【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:ウルトラマン ( 150 ) タグの人気記事

先ずは『ウルトラセブン』第3話「湖のひみつ」から。

この作品が『セブン』の製作第1話なので、『ウルトラマン』の経験があるとはいうものの、まだお約束事(例えばモロボシ・ダンからウルトラセブンへの変身パターン)が確立せずに手探り状態。
それでもウルトラ警備隊基地内部の見せ方(ダンとフルハシが廊下を歩くと次々と扉が開き、基地内を広く見せている)やウルトラホークの発進プロセス、エレキングの巨大感など唸らされる描写も多々あり、円谷プロの力量が十分に窺える。
カプセル怪獣のミクラスを登場させ、単純にセブン対怪獣にせずアクション描写にワンクッション入れたのも斬新な発想だと思う。
しかし「地球の男性は可愛い女の子に弱い」と嘯くピット星人の美意識は疑う。

続いて『ウルトラマンタロウ』第28話「怪獣エレキング 満月に吼える!」

怪獣の角で、お祖父ちゃんの入れ歯を作ろうとする悪ガキ三兄弟の行動が、あまりにもバカバカしすぎる。
おまけに周囲に迷惑をかけても反省の色なし(ラストでは流石に堪えたという描写もあるが)で、こういうガキの行動を「是」としてしまう物語の展開というのはどうなのかなあ。
しかもこの頃のヒーロー物にはこの手のパターンは珍しくもないのだが、子ども心にも納得しかねるんだけれどね。作り手と受け手の乖離?

e0033570_21491398.jpgそして出てくる怪獣がエレキングである必然性ゼロ。元々エレキングが出てくるのを想定して書かれたシナリオじゃなく、途中で怪獣をエレキングに差し替えた、というようなことを聞いたことがあるけれど、然もありなん。
「月光怪獣」ってなんじゃい? エレキングのクセに電気技は一切なし?
おまけに造形技術の稚拙さも相まって、エレキングの格好をしたニセモノに見えてしまう。

『セブン』の第3話もお話としてはそれほど面白いワケでもないけれど、こうして続けて見ると『タロウ』って本当につまらないよなあ。
一応リアルタイム世代だけど、満足して見ていたという記憶も殆どないや。


[PR]
by odin2099 | 2016-02-19 21:51 | テレビ | Trackback | Comments(0)
第2巻は「レッドキング」編。
『ウルトラマン』第8話「怪獣無法地帯」と第25話「怪彗星ツイフォン」の二本立て。

e0033570_13082440.jpgレッドキングが人気があるのは、口から火炎を吐いたり目から怪光線を放ったり、あるいは身体のどこかに飛び道具を隠していたり、というようなことがなく、パワー頼みだというシンプルさにあるように思う。
デザイン上での角や爪や翼といった武器になりそうなものもない。

また8話ではチャンドラー、マグラー、スフラン、ピグモン、25話ではギガスにドラコと複数の怪獣を従えて登場しつつ、メインイベントはウルトラマンとのさしの勝負というのも、最強怪獣というインパクトを与えているのだろう。

実際にはチャンドラーやドラコは撃退したものの、全ての怪獣と対戦して勝ち上がっている訳ではなく、ウルトラマンとの対決にしてもスペシウム光線を喰らって絶命という華々しいものでもない(二代目レッドキングは水爆を飲み込んでるという設定上、ウルトラマンはスペシウム光線を放てないのだが)。
力自慢の割に結局はウルトラマンに力比べで負けているという為体。
案外情けないのだけれど、愛嬌のある仕草と相まって好感度が高いのだろう。昨今の陰湿ないじめっ子というよりは昔気質のガキ大将というところか。

「怪獣無法地帯」はテレビでこれだけの怪獣が一挙に登場したというインパクトに勝るものはないだろう。
「怪彗星ツイフォン」は怪獣モノでありながら「地球最後の日」「妖星ゴラス」、後の作品で言えば「ディープ・インパクト」「アルマゲドン」のような天体衝突モノ、パニック映画に匹敵するスケール感を30分番組のしかも前半部分だけで醸し出しているのが凄い。

【ひとりごと】
「こんなこともあるかと思って」というと宇宙戦艦ヤマトの真田さんを思い浮かべる人は少なくないだろうが、その元祖格なのは実は科学特捜隊のイデ隊員だったりするんだな。

[PR]
by odin2099 | 2016-02-16 06:07 | テレビ | Trackback | Comments(0)
e0033570_20291337.jpg2011年7月に講談社から刊行されていたDVDマガジンを今ごろになって引っ張り出してきた。
当初は全10巻ということでスタートし、途中で20巻まで延長された…んだったと思う。
栄えある第1巻は「バルタン星人」、バルタン登場のエピソードを2編収録。

まずは『ウルトラマン』第2話「侵略者を撃て」、制作第一回作品ということはこれが「ウルトラマン」の原点。

人間とは明らかに異質なバルタン星人の描写は今見ても素晴らしい。
特に「生命」という概念を持たないバルタン星人と、「生命」のやり取りを容易に行うウルトラマンとは本質的に相容れないという対比は面白い。
科学センター内で姿を見せただけのバルタン星人をいきなり撃ったり、落下したベータカプセルを拾うためとはいえビルの屋上から飛び降りるハヤタ(「ハヤタさんがウルトラマンかと思いましたよ」というイデの発言は至極当然)とか、街中で平然と核ミサイルをぶっ放す防衛軍といった描写に突っ込みたくなるところではあるが、SFマインドに溢れた作品であることは間違いない。

e0033570_20292887.jpgただイデの回想として語られる構成はどうにも浮いているようで以前から気にはなっていたのだが、もしかすると子供に対し恐怖心を和らげる効果を狙ってのものだったのかな、と最近思うようになってきた。
まともに撮ればかなりミステリアスでショッキングなストーリー、これをコメディというオブラートに包む必要があったのかも。

もう一本は同じく『ウルトラマン』第16話「科特隊宇宙へ」

今度はバルタン星人の逆襲篇。
第2話に登場したバルタン星人とはデザインの上ではかなり相違が見られるのだが、何故か同一種族として素直に受け止められるのが不思議ではある。
ただ、前回は地球人とはかけ離れた存在として描写されたバルタン星人だったが、今回は流暢に日本語を操り自らの目的を滔々と語る姿に若干の違和感を覚える。
そういえばバルタン星人に乗り移られた毛利博士、最後はどうなったのだろう?

【ひとりごと】
第二期ウルトラシリーズの頃に児童誌などで紹介された設定によれば、バルタン星人の移り住んだR惑星M78星雲内にあるとされていたが、金星探検ロケットの救助に向かった宇宙装備のビートル機が辿り着けるくらいだから、太陽系内か少なくてもその近郊にありそう。
いくらウルトラマンでもM78星雲から地球へはテレポーテーション出来まい。


[PR]
by odin2099 | 2016-02-14 11:35 | テレビ | Trackback | Comments(0)
e0033570_23112131.jpgウルトラマンの映画といえば、多少の新撮シーンはあったとしても基本は再編集モノばかりだったので、この映画には感激したものです。
これも再編集といえば再編集ではありますが、TV版のエピソードを単に繋いだわけではなく、まず映画オリジナルのストーリーがあって、それに沿って使える画はTVから持ってきて必要であれば新たに撮影するという、再利用ありき(ま、実際はそうなんでしょうけれども)ではなく、新しく作る映画ありきで考えられていたので、ああ新作映画を見たなあという気分にさせられたのです。

時系列がムチャクチャだとか色々言われてますし(それでも一応エースの次にタロウの出番があり、ウルトラの星へ戻ってからレオや80の戦い方を学んでいるのだからおかしくはないはずですけど)、個人的にはドックンをもうちょっと上手く使えなかったかなとか思うところはありますが、見応えは十分でした。

最近は旧作の再編集というのは影を潜め、使うとしても回想シーンや資料映像程度に留め、旧作の人気怪獣や宇宙人を再登場させる場合は着ぐるみを(デザインに手を加える場合もありますが)作り直し、新規で撮影するのが主流になってますし、また今ならよりマニアックな視点を持ったスタッフの手によってかなりディープな作品が作れそうですから、ちょっとそういう映画もまた見たくなったりして。

【ひとこと】
ウルトラ兄弟の長兄ゾフィーが「ウルトラマンゾフィー」と呼ばれるのはこの作品ぐらいだろうな(前作『ウルトラマンZOFFY』内では「ゾフィ」としか言われてないし)。
e0033570_23085510.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/4069659/


[PR]
by odin2099 | 2015-12-08 23:13 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
第5話「二大怪獣 東京を襲撃」と第6話「決戦!怪獣対MAT」の前後編を再編集した娯楽編で、副題は「二大怪獣 東京を襲撃」のまま。

e0033570_21323457.jpgこのエピソードではお約束?の郷と岸田の対立が軸となるが、今回の岸田隊員は独自の判断によって事態を深刻化させ、それを指摘した郷に八つ当たりし、その後も反省の色なし、と良いところがない。しかも叔父が長官なのをかさに着て…と思いきや、「なーに、いざとなればウルトラマンが来てくれるさ」と楽観的な長官には流石に同調しなかった。
一方で郷を庇うのが上野隊員。郷と対立する岸田に対し、郷に味方するのは南というイメージがなんとなくあるが、このエピソードでの南隊員は特に郷を支持してるわけではないのでちょっと違和感。

しかし全く良いトコなしなのは長官と参謀コンビ。
せっかく藤田進&佐原健二という『ウルトラセブン』以来の組み合わせなのに、キャラクターは真逆。なんでここまで憎まれ役にしたのかな。
それに「失敗したらMATは解散だ!」の台詞も今回が初出かと思われるが、危機的状況に対して解散させてどうすんの?と思う。怪獣に対抗しうる唯一とは言わないけど効果的な存在がMATなんでしょ? 
責任問題はとりあえず後で追及するとして、今は全力で怪獣被害を食い止めるのが先決では。

【ひとりごと】
前は気にならなかったけど、怪獣出現→いきなり攻撃!というのも随分と凄いハナシだよな。
そして昭和46年、まだまだ第二次大戦を引き摺っている世界。。。
e0033570_23085510.jpg
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/3355495/


[PR]
by odin2099 | 2015-12-01 21:34 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20553503.jpg円谷プロというと東宝の子会社というイメージですし、その後『帰ってきたウルトラマン』や『ウルトラマンタロウ』が<東宝チャンピオンまつり>で上映されてますけど、何故か『ウルトラセブン』は<東映まんがまつり>(ではなく一回限りの<東映まんがパレード>)で上映されてます。
同時上映は『太陽の王子 ホルスの大冒険』に『魔法使いサリー』『ゲゲゲの鬼太郎』と、なかなかバランスが取れた組み合わせですね。

上映されたのは第18話「空間X脱出」
訓練中に異空間に閉じ込められてしまったソガとアマギ。キリヤマ隊長、ダン、アンヌが救出に赴くが無事脱出なるか?!、というお話。
そこはベル星人が作りだした疑似空間で、獲物が彷徨いこむのを待っているというのはSFムードがあってなかなか良いし、ご丁寧にもソガとアマギを襲うのはクモンガというクモ型の怪獣。わかりやすいですね。

しかしスカイダイビングが苦手だし、一人でパニクるアマギはウルトラ警備隊の隊員としてどうなのかと思うし、マナベ参謀が都合よく疑似空間の存在を知っているのもサスペンス風味を薄れさせているし、フルハシが別行動でいないのはなんででしょう?
最後はセブンが解決してメデタシメデタシと思いきや、ダンがいないことに気付くアンヌ。しかしキリヤマ隊長は「時間がない」とあっさり見捨てる…?!

行方不明になったソガとアマギに冷たかったり、ダンを見捨てる隊長。
二人が行方不明と聞いても意外に呑気なダン。
ダンがいないのを一人だけ心配するアンヌetcetc。
ソガとアマギの関係性も含めて、ウルトラ警備隊の隊員同士の人間関係、信頼関係がちょっと揺らいで見える一本でした。


[PR]
by odin2099 | 2015-10-21 06:54 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_20565747.jpg春に公開されたウルトラ映画の最新作がBlu-rayになって発売されたので、早速GETして鑑賞。
特典ディスクには「メイキング」「坂本浩一監督インタビュー」「メインキャストオールアップ集」等々を収録。


メイキングはちょっと短いなあ。ゲストも含めて出演者やスタッフのインタビューは欲しいところ。
他にインタビュー映像とかあれば別だけど、もっともっと生の声が聞きたかった。
監督は単独のインタビューコーナーがあって、色々なシーンの演出意図や裏ネタも紹介してくれているのに。


オールアップ集はレギュラーキャスト陣の仲の良さが十二分に伺えるものに。
映画はTVシリーズと並行して撮影していたので、人によって最後の出番がTVの方だったり映画の方だったり。
で、その都度他のメンバーが花束や寄せ書きやアルバムを手渡し、時には既にアップしてるメンバーがサプライズで登場したり。この「絆」が大切なんだね。


そして本編。
それに先立って『ウルトラマンギンガ劇場スペシャル』『ウルトラマンギンガ劇場スペシャル/ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』、観直してみたんですが…やっぱり映画じゃないよね。

実際つまらなくはないんですよ、1本目はTVで放送されなかった幻のエピソードだと思えば無問題だし、2本目は最終回以降のお遊び&番外エピソードだと思えば。
特に2本目は映画館では「あちゃー」って思っちゃったりもしたけれど、究極の「怪獣ごっこ」映画としては斬新だな、と。
ただ金払って劇場で見せるレベルかと言えば、ウーン。

e0033570_20560282.png
それに比べるとこっちの『決戦!ウルトラ10勇士!!』は、尺は短くとも映画だなあ。
監督の趣味に走った見せ場の連続は、その趣味が合わないと無駄なシーンにしか思えないだろう点がマイナスだけれどもね、太ももとか絶対領域とか…。
それでもクライマックスの、各ウルトラ戦士たちが代表的なアクションBGMをバックにしてのアクションシーンの盛り上がりは、満足するファンの方が多いんじゃないかなと思うし、なんだかんだで最低限、払った金に見合うものを見せてくれてはいるんじゃないのかなあ。


<過去記事>
『ウルトラマンギンガ劇場スペシャル』
http://odin2099.exblog.jp/21049788/
http://odin2099.exblog.jp/21756755/


『ウルトラマンギンガ劇場スペシャル/ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』
http://odin2099.exblog.jp/21788733/


『劇場版ウルトラマンギンガS/決戦!ウルトラ10勇士!!』
http://odin2099.exblog.jp/22878060/
http://odin2099.exblog.jp/22898378/


[PR]
by odin2099 | 2015-07-31 21:00 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

これも<坂本浩一監督まつり>の一環、ってことではないけど、気に入ったので早速2回目を観に行ってきた(前回の感想はこちら)。
先週より小さいスクリーンに回されちゃったのは悲しいけど、迫力は堪能してきたぜ~。


e0033570_21142083.jpg基本は一人芝居だけど、「受け」の演技が続く小宮有紗は本当に上手くなった。メイクだけじゃない表情の切り替えだとか、これは将来愉しみ。
それに改めて観ると小宮有紗だけじゃなく、小池里奈もお芝居上手いなあと感心。
『美少女戦士セーラームーン』のセーラールナ時代から知ってるけど、まさかここまで成長するとは思わなかったな。


いや、他が主役の二人を含めUPGメンバー全員がイマイチなので、余計際立って見えるってこともあるんだろう、多分。せめて一人か二人、キチっと芝居の出来る人を置いた方が画面が引き締まるし、本来ならそれは隊長の役処なんだろうけど、これがあんまりピリっとしない。
まあキャラクター性だとか役者の持ち味だとか色々あるんだろうけどね。


エタルガーについてはもっと掘り下げて欲しかったし、細かい部分では思いっきり端折ってる大胆さも気になったけど(予算の関係か上映時間の都合か、そのどっちもか)、魅せ方は心得てる監督なだけに十分に楽しめる。


そして音楽の使い方。
主題歌をかけるのが大好きな監督なだけに、ここぞという時に流れるのは織り込み済みだったけど、歴代ウルトラマンのBGMをアレンジして使ってくれるとは思わなかった。
最初に「ウルトラマンゼロのテーマ」が流れただけでゾクゾクしてきて、終盤は「ティガ」や「ダイナ」「ガイア」「メビウス」…とつるべ打ちされると興奮もMAXに。


これが『仮面ライダー3号』に欠けてる要素だよなあ。
あの映画でも「レッツゴー!ライダーキック」は流したけど、あれだけメインフューチャーしてるんだから、BLACKやRXのアクションシーンには主題歌や挿入歌、オリジナルBGMを流すくらいしてくれないと。
今は流用BGM使うだけでも権利料が発生してその金額がバカにできないとかいう話だけど、やれば出来るんだから金をかけるべきところには使うべき。


さて坂本監督の次回作はシリーズ第2弾『白魔女学園/オワリトハジマリ』
今回は出番控えめだった最上もがちゃんが思いっきり活躍してくれることを願うとともに、こっちにも出る小池里奈や、山谷花純、市道真央、戸松遥、西平風香らにも期待!



[PR]
by odin2099 | 2015-03-22 21:17 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

『ウルトラマンギンガ』に続く第2シリーズ『ウルトラマンギンガS』の劇場版で、『ギンガ』の映画としては3作目。
ただテレビ版の単なる拡大版だった前2作と違い、今回は久々に「映画」として作られたウルトラマンの新作だった。


e0033570_19220252.jpg『ギンガS』はちゃんと観ていなかったのだけれども、どうやらテレビ最終回の1年後という設定らしい。
冒頭はいきなり遊星ジュランで超時空魔神エタルガーと戦うコスモス。しかしコスモスはエタルガーと謎の女戦士アレーナに敗れ封印されてしまい、ムサシはその直前に分離される。
そこへゼロが駆け付けるが、次なる獲物を求めてアレーナとエタルガーは地球へと向かった。彼らは宇宙の平和を守るために邪悪なウルトラマンたちを封印するのだと嘯き、既にティガ、ダイナ、ガイア、ネクサス、マックス、メビウスを捕えていたのだ。


というところで舞台は地球へと移り、研修を終えたヒカルのUPG基地への帰還と、サクヤとマナが新たな仲間となったことを紹介したところでエタルガー襲来。ショウがビクトリーに、ヒカルがギンガに変身して戦うものの大苦戦、という展開になる。
そこへムサシが合流し、アレーナの正体を含めてこれまでの経緯を説明。ウルトラマンの封印を解き、エタルガーによって操られているアレーナを救い出す作戦を立てる。更には飛来したゼロによってヒカルとシュウに大特訓が科せられる。


特訓によってヒカルとショウは合体変身(ウルトラタッチ!)し、ウルトラマンギンガビクトリー誕生(まんまや…)。
そしてクライマックスバトルは封印を解かれたウルトラマンたちと、エタルガーが作りだしたダミーのダークルギエルやエンペラ星人、ダークメフィスト、ウルトラマンベリアルら強敵たちとの戦い。
このシーンでは各ウルトラマンたちの代表的な戦闘テーマ曲がメドレーで流れ、もう感泣モノ。タイプチェンジ可能なウルトラマンたちが次々と必殺技を繰り出すあたりは坂本監督ならでは。


監督ならではといえば、この映画の実質的な主役はアレーナ姫役の小宮有紗で、彼女の生身のアクションシーンも豊富に用意されており、中でもVS滝裕可里(アリサ)戦、VS小池里奈(サクヤ)戦、VS最上もが(マナ)戦に力が入っているように見えるのが如何にも。
またアクション面だけでなく、微妙な表情の違いや感情の切り替えを瞬時に要求される演出に彼女は十分に応えており、『特命戦隊ゴーバスターズ』のイエローバスター/宇佐見ヨーコ役から見ている方としてはその成長ぶりが頼もしい。

余談だが、エタルガーの声に『ゴーバスターズ』でヨーコのパートナーロボットのウサダ・レタスの声を演じていた鈴木達央を推したのは彼女自身だそうである。
あ、ショウ役の宇治清高が特訓シーンで上半身裸にさせられてるのも監督の趣味だろうな。そして特訓そのものはダン隊長へのオマージュ?


上映時間が1時間と聞いて、一体どうやってまとめるんだろうと心配していたが、UPGの各隊員にも、ウルトラマンたちにも皆見せ場があり、ミニチュアも使ってウルトラマンたちの巨大感も久々に表現。是非とも大画面で見るべき快作に仕上がっていた。
坂本浩一、恐るべし!


【ひとりごと】
アレーナの故郷がどうなってるのかとか、エタルガーの出自や目的がいまいち不明確なので、ヒカルやムサシの科白に説得力が欠けるのが難。
時間の制約の関係なのかなあ。それともそもそも掘り下げられることなくシナリオが書かれているのか。


[PR]
by odin2099 | 2015-03-14 19:26 |  映画感想<ア行> | Trackback(2) | Comments(2)

ウルトラ28ヒーローが結集!
――ということで淡い期待を抱いて劇場へ行ったものですが、ウルトラ戦士が踊りまくる映画だとは思いませんでした。


e0033570_21463031.jpgまあ豪華な顔ぶれではありますけれどね、キングに父と母、ゾフィー、マン、セブン、ジャック、エースにタロウ、レオ、アストラ、ジョーニアス、80、ユリアン、スコット、チャック、ベス、グレートにパワード、ネオスにセブン21、ゼアス、ティガ、ダイナ、ガイア、アグル、ナイス、そしてコスモスの28大戦士! 
この組み合わせ、結構レアだったりします。


最後には全戦士集結しての新撮の大バトル(?)も用意されていますし、『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ』などの既成作品に新規撮影したショットを挟んだり、合成したりというなかなか大胆な試みも見られますし、今後の再編集映画のあり方の、一つの可能性を提示した、とも言えるんじゃないかなあとは思いました。

過去記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2015-03-05 21:47 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ