたね。

これだけの曲目を演奏しながら、コンサートは2時間ちょっと。
川井さんは相変わらず色っぽいし、スタイルが良いし、存在そのものがセクシーで、視覚・聴覚ともに満足したコンサートでした。
ただ一曲一曲が短いのが玉に瑕。目先が変わって愉しいのですが、もっとじっくり聴いていたかったなあとも思います。次はいつ行けるでしょうか。
e0033570_20042248.jpg

by odin2099 | 2019-09-11 20:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
<TOEI V CINEXT>の新作で「仮面ライダービルド」最終回のその後を描く「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」に続く第二弾。
今回で一応「ビルド」はオシマイ、次の<V CINEXT>は来年早々に公開される「仮面ライダージオウ」だそうだ。

e0033570_20032127.jpg今回の主役は仮面ライダーグリスこと猿渡一海と”みーたん”こと石動美空。
なかなかハードでシリアスなお話ではあるのだが、全編を貫くラブコメディ色がそれを中和。
門外漢でも何やらニヤニヤしながら愉しめた。

まず本編上映前に流れるのが短編映画の「ドルヲタ、推しと付き合うってよ」
これ”同時上映”と断り書きが入っているんだけど、二本立てのつもりなのかな?
実質プロローグ編なので独立して扱うのもどうかと思うし、劇中劇みたいなもんかなあと思うのだけど、これがまた「なんじゃこりゃ?」というドタバタ劇で結構効いてる。

そして最強の敵と戦える唯一の仮面ライダーとして孤軍奮闘するグリス、だが相手を倒すためには仲間たちの犠牲が必要。その苦悩と葛藤を乗り越え、最後には仲間たちのサポートもあって勝利を掴む!というヒーロー物王道の展開が待っているというバランス感覚。

そしてそして本編のラストがこれまたコメディとして綺麗にまとまり、「ドルヲタ、推しと付き合うってよ」のオチがちゃんとついているので尚更全体が「明るく楽しい映画」という気分で終れてるのも良い。
ちょっと「ビルド」というドラマ全体にも興味が出て来たぞ。



by odin2099 | 2019-09-11 20:09 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_19334783.jpg「フリーソロ」というのは、ロープや安全装置を使うことなく、体一つで数百メートルの断崖絶壁をよじ登るシンプルな方法。
もちろん一歩間違えば死に直結するという危険度MAXなものだ。

これはそんな危険に挑んだアレックス・オノルドに密着したドキュメンタリー映画で、今回の彼のターゲットはヨセミテ国立公園にあるエル・キャピタン、約975メートルのルート。
まずは2016年春、現地でのトレーニングを開始。ロープを使っての登攀で攻略法を探ってゆく。

夏、秋とトレーニングを続けるが、その最中に難所から落下したアレックスは足首を捻挫してしまうのだが、驚異的な回復力を見せた彼はフリーソロを実行に移す。
ところがチャレンジは呆気なく幕を閉じた。
怪我の影響か精神的なものか、彼は序盤で引き返してしまったのだ。

そして2017年春、再チャレンジに向けてアレックスは黙々とトレーニングを続け、遂にまた山へ入っていく。

高所恐怖症じゃないけれど、この映像はヤバい。
これ見ちゃうとCG満載の山岳アクションなんて見ていられない。
彼を支えるクライマーの仲間たち、恋人、それに十年来の付き合いになるという気心の知れた撮影クルーたち。合間には同じようにチャレンジして散っていった他のクライマーたちの映像も挿入される。

当然アレックスにも苦悩や葛藤はあるし、それは撮影クルーたちも同じ。撮影がプレッシャーを与えてるんじゃないか、もしかしたら友人の死の瞬間を捉えることになるんじゃないか。
そして彼の傍らにある恋人の姿が実に健気で可愛らしい。
第三者視点ではなく、当事者目線というか仲間視点でのドキュメンタリーというのも新鮮で、自分もパーティに参加してる気分になってくる。

聞けば、同じナショナル・ジオグラフィック製作の山岳ドキュメンタリー映画「MERU/メルー」を手掛けた監督コンビの作品ということで納得。
あれも良い作品だったなあ。

最後は歴史的偉業を成し遂げてハッピーエンドでほっと一安心。
でもまた世界のどこかで次なるチャレンジを続けているんだろうなあ。




by odin2099 | 2019-09-10 19:38 |  映画感想<ハ行> | Trackback(1) | Comments(2)
ブログトップ