【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:ドキュメンタリー ( 94 ) タグの人気記事

2010年の4月に、老朽化による建替えの為、惜しまれつつも休場することになった歌舞伎座。その「さよなら公演」に密着したドキュメンタリー映画がこれです。
公開されたのは丁度2年ぐらい前ですが、上映劇場は少ないし、かなりお客さんは入っているらしいし、お値段は少々高めだし・・・ということで見送ってしまっていたのですが、やっとDVDで見ることが出来ました。

e0033570_21544288.jpg「歌舞伎座さよなら公演」は16カ月に亘って上演されましたが、その中から代表的な演目の名場面に歌舞伎俳優たちのインタビューを交えた構成がメインではありますが、それ以外にも普段はまず目にすることのできない楽屋での様子、稽古風景、大道具、小道具、衣装、かつら、床山、美術や音楽のスタッフなど裏方さんの仕事ぶりも見せてくれ、表と裏から歌舞伎を立体的に取り上げています。

見る前は、歌舞伎座という建物、そしてそこに働く人々にスポットを当てた映画だと思っていたのでこの構成には少々驚きました。
また劇場公開の際には途中で休憩が入ったそうですが、上映時間167分という長さの中で、ダイジェストとはいえ演目の映像を見せられるとどうしても眠気に襲われてしまったりもしたのですが、結果的には見て良かったなあと思えるものになっていました。

インタビューに登場するのは順に、七代目中村芝翫、二代目中村吉右衛門、十二代目市川團十郎、五代目坂東玉三郎、五代目中村富十郎、十八代目中村勘三郎、九代目松本幸四郎、四代目中村梅玉、十五代目片岡仁左衛門、四代目坂田藤十郎、七代目尾上菊五郎の11人。三代目市川猿之助(→二代目市川猿翁)と四代目中村雀右衛門は映像のみでしたが、何れも門外漢でも名前を知っている当代随一の名優揃いでしょう。他にも歌舞伎座を彩った往年の名優たちが一気に紹介されるコーナーが設けられています。
出来れば過去を振り返るだけでなく、新たな歌舞伎の歴史を生みだすという意味でも何人かの若手役者のインタビューがあっても良かったかな、とは思いましたが。

しかし2011年1月に中村富十郎が、10月に中村芝翫が、そして昨年2月に中村雀右衛門、12月に中村勘三郎が相次いで亡くなり、今また市川團十郎が天に召されるなど、既に5人が鬼籍に入られてしまったのが何とも残念です。本年4月にようやく開業となる新・歌舞伎座の舞台にも是非立って貰いたかったですね。
[PR]
by odin2099 | 2013-02-05 21:55 |  映画感想<ワ行> | Trackback(2) | Comments(2)
スペインはカタルーニャ地方にある三つ星レストラン「エル・ブリ」の一年に密着したドキュメンタリー映画です。

e0033570_2205230.jpgこのレストランは半年営業して半年お休みというスケジュールを組んでいるらしいのですが、そのお休みに入るところから映画は始まります。拠点をバルセロナの街中に移し、これから半年かけて次シーズンのメニューを考えるのですが、これが料理というよりも実験の如し。オーナー・シェフを中心にメインのスタッフたちが、まずは当たり前のものではない、お客に驚きをもたらすメニューを考案して行きます。
この作業がまあ細かい細かい。一つの料理に対してちょっとずつ味付けや調理の方法を変えたものを何通りか作り、あーでもないこーでもないと試食を繰り返しながらデータを蓄積して行くのです。

オープンの日が近づいてやっと店に戻って来ると、今度はコースの順番を考え、スタッフを如何に効果的に配置し、短時間で大量の料理を提供出来るかの試行錯誤の繰り返しが続きます。
そしてオープンしてから何日も経ってから、「どうやら今年も何とかなりそうだね」とオーナーが口にするところで終わります。
料理には全く疎いですし食道楽とは程遠いもので、出てくる食材にはピンと来ませんし、出来上がった料理を見ても何が何だかさっぱりわからないので「美味しそう」とも思えないのですが、様々な人たちが右往左往している映像というのは引き込まれます。
カメラは終始レストランで働く人たちを映し出しているだけで、特にこの映画用にインタビューを行ったり、またナレーションで説明したりということも一切ないのですが、それで愉しく拝見することが出来ました。

ちなみにこのレストラン、惜しまれつつも閉店してしまったとのこと。まあこういうやり方では、スタッフの身が持たないのかも知れませんねえ・・・。
[PR]
by odin2099 | 2013-02-01 22:01 |  映画感想<ア行> | Trackback(6) | Comments(6)
e0033570_21314271.jpg世界で一番高いタワーをどうやって建てたのかを、東京の空を見守るハトの視線で描いたドキュメンタリー映画。ナレーションは神谷浩史と日笠陽子で、擬人化されたハトとして掛け合いで演じている。
脚本が小林弘利で監督は野上純一。タイトルに「劇場版」と付いているのがギモンだが、小林弘利が書いた児童書が他にあるので、それの映画化という意味合いだろうか。

去年の夏休みに公開された1時間の中編で基本は子ども向けだが、基礎工事から始まり無事開業を迎えるまで、一般には見ることの出来ない珍しい映像が満載で飽きない。
ミリ単位の正確さが求められる日本の技術力の高さが窺えるし、また展望台のみならず、まさに「鳥の世界」というべき塔の天辺からの映像もふんだんに収められているので、高所恐怖症の方は注意が必要かも。

そしてそして「311」・・・あの東日本大震災の瞬間もカメラは捉えている。
そしてその時、タワー工事はかなり危険な状態だったこと。にも関わらず果敢に作業に取り組む作業員の姿も映画は伝えてくれる。10年後、20年後にもこの作品は貴重な記録として残りそうだ。
[PR]
by odin2099 | 2013-01-15 21:31 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_1956268.jpgここ数年のネイチャードキュメンタリー映画は殆ど見ていますが、この作品は見逃しちゃいましたのでBlu-rayで鑑賞。日本製なんてお手軽に撮影してるんじゃないのかな、という懸念というか偏見も見る前にはあったのですが、2年半に亘って撮影した映像から厳選したというだけあって、綺麗な映像が続きます。ナレーションやテロップがなければ日本以外の外国かと思うくらい、あまり一般には知られていない日本の姿が映し出されています。

シカの上にサルが乗っかっているとか、アザラシとラッコがケンカしているとか、今まで考えたこともなかったですねえ。
ただ、可愛らしい美しい映像ばかりではなく、時に厳しく時に残酷な映像も含まれています。それらをひっくるめて”自然”の姿ということなのでしょう。
製作にNHKエンタープライズが噛んでますが、「NHKスペシャル」などの映像もあるのでしょうか。

相葉雅紀、長澤まさみ、ゴリ(ガレッジセール)、黒木瞳の4人がナレーション、ではなく”ナビゲーター”を担当していますが、こういう作品の人選というのも疑問を抱くケースが多いですね。タレント吹替が問題視されていますが、それは台詞ではなく朗読だったとしても同じこと。力量に疑問符の付く方の起用は、作品全体の出来を貶めてしまいますのでご用心ご用心・・・。
[PR]
by odin2099 | 2013-01-07 19:58 |  映画感想<ナ行> | Trackback(7) | Comments(0)
公開劇場が少なく上映期間も短かったので見逃してしまった一本。DVD&Blu-rayのリリースを待っておりました。
「人類は過ちに気づく」とか「史上最もセンセーショナルな謎解き」とか「あなたの知識は全て嘘である」といった具合に、なかなかそそられる勇ましいコピーが並んでますね。こういうの、大好物なんです。意外だったのはこれがフランス映画だったということでしょうか。

e0033570_19552390.jpgギザの大ピラミッドは本当に王様のお墓だったのかとか、いくらなんでも20年で建設は無理だろうといった素朴な疑問から始まりますが、イースター島へ行ったり、南米をさ迷ったり、エジプト史の専門家を呼んでコメントを取ったり、とただのトンデモ映画かと思いきや、真っ当なドキュメンタリー映画の体裁で作られておりました。

ピラミッドのサイズや数字の比率の中に円周率や黄金数が秘められている、とか言われてしまうと実感がわかなくなるのでお手上げなんですが、例えばイースター島やマチュ・ピチュ、ナスカ、それにギザなどを繋ぐとこれが直線で結ばれ(!)、赤道とほぼ等しい長さで地球を一周するんだ、なんていう話は「おおっ!」と唸らされました。中国にピラミッドがあるなんていうのも初耳でしたし。

それに建築家や物理学者、数学者、天文学者なんかにそれぞれの専門分野からピラミッドのことを語らせるのもなかなかアイディアでしたね。その結果エジプトやピラミッドの専門家がみんな頭の固い石頭にしか見えなくなるのも監督の狙いでしょう。

ただそれに対する「映画としての回答」が、匿名で出てくる映画の「ブレーン」という人の自説のみなのが弱いですね。名のある学者なのか、それとも市井のアマチュア研究家かなんかなのかわかりませんけれど、もうちょっと多角的に検証してくれませんと。宇宙人説は取り上げていませんが「超古代文明」に触れるのならば、思いっきりハッタリをかました方が映画としては盛り上がったかも知れませんねえ。
でもやっぱり好きですよ、こういう作品。矛盾するようですが、大真面目に作っている姿勢も好感が持てます。専門家は目くじらか、さもなきゃスルーのどちらかでしょうけれど。
[PR]
by odin2099 | 2012-07-07 19:55 |  映画感想<ハ行> | Trackback(6) | Comments(0)
2001年に倒産したエネルギー産業の雄・エンロンを取り上げたドキュメンタリー映画です。
負債総額2兆円、失業者2万人、今世紀最大とも言われた全米7位の巨大企業の崩壊は何故起こったのか、元社員や関係者、アナリストなどの証言を元に構成されています。
もう10年以上前の事件ではありますが、ニュースで大きく報じられていたのをまだ覚えています。ただ同じ頃に例の”9.11”同時多発テロ事件も起きていますので、どちらかというとその陰に隠れてしまった感はありますが。

e0033570_2252840.jpg最初のうちは純粋に利益を上げようと始めたのかも知れませんが、結果が出て、企業規模が拡大して行くと、更に大きなものを求めるようになっていきます。
方の抜け道を探し、政治家にすり寄り、綻びが出てくるとそれを隠蔽するために新たな手法・手段を用い、結果として多くの人が職を、財産を失いましたが、結局トップは巨額のマネーを手にし、自分には無関係だと言い張ります。

中でも電気料金を上げ利潤を追求するために、カルフォルニア州で計画的な停電まで実施したのは、これは立派なテロ行為だと思います。
住民からの反発の声が強くなると、親子二代で親密な関係になったブッシュ大統領に働きかけ、国としての介入を見送らせるという周到さ。
これに反発した州知事を徹底的に非難し、代わって当選したのが、かのアーノルド・シュワルツェネッガーだということを知ってしまうとかなり複雑な気持ちになります。

その後、多くのトップには有罪判決が下されていますが、未だにアメリカ経済はこの時の痛手を引きずっていることを鑑みると、”今世紀最大”の冠も強ち誇大な表現とも言えないようですね。
[PR]
by odin2099 | 2012-03-13 22:52 |  映画感想<ア行> | Trackback(5) | Comments(0)
2010年のモントリオール国際芸術映画祭で審査員賞受賞の作品です。日本でも同年に劇場公開されています。

e0033570_21225365.jpgフェルメールの「牛乳を注ぐ女」やレンブラントの「夜警」など、自分でも知っているような様々な著名作品を抱え、大英博物館やルーヴル美術館に比肩しうると言われているのがオランダのアムステルダム国立美術館。
ところがここは2004年から改築工事が始まったものの、未だに閉鎖中なのだそうだ。

この作品は本来、改築工事の記録映画となるはずだったのですが、工事は一向に進みません。
国際的なコンペで決定したはずの設計プランが、地元市民の反対に遭って頓挫。軌道修正を試みるも、市民団体だけでなく役人からも次々と横槍が入っていきます。
それでも、どうにかこうにか着工に漕ぎつけたと思ったら、今度は入札が失敗という有様。

美術館の職員たちは、どこに何を飾ろうか、あれを選んでこれをボツにして・・・などとやっているのですが、肝心の建物は出来ないし、段々モチベーションも下がっていきます。
度重なる変更、修正に建築家はやる気をなくし、学芸員も現場を離れ、遂には館長まで辞職するという事態にまで陥ってしまいます。

この映画は2008年に作られましたが、当初はこの年に再オープンのはずでした。本当なら完成披露パーティか何かの映像で締めくくろうとしたのだと思いますが、工事が中断したままであたかも廃墟のような美術館の姿で終わってしまいます。
それでもどうやら動き始めたらしい、というようなテロップが最後には流れますが、実際のところはまだまだ完成には至っていません。

途中で日本でのシーンがかなり長めに挿入されているので驚きましたが、この美術館には日本の作品が無く、どうしてもということで交渉を重ね、一対の金剛力士像を購入したんですね。
でも、せっかくの日本からの美術品も、今は所蔵庫で眠っているだけなのは実に勿体ないことで。

とにかくこの映画、かなり笑えます。
勿論作り手は大真面目に作っているでしょうし、映画に登場する館長、学芸員、修復家、装飾家、警備員などの美術館の職員、政治家、建築家、市民団体の皆さん、それぞれ自分の立場で正当な、真っ当な主張をしているつもりでしょうから笑われるのは本意ではないはずですが、逆にだからこそ笑いがこみあげてきます。
現在の予定では今年中か、来年の初めぐらいには再オープンの見通しらしいのですが、はたして今度こそ完成するのでしょうか。

[PR]
by odin2099 | 2012-01-26 21:25 |  映画感想<ヤ行> | Trackback(11) | Comments(4)
まだ記憶に新しいと思いますが、2008年に起きた世界的な金融危機。
連日報道されましたし、未だにアメリカ経済は抜け出せない訳ですから、大変なのだろうなあということはわかっていても、ではそれが起こった背景やカラクリとなると「?」な人が大半だと思います。

「サブプライム」だ、「リーマンショック」だ、と言われても、何で住宅ローンの焦げ付きが世界経済の破綻に結びつくのか、新聞を読んでいてもニュース番組を見ていてもよくわかりませんよね。
この映画では、当事者や関係者にインタビューを敢行し、その真実に肉薄しようとしています。
ナレーションを何故かマット・デイモンが担当してますね。

e0033570_205457100.jpg出てくる人物は全て実名です。
この映画の為のインタビュー映像と、後はニュース番組の映像でしょうか。
金融機関の経営者、政治家、大学教授、アナリスト・・・
経済問題には全く興味がないという人でも、一度くらいは聞いたり目にした名前が一人や二人は見つかるんじゃないでしょうか。バーナンキさんとかグリーンスパンさんとか。
他にもモルガン・スタンレーとかリーマン・ブラザースとかメリルリンチとかAIGとか、そういった企業の名前もバンバン出てきます。
当然のように(?)取材拒否した人も何人かいますが。

端的に言ってしまえば、これは立派な人災ですね。
乱暴な言い方をすれば、銀行と証券会社と格付け会社と大学教授と政府のお偉いさんが、みんなグルになって金儲けに走った結果、貧乏人が損をしたということになりますか。
防御策も無くはなかったのですが、規制は徐々に緩められ、遂には撤廃されて歯止めは効かなくなってしまいます。

返せるかどうかもわからない相手にお金を貸し、それを一纏めにして証券会社に売っ払っちゃった時点で銀行は知らんぷりだし、その危ないブツに、格付け会社から「安全だよ」というお墨付きを付けてもらって投資家に売った段階で証券会社の手は離れるし、万一に備えてそのブツに”保険”を掛ける始末。バカを見るのは「安全だ」と信じて買った人たちですよね。

銀行も証券会社も、危険性を知りながら(じゃなきゃ”保険”は掛けないでしょう)知らん顔で顧客に売るし、格付け会社は格付け会社で、”格付け”はあくまでも自分とこの会社の”意見”に過ぎない、とシレっとした顔で語るのです。それを信じたアンタが悪いのよ、と。
結局は誰ひとり責任を取らず、彼らは巨額の報酬を手にしたのみです。

更に驚いたことに、これだけの事態を引き起こしながらも、当事者や関係者が現政権でも要職に就いていること。
これじゃあアメリカの景気回復はまだまだ先のことですか。
アメリカの景気が回復しないと、やっぱり日本もダメなんだよなあ・・・。

そんじょそこらのミステリー・サスペンス物よりも、よっぽどスリリングで面白く、かつ怖い内容になっていると思いますが、この手の作品はやはり吹替版、あるいはボイスオーバーで見たいですねえ。
字幕を追い続けるのが辛いです。
話している内容と、人物紹介の肩書+名前と両方画面に出されると、どちらかを見落としてしまうこともしばしば。メーカーさんも少し考えて欲しいもんです。
[PR]
by odin2099 | 2011-09-18 21:02 |  映画感想<ア行> | Trackback(7) | Comments(0)
e0033570_22562168.jpg『ディープ・ブルー』『アース』同様、BBC製作のネイチャードキュメンタリー映画です。
製作期間6年、総製作費35億円、撮影されたフィルムは3000時間分、という気の遠くなるような規模で作られていますが、最初はTVシリーズとして放送し、それを再編集して劇場用映画に仕立てるというやり方も過去のネイチャードキュメンタリー映画と同じです。

最初のうちは珍しい映像が見られる、という興味で喜んで見に行っていたのですが、ネイチャードキュメンタリーもこう毎年のように新作が公開されると有難みが薄れ、やや食傷気味。とはいっても、結局は見てしまうのですが。
「ライフ」と謳っているだけあって、アザラシやサル、ゴリラ、カエル、ゾウ、クジラ、ネズミ、トカゲ、アリ、カマキリ、ワシ、カメレオン・・・と出てくるのも海の生物、陸の生物を取り混ぜ、動物、鳥、虫などの区別なく、等しく「ライフ」として扱われています。

まあ途中で何回か、時間はそれぞれ数秒程度だったと思いますが、意識を失ったのは内緒です。
多分映画館では初めての経験・・・。

e0033570_22564148.jpg日本語版のナレーションは松本幸四郎と松たか子。
松たか子は上手くはないけれど温かみを感じさせてくれますので悪くはないですが、松本幸四郎の喋り方はナレーションに向かないですね。
ただオリジナル版のナレーターは6代目ボンドのダニエル・クレイグなので、日本版より厳しくハードな感じでしょうか。そちらでも聞いてみたいものです。

が、エンドロールに唐突に流れる”日本オリジナル主題歌”とやらは一体何なんでしょう?
既に完成している作品に対して、全く関係ない人間が、関係ない曲を被せる。
これって、オリジナル版のスタッフ、いやさ作品そのものに対する冒涜行為じゃないんでしょうかね。
[PR]
by odin2099 | 2011-09-13 06:00 |  映画感想<ラ行> | Trackback(24) | Comments(0)
e0033570_6335221.jpgバレエには全くの門外漢の自分でも、振付家モーリス・ベジャールの名前ぐらいは知っている。
そのベジャールが亡くなったのは2007年暮れのこと。
ベジャールの後継者ジル・ロマンと、残されたバレエ団のダンサーたちが、新作公演を行うまでの苦闘の日々に密着したドキュメンタリー映画。

観るまでは、「踊りなんかわからないし、退屈な映像が続くだけなんだろうなあ」と考えていたのだけれども、観ているうちに動きの綺麗さ、躍動感といったものに段々と魅了されるようになっていった。

バレエというと、「白鳥の湖」とか「くるみ割り人形」などの、「お決まりの衣装に身を纏った王子様やお姫様の踊り」というイメージしか持っていなかったが、ここに映し出されているのは全く別種のパフォーマンス。
これも”バレエ”なんだなあ。
[PR]
by odin2099 | 2010-11-19 06:34 |  映画感想<ハ行> | Trackback(2) | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ