【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:ジブリ ( 53 ) タグの人気記事

ハウルの動く城」、「ゲド戦記」、「借りぐらしのアリエッティ」、「思い出のマーニー」と続いたスタジオジブリの英米児童文学映像化シリーズのいわば番外編。
自他共に認める(?)ジブリの後継者スタジオポノックの第1回作品が、「アリエッティ」と「マーニー」を手がけた米林宏昌監督のこの「メアリと魔女の花」というワケ。
「アリエッティ」と「マーニー」は舞台を日本に移した翻案だったが、こちらは原作通り?

e0033570_10132305.jpg主人公のメアリは悪い子じゃないんだけど、色々なものに興味を持って首を突っ込み、その都度失敗したり事態を悪化させたりするメイワクな存在。
すぐ反省する素直な性格なのはわかるけれど、この物語だって極論を言えば、自分でトラブルを招き寄せ、そして悪い方へ悪い方へと引っ張って大騒ぎになっただけ、とも言える。共感は出来ないなあ。

キーパーソンとなる先代魔女も肝心な時の助けにはならないし、悪役となるマダムとドクターも、本来なら「憎めない悪役」か「実は善い人」ポジションを担いそうなところがどっちつかず。これならいっそ「憎まれ役」に徹していれば良かったのでは?と思ってしまう。
ピーターも「最初は嫌な奴」でも徐々に好いムードになり「最後は王子様」キャラとして作られているんだろうけど、掘り下げが足りない。結局のところどのキャラにも感情移入できないのが残念。

スタジオポノックの次回作(長編作品)はまだ発表されていないが、この作品に続く新たな英米児童文学クラッシュ…ぢゃない映像化シリーズの立ち上げなるか、興味津々。
それとも本家スタジオジブリの方でシリーズ復活するかな?

<過去記事>



[PR]
by odin2099 | 2018-11-24 10:16 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
「演出」クレジットこそ高畑勲だけど、「原案・脚本・画面設定」が宮崎駿ってことは、事実上限りなく「演出(監督)」に近いってことなんじゃなかろうか。
この肩書、あの某プロデューサーの「企画・原案・製作・総指揮」に匹敵しそう。

e0033570_19533394.jpg空前のパンダブームの中、<東宝チャンピオンまつり>で上映されたこの作品は、一見すると健全な良い子のための名作物という雰囲気があるけれど、中身はかなーりシュール。
ヒロインのミミちゃんは嬉しいことや愉しいことがあると、逆立ちしてパンツ丸見えになっちゃう女の子だし、トトロの原型みたいなパンダの親子(パパンダとパン)も人畜無害なようでいて、図々しく押しかけて来た居座っちゃう厄介者。

で、両親のいないミミちゃんはパパンダをパパと呼び、パンちゃんの方はミミちゃんをママと呼ぶ奇妙な疑似家族が出来上がるんだけど、これもなんだかアブナイ匂いが漂ってくる…。

ところで劇中に登場する駅の名前は「北秋津」。
これって秋津が舞台だったの?!

「北秋津」という駅はないけれど、秋津といえば所沢市だし、周囲には後のジブリ作品に所縁のありそうな場所が沢山。東村山がモデルという説もあるそうな。
やっぱこの作品がルーツなんだろうな。

<過去記事>



[PR]
by odin2099 | 2018-10-24 20:00 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
勝手に名付けてますけど、スタジオジブリの英米児童文学クラッシュ…もとい映像化シリーズの第4弾。
そして今のところ最終作です、やれやれ。

この映画、映像は本当に綺麗です。
北海道ってこんなに風光明媚なところなんだ、と感動します。
冒頭では札幌の街並みが描かれ、そこから田舎(釧路地方がモデルだそうですが)へと移っていきますが、
映画の本当の主役はこの風景なのかもしれません。登場人物にはなかなか共感しづらいですし。

e0033570_20101231.jpgヒロインの杏奈は「これ、私と同じだ」と感じる人も少なくないとは思いますが、見ているとイライラさせられることもありますし、Wヒロインの片割れマーニーは、これはリアリティ皆無の幻想世界の住人。
杏奈の養母・頼子や物語の鍵を握る久子は敢えて曖昧に描かれている部分がありますし、ほっとさせられるのは杏奈の滞在先である大岩夫婦と、湿っ地屋敷に住むことになった少女・彩香くらいでしょうか。

それでも全体的には不思議な体験を通しての、ひと夏の少女の成長物語として綺麗にまとまってますのでとりあえずOKです。原作はまだ未読ですが、どのくらい改変されているのやら(アニメなんだから舞台はイギリスのままでいいじゃん、とは思いますが)。

ところで高月沙良と有村架純は300人の中からオーディションで選ばれた、とのことですが本当でしょうか。
もっと上手い娘なら沢山いそうですが、純粋な声の演技ではなく、ネームバリューとかプラスアルファの部分で選んだんじゃないかという気がしてなりません。杉咲花の方がよっぽど自然な演技をしてますね。

<過去記事>



[PR]
by odin2099 | 2018-10-03 20:17 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
原作はメアリー・ノートンの「床下の小人たち」、スタジオジブリが英米児童文学に挑んだ一本です。
何故か舞台がイギリスから日本へ移されてますが、実写じゃなくアニメなのだから原作のまんまで良さそうなんですけれどねえ。
出てくる風景も日本っぽくないし、小人たちと絡む人間側のキャラクターを日本人にした必然性も感じられません。
やはりジブリで原作モノは…(「ボロワーズ/床下の小さな住人たち」という実写映画に比べれば、遥かに原作に近いですけれど)

e0033570_21302137.jpgまあ原作とは別モノになってますけれど、原作クラッシャーというほどではなく、一本の映画として見ると悪くない出来です。
というか、今回公開以来8年ぶりに見直したのですが(つい最近の作品の気がしてましたが、もうそんなに経ったのかあ…)、当時よりも愉しく見られたかも。
中身スカスカの薄っぺらなラブストーリーに感じてましたけど、記憶にあるよりアリエッティは弾けた少女でした。そしてやはり音楽は素晴らしいです。

それでも翔クンは相変わらず捉えどころがないというか、なまじっかイケメンに描かれてるので全て許されてるというか…。
病身に甘えてないのは良いと思いますけれど、割と残酷なことを平然と言うし、自分勝手な正義を振りかざし、親切を押しつける傾向があるのはちょっと共感出来ません。
でもそんな翔クンに、アリエッティは惚れちゃった、のかな?

そこで、翔クンとアリエッティ一家は仲良く暮らしました、という安易なハッピーエンドにしなかったのは評価したいところです。
これ、ディズニーアニメだったら、アリエッティの両親が古い・狭い考えを捨ててアリエッティの進歩的な(?)考えに共鳴し、手術が無事に成功し元気になった翔クンのところに、あのドールハウスを譲り受けて居候する結末になったような気がします。
まあそうならなくて良かった良かった。

その一方で、映画は翔クンのナレーションで始まることから考えて、手術もおそらく乗り越えたと思われますが、その後にアリエッティたちと再会したことはないのかなと考えると一抹の淋しさもあります。
といっても最後に一家は大冒険をしたように描かれてますが、実際にはどの程度離れたものやら。
スピラーの案内で引っ越し先を見つけたということは、元いた場所から(人間にとっては)そんなに遠くではない気がします。アリエッティと翔、お互いに直接会わずともどこかでお互いに遠くから見つめていた、なんていう光景をちょっと妄想してしまいました。

<過去記事>



[PR]
by odin2099 | 2018-08-17 21:32 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
スタジオジブリによる原作クラッシャー…もとい、英米児童文学映像化シリーズ(?)の第2弾です。これもちゃんと見直すのは公開日以来だなあ。

では、以前のブログの記事を引用してみます。
スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が「ルパン三世」を引き継いでいるようなものです。ついでに原作が、「指輪物語」や「ナルニア国ものがたり」と並んで<世界三大ファンタジー>と称されている程の作品だということも忘れた方が良いでしょうね。「ジブリだ~い好き♪」という人、「ジブリ作品に駄作などあり得ない」と信じている人は劇場に足を運んで下さい。
これ、皮肉だと気付いてくれる人があまりにも少なかった…(^^;
なかには「手放しで絶賛してる」と思いこんだ人もいるくらいで。
一方、「あのアーシュラ・K.ル=グウィンの『ゲド戦記』の映画化である!」ということに期待している人、つまり平たく言ってしまえば原作のファンの人は、出来ればお止めになった方が宜しいかと…。これ以上は申しませんので、怖いもの見たさが勝った方は、ご自分の目でお確かめ下さい。
そう、ここで釘を刺しといたから皮肉だと気付いてくれると思ったんですが、自分の文章力・表現力のなさを思い知った次第で。
まあ何を今更と言われるかもですが、12年も経ってるんだから本音を言ってもいいよね。
今回は「第一回監督作品」ということを強調しておりますが、普通なら「第二回」なんかありそうもなさそうな内容です。とは言うもののおそらく作品はヒットするでしょうし、ブランド・イメージもありますからそのうち次回作も発表されることでしょう。その際には、是非とも監督にはオリジナリティで勝負して頂きたいと思います。
そう、「初監督作品にしてはよくやってる」なんてことも言う気になれなかった、ジブリに限らない高畑&宮崎のコピー作品にしか思えなかったので、これ一本で監督辞めるかと思ったんですけどね。ちなみにその後の監督作品は一切見ておりません。

さて、今回見直してみてもやっぱりつまらなかったというか、見るべき点がなかったなというのが正直な感想でした。褒めるべき点としては寺嶋民哉の音楽が良かったな、くらい。

e0033570_09153637.jpg「原案」として宮崎駿の「シュナの旅」がクレジットされてるけど、中途半端にミックスするくらいなら、最初からストレートに「シュナの旅」をアニメ化しろよ、という話。世界的有名作品ではなく身内の作品のアニメ化なら、失敗しても大事にはならないし。
いや、「シュナの旅」大好きだから、下手にアレンジして劣化させたらただじゃ済まさないけどね。

映画化にあたっては原作の3巻(「さいはての島へ」)をベースに4巻(「帰還」)の要素を加えてストーリーを組み立ててるけど、そもそもこれがアニメ向きのお話だったかというと疑問。これ、多分原作の2巻(「こわれた腕輪」)、あるいは2巻をベースに1巻(「影との戦い」)の要素も取り入れたものにしていれば、往年の宮崎駿作品っぽいものに仕上がったんじゃないのかな。
ただこのパートは先行した実写TVのミニシリーズ(「ゲド/戦いのはじまり」)で映像化されちゃってるから、残った部分を拾い集めるしかなかった、という経緯があったのかもしれないけれど。

ともあれ、原作者のアーシュラ・K・ル=グィンは本作に対し納得いってなかった様子。
その前に作られた実写TV版にも激怒したと伝えられるが、現在三度映像化企画が進行中だという。
ル=グウィンは今年1月に逝去したが、その前に映像化の許諾を与えたのだそうだが、今度こそ決定版の「ゲド戦記」が見られるかどうか?

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3896677/


[PR]
by odin2099 | 2018-08-05 09:22 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「魔法使いハウルと火の悪魔」を原作としたジブリの長篇アニメーション映画。
当初は細田守の監督作品として進められていたものの、諸事情で降板した後に宮崎駿監督作品として仕切り直されたのはご存知の通り。
この頃に世代交代に成功していたら、ジブリも今と違っていたかもしれない。

e0033570_20592620.jpgオープニングから流れる久石譲の音楽は素晴らしいが、お話は序盤こそ原作に沿ってはいるものの中盤以降は完全にオリジナル展開。キャラクターもまるで別人で、それでも原作寄り面白くなっているならともかく、更につまらなくしているようにしか感じられない。そしてキャラクターの作画の不統一さも気になる。今回見直すのは公開以来なのだが、その印象は変わらなかった。

倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也、神木隆之介、加藤治子…というキャストでも、合格点を上げられるのはせいぜい我修院達也と神木隆之介くらい。
ダイアナ・ウィン・ジョーンズは元々ジブリのファンだったそうで、この映画も好意的に受け止めていたようだが、果たしてそれは本心だったのだろうか。

この作品以降、ジブリとジブリフォロワーによる英米児童文学のアニメ化は続いていく…

【ひとこと】
「ハウルの動く城」ってそういう意味で「動く」んじゃないんじゃないの?
まるで機械仕掛けのでっかい虫で気持ちが悪い。

<過去記事>




[PR]
by odin2099 | 2018-07-29 21:09 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
「あらかじめ申し上げておきますが、本書は一部の方々が期待しているであろう、スタジオジブリに対する悪口雑言、ツッこみ放題、言いたい放題を活字にして私憤を晴らすという意図で出版されたものではありません(まあ、一部にはそれも含みますが)。」

前書きの冒頭部分ですが、かなーりぶっちゃけてます。
ジブリ批判は何故タブー視されていたかも含め、ここまで言ってOKなのは押井監督だから、なんでしょう。

e0033570_19513366.jpg映画ライター渡辺麻紀との対談という形式で、「風の谷のナウシカ(これはジブリ作品ではない、ときちんと前置き付き)」から「風立ちぬ」までの宮崎駿監督の10作品、「火垂るの墓」から「かぐや姫の物語」までの高畑勲監督の5作品、それに「耳をすませば」「猫の恩返し」「ゲド戦記」「コクリコ坂から」「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の6作品を「ジブリ第三の監督たち」という括りで、一部製作の裏話などを交えながらバッサバサと切り捨てて行きます。

ジブリ作品を全部見てるわけではないですが、今まで漠然と感じていたモヤモヤした部分の幾つかは、この本を読んで「そうだったのか」「なるほど」と得心がいきました。その一方で、その解釈はよくわからない、というものもありましたが。
とりあえず「ジブリ、マンセー」な記事や書籍が氾濫する中、一風変わったガイド本としても使えるんじゃないかと思います。

【ひとりごと】
これは本筋には直接関係ないところではありますが、押井監督にジブリから声がかかったことが二度あり、その二度目の作品が「墨攻」だった、というのはちょっと面白い裏話だと思います。


[PR]
by odin2099 | 2017-10-25 19:52 | | Trackback | Comments(0)
製作部門が解体されたことで、スタジオジブリを飛び出したスタッフたちが設立した新会社スタジオポノックの第一回作品で、「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督が、三度イギリス文学(原作:メアリー・スチュアート)に材を採った。

e0033570_21291379.jpg不思議な花を見つけた少女メアリが魔女の国へ彷徨いこみ、そこで自分は魔女だと嘘を吐いたことで大事件を巻き起こしてしまうというお話は、キャラクターデザインや美術設定、音楽の使い方に至るまでジブリの後継者足るに相応しいもの。周囲からは当然それを期待されていただろうし、おそらく当人たちも自負していたものと思う。

ジブリのコピーだとかパクリだといった評は幸いにしてあまり耳にしなかったが、逆に「ジブリ作品ではなくポノック作品であることの独自性」や、「何故この作品がジブリの名を冠していないのか」といったそもそもの製作に至る経緯が一般には浸透してはいなかったことから生じる誤解によって、不当に評価されることはなかったものの、観客に違和感や戸惑いの感情を引き起こしたことは誤算だったのではないだろうか。

そういった色眼鏡抜きで観れば、普通に愉しめるアニメーション映画。
時代設定がハッキリせず(舞台は現代?)ファンタジー世界にすんなりと入り込めなかったり、悪役ポジションの登場人物が特に改心もせずそのまま放置されたり、原作がどの程度原型を留めているかは知らないが気になる箇所が何点かあるものの、”所謂ジブリ映画”を求めて来たファミリー層の受け皿にはしっかりなっていたと思う。

となるとスタジオポノックの次回作が気になるところだが、皮肉なことにジブリが宮崎駿監督の下で新作映画の製作を再開。ポスト・ジブリの座を本家と分家で争う事態になってしまった。
お互いに切磋琢磨して共存共栄を願いたいところだが、パイは大きくはないのだろうな。

最後に余計なお世話だが、ポノック作品がジブリ作品を踏襲して欲しくないのは、素人中心のキャスティング体制。もちろん巧い人もいるし、思わぬ逸材に出会える可能性もあるが、先ずはキャラクター優先の適材適所をお願いしたい。
今回も台詞の聞き取り辛い人が何人か。これは作品の完成度を著しく損なってしまう残念な結果に。


[PR]
by odin2099 | 2017-08-31 20:07 |  映画感想<マ行> | Trackback(19) | Comments(0)
e0033570_21123231.jpg喘息を患った杏奈は、療養のためやってきた湿地帯でマーニーという不思議な少女と出会う。
ジョーン・G・ロビンソンの同名小説を、舞台を日本は北海道に置き換えてアニメ化したもので、高畑勲、宮崎駿の両名が関わっていない珍しいジブリ作品。

「あなたのことが大すき。」なんていうド直球なコピーが付けられているので、さてどんな作品なんだろう?まさかの百合萌え?
――なんて思っていたけれど、実際はミステリー仕立ての良質なジュブナイルといったところ。
リアルな街並みといい、美しい自然に囲まれた桃源郷のような空間といい、背景美術の美しさには圧倒された。

初登場シーンの杏奈があまりにも美少女然としていたので初めのうちはちょっと違和感があったけれど、段々といつもの(?)ジブリ顔へと変貌していくので次第に気にならなくなる。
強いて言えばマーニーの顔立ちがあまりジブリらしくないとは思うのだが。

e0033570_21125341.jpgそのマーニーが一体誰なのか、杏奈とはどういった関係なのかは途中で予想がつくが、二人の間の物語は杏奈の空想上のものなのか、それとも幼い頃に聞かされていた話を知らず知らずに再構築していたのか、それともそれとも実際に何らかのスピリチュアルな体験をしていたのかは敢えてぼかしているのだろうが、どのように解釈したとしても、この体験が杏奈を変え、彼女が自らの殻を壊して今までの自分と訣別していくという結末へ繋がっていくのに不都合はない。
少女のひと夏の成長譚としてもよくまとまっていて、劇場公開時は何となくスルーしてしまったのが今更ながら悔やまれる。

キャストは高月沙良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳…とジブリならではの顔ぶれ。
声を聴いただけで本人の顔がすぐ浮かんでくる、というほど特徴ある声の持ち主がいない点は救いだが、「声優」としての演技自体は微妙な人が少なくなく、映画全体の完成度という点ではやや不満が残ってしまったのはいつものことだ。

【ひとりごと】
劇場公開時にスルーしてしまった理由の一つは、予告編に使われている杏奈とマーニーの台詞があまりに陳腐に聞こえたから、というのも大きい。
「永久に秘密よ!」とか「許すと言って!」とか…。
まあ本編で聴く限りはそれほどの破壊力はないのだけれど。


[PR]
by odin2099 | 2017-07-07 21:17 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
昨夏は公開日にアニメの過去作を振り替えるという企画(?)をやったんですが、それに味を占めて春映画でもちょこっとやってみようかなと。
先日の「北斗の拳」に続きまして、今日は「風の谷のナウシカ」。

e0033570_22335139.jpg3・11はもちろん東日本大震災の日なんですが、1984年のこの日は「ナウシカ」の公開日だったんですねえ。
そういや忘れてたけど、この作品って日曜日公開だったんだ?!
「少年ケニヤ」は前日の土曜日公開だったのに、なんでずらしたんだろう?
製作が遅れたわけでもないんだけど。

最初に観た時はイマイチに感じられた「ナウシカ」ですが、見直す度に好きになるなー。
「カリオストロの城」や「ラピュタ」以降の作品と比べると、宮崎タッチとはちょっと違う「絵」の連続ですが、それはそれで味があります。
普段あまり一緒に仕事をしたことのない寄せ集めのメンバーを統率しきれなかった、その歪さがかえって枠にはまり切れない作品のパワーになっている感じ。

音楽も使い方があんまり上手くなく、オープニングのタイトルバックは尺が合ってないみたいで気になって仕方ないけれど、それも粗削りの魅力を生み出してるような。
贔屓の引き倒し?

まあ、なんだかんだで最後、ナウシカが復活する場面は毎度のことながら泣けます。
ただ大ババ様の「その者蒼き衣をまといて…」と暗唱する件の台詞回しが、昔っから不自然に思えて気になってるんですよね。
もっと感情に流されながらの方が良いなあと思いつつ…

【ひとりごと】
風の谷の人たちが立て籠もるのは、嘘かホントか「星まで行ってた艦」ってことですが、潜水艦のようにも、それこそ宇宙戦艦ヤマトのようにも見えますな。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/7885588/


[PR]
by odin2099 | 2016-03-11 05:56 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ