人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:ネイチャー ( 162 ) タグの人気記事

「コトラ家族と世界のいいコたち」に続く劇場版「世界ネコ歩き」の第2弾で、今度の舞台は北海道の牧場とミャンマーのインレー湖。
テレビ番組の再編集だった前作と違って、今回はほぼ撮り下ろしの新作映像なんだそうです。

『岩合光昭の世界ネコ歩き/あるがままに、水と大地のネコ家族』(2021) _e0033570_08121778.jpg北海道の牧場では仔牛牛舎で暮らす猫の大家族にフューチャー。
親子三代の共同保育の様子と、数十メートル離れた場所にある親牛牛舎で暮らす家族の物語。
同じ牧場内にありながらも二つの縄張り。
互いの交流は殆どない、という中でのそれぞれの生活に密着していきます。

ミャンマーではあたかも一つの家族のようなヒト家族とネコ家族を追いかけます。
猫夫婦にそっくりな息子と娘。
お父さん猫が家族と同居するのはかなり珍しいとのことです。
そしてこの猫と暮らす人間一家。ごくごく自然に絆で結ばれているようです。

どちらもそうですが、如何にも「飼ってます」というのではなく、自然と近くにいる、という関係性には憧れますねえ。
こういうのを見てしまうと猫を飼いたくなってくるんですけど、ガマンガマン…。

ところで前作をもう一度見てみたいなあと思ったのですが…
DVDやBlu-ray、出てないんだぁ。

【ひとこと】
前作もそうでしたが、こういった作品の”語りかける”形式のナレーションって実に難しいなと感じました。
表現力が伴わないとホント、むず痒くなるというか、気持ち悪いものです。


by odin2099 | 2021-01-11 08:16 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
『ジョーズ3』(1983)_e0033570_23163690.jpgジョーズ」「ジョーズ2」に続く第3弾で、ピーター・ベンチリーは原案としてクレジット。
シリーズの顔・ブロディ署長は姿を見せず、その息子たちが主人公に。
タイトルは”3作目”と”3D映画”のダブルミーニングだ。

今度の舞台はアミティではなく、フロリダにオープンするシーワールドで、ブロディ署長の息子マイクはチーフ・エンジニアとしてここで働いていた。
行方不明になったスタッフを探しに出たマイクたちは、園内で体長3メートルほどのホオジロザメを発見、捕獲に成功する。

マイクの恋人で海洋生物学者のキャスリンの発案で、このサメを殺さずに飼育することになるのだが、館長が性急に見世物にしようとした結果死んでしまう。
その直後、体長10メートルはあろうかという巨大なホオジロザメが出現、捕獲したサメはこの海の怪物の子供だったのだ。
巨大サメによって海中トンネルは破壊され、数十人の観客が海底の施設内に取り残されてしまう。

前2作は凶暴な生物が暴れるという”動物パニック物”だったが、今度のサメは想像を超えた大きさと破壊力を持っているという点で既に”怪獣映画”の域に達している。
その一方で閉鎖された施設内から人々を救出するという展開は、「ポセイドン・アドベンチャー」や「タワーリング・インフェルノ」などの”ディザスター物”に近い。
正統派の続編だった「2」の後は、やはり変化球にならざるを得ないのかもしれない。

『ジョーズ3』(1983)_e0033570_23165111.jpgキャラクターの配置は類型的で、サメ退治の名人は出てこないが海洋生物専門の写真家は出てくるし、サメの脅威よりも利益を優先する館長などこの手の作品ではお約束の人物が出てきて、概ね予想通りの運命を辿る。
では主人公は孤軍奮闘かというと、マイクとキャスリンは早い段階から同格に扱われていて、クライマックスでは行動を共にしているからバディ物と呼んでも差し支えないだろう。
これも一種の変化球か。

そしてサメの犠牲者となるのは名もなき人たちだけでなく、観客が感情移入出来るキャラクターの方が盛り上がるが、その役割を担うのが水上スキーのショーに出演しているスキーヤーのケリーという美女。
もっとも遊びに来たマイクの弟ショーンと恋仲になるなど出番は多いものの、フラグを立ててから襲われるので予定調和過ぎて驚きはない。

むしろ子供の頃にサメに襲われた経験から海を怖がってるというショーンの方が、兄との対比で色々なドラマを演じられそうなのだが(例えば海へのトラウマを克服して誰かを助けようとするとか)、その設定が十分に活かされることなく途中でフェードアウトしてしまうのが勿体ない。

今回見るのが3回目かな。
世間一般の(?)低評価よりは愉しんだクチではあるものの、手放しで喜べる作品とはお世辞にも言えない。
3D映画ということで画面の手前に様々なものが飛び出してくるという演出が目立つが、見せ方が直接的すぎる上に合成のマスクがずれてバレバレなので興を削ぐし、お話作りの段階でブロディ一家を無理に絡ませなくても良かったし(主人公が息子である必然性がゼロ)、これで脚本がリチャード・マシスン(カール・ゴッドリーブとの共作)ってホントかしらん?

監督はジョー・アルベス
出演はデニス・クエイド、ベス・アームストロング、サイモン・マッコーキンデール、ルイス・ゴセット・ジュニア、ジョン・パッチ、リー・トンプソン、P・H・モリアーティ。
音楽担当はアラン・パーカーだが、「サメのテーマ」はもちろんジョン・ウィリアムズのものが使われている。

今見ると「ジョーズ」というより「ジュラシック・パーク」っぽいな。
いや「ジュラシック・ワールド」か。

【ひとこと】
イルカが健気で可愛い。


by odin2099 | 2020-11-05 07:12 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
都知事は他県への移動を控えるようにと仰ってますが
やっぱり息が詰まるので、ちょいと足を延ばしてお隣の県まで行ってきました

やっぱり夏は海だよね~
海と山と城と_e0033570_19444177.jpg
やっぱり夏は山だよね~
海と山と城と_e0033570_19480199.jpg
やっぱりお城はいいよね~
海と山と城と_e0033570_19483474.jpg
…ん?!

こちらは御幸の浜海水浴場
海と山と城と_e0033570_19491595.jpg
えーと、遊泳禁止なのかな
海に入ってる人は殆どいません
海と山と城と_e0033570_19490559.jpg
砂浜にいるのも地元の方たちだけなんだろうなあ

今度は川を遡り、山を目指します
海と山と城と_e0033570_19495460.jpg
ここは石垣山
海と山と城と_e0033570_19512734.jpg
早川の駅あたりからは歩いて30分ほど、と案内にあるんですが
うわー、メッチャ道キツイ
海と山と城と_e0033570_19520343.jpg
同じように歩いて上を目指してる人と出会い
いやぁ、これは辛いですねえ、なんて挨拶を交わしたり
海と山と城と_e0033570_19521689.jpg
海と山と城と_e0033570_19525368.jpg
結局は40分以上かかったかな、途中で眩暈を起こすし、何度か帰ろうかと思ったり
特に最後の10分は死ぬかと思いました
海と山と城と_e0033570_19530662.jpg
ここは小田原攻略の際に秀吉が陣を張ったところ
海と山と城と_e0033570_19541133.jpg
海と山と城と_e0033570_19542234.jpg
一夜城なんて呼ばれてますが、実際には80日ほどかけて築いた城らしいです
海と山と城と_e0033570_19543754.jpg
海と山と城と_e0033570_19545211.jpg
なるほど、ここからだと小田原城が一望できますね

そのまま山を下って小田原城へ
海と山と城と_e0033570_19560466.jpg
海と山と城と_e0033570_19561405.jpg
今回も城内はさーっと通っただけです
海と山と城と_e0033570_19563441.jpg
疲れちゃった。。。

約一年ぶりの小旅行でした
海と山と城と_e0033570_19562752.jpg

【追伸】
石垣山城の写真は登り切った後のもの
ここへ至る道のりが苦しかったです
普通に民家もあるのですが、ここらへんで暮らしてる人たちはホント大変だなあと思いました
車があってもなあ…

反対に、帰りはとっても楽ちんでした
ちょっとスピード出しすぎちゃったかなあ、くらいに

by odin2099 | 2020-08-12 20:01 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
若き天才クライマーであるデビッド・ラマが、南米パタゴニアにある難攻不落のセロトーレへ、フリークライミングで挑戦する過程を追ったドキュメンタリー映画。

『クライマー/パタゴニアの彼方へ』(2013)_e0033570_20021513.jpg2009年11月、一度目のチャレンジは見事に失敗。大口叩いた割にあっけない結果に、彼は世界中からバッシングを受ける。

2011年2月、二度目の挑戦。
今度は無事に登頂に成功。
しかし今度は途中でボルトを使ったことで、あんなのはフリークライミングじゃない、とイチャモンを付けられる。

そして2012年1月、21歳、三度目の挑戦で遂に勝利を収める。

慣れない環境や悪天候に悩まされ、誹謗や中傷を受けながらも果敢に挑戦を続ける精神力の強さ。
そして一歩間違えれば死に直結という過酷な挑戦。

だがこの作品に死と隣り合わせの悲壮感はない。
明るく無邪気で前向きな若者の姿があるだけだ。
これからいくつの記録を打ち立てていくのだろうか。

――と記したあとで、一年ほど前、彼がカナダで雪崩に巻き込まれたとの記事を見つけた。


by odin2099 | 2020-05-07 20:46 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
『ダーウィンが来た!/アフリカ新伝説』(2018)_e0033570_23221914.jpg放送開始12年を記念して製作されたNHK「ダーウィンが来た!」の劇場版、見る順番が逆になったけどこちらが第1作。
年末にTVでも放送され、つい先日も再放送していたけれども、今回はDVD借りてきた。

冒頭にヒゲじいの挨拶があり、そこで早速ナレーターの葵わかなのツッコミが入り、そして途中でも何度かヒゲじいの「ちょっと待った!」が入る、というのは平常運転。
上映時間が1時間半だから通常の番組3本分。それを除けば劇場で見ないと有難味がないってことになるかな。

群れを追い出された牡ライオンが逞しく成長していく姿、単独で子育てをする母ライオンの奮戦記、それに片腕を失ったゴリラ…と大きく3つのエピソードを交互に紹介。
といってもこれ、過去に番組で取り上げたものばかりですよね。第2作も同様の趣向だったけど、これで何本作る気なのやら。
どうせなら最初から「劇場版」とデーン!と構えて、完全新作を作るような心意気はないもんだろうか。

【ひとりごと】
ところでこの映画、”監督”クレジットがないんだよね。
”ディレクター”として3人の名前がクレジットされてるけど、これは元番組でのそれぞれのパートのディレクターなんだろうし、最終的に「映画」として仕上げたのはどこのどなた?




by odin2099 | 2020-03-09 23:25 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
NHKの人気番組「ダーウィンが来た!」の劇場版第2弾。
ドキュメンタリー映画と言えばドキュメンタリーなのだろうが、当然のことながら登場する恐竜たちは全てCG。それを実景に合成して臨場感を出している。
こういう手法で作られた作品は、セミドキュメンタリーやフェイクドキュメンタリーということになるのだろうか。

『恐竜超伝説/ダーウィンが来た!』(2020)_e0033570_22340748.jpg最新の研究成果を元にした、従来の常識を覆すような斬新な描写を売りにしているが、実はTV「ダーウィンが来た!」本編で紹介された映像に、何本かのNHKスペシャルの映像、更にこれまで未公開だった映像を加え、一本の映画として再構成したもの。
幸か不幸か自分はこれらの番組を一本も見ていないので「へー」と思いながら見ていたが、人によっては見たことのある映像ばかりで損をした気分になるかもしれない。

またネイチャードキュメンタリーの体裁を取っている関係で時折単調な場面が続き、耳に心地好い音楽と穏やかな(棒読みともいう)田辺誠一・大塚寧々ご夫妻によるナレーションのお陰で何度か意識を失いかけた瞬間も…。

【ひとこと】
ヒゲじいがスクリーンデビューしたんだから、くもじいも復活してくれないかな。




by odin2099 | 2020-03-04 22:38 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(2)
『ジョーズ2』(1978)_e0033570_17435348.jpg世界的大ヒット作となった「ジョーズ」から3年。
海はすっかり静けさを取り戻したかに思えたが、ダイバーや水上スキーを楽しんでいた人たちが行方不明となる事件が立て続けに起こる。
ブロディ署長はホオジロザメの可能性を主張するが、市長たちは妄想だと相手にしない。そして海水浴場で魚の群れをサメと見間違えるという失態を犯したブロディに解雇を通達する。
一方ブロディの制止を無視した子供たちはヨットで沖へ出るが、そこへ巨大なサメが姿を現した。ブロディは子供たちを守るため、一人海へ出てゆく。

今回のサメは序盤から繰り返し出現し、その姿をバッチリと見せる。
なかなか姿を見せなかった前作との差別化を図るならそれは効果的だし、サメが前作よりもパワーアップしてるのもお約束だ。

それでも全編出ずっぱりでは飽きられてしまうが、そこはのんびりムードのほのぼのしたシーンも用意し、緩急も自在。実は娯楽作品としては上等の部類に入り、前作に比べて不当に低く評価されてるように思える。

『ジョーズ2』(1978)_e0033570_17440740.jpg前作の反省も何のその、結局市長は今回も利益を優先しブロディの忠告を無視するが、ここでブロディが神経衰弱気味で、サメに対して過剰に反応してる可能性を少しでも見せていれば、二人の関係性も違ったものになったかもしれないが、出来上がった作品は基本的に前作の延長戦に留まったのは少々残念だった。

またブロディの子供をはじめ、犠牲になったり標的になったりする人たちの描写が希薄で、途中で誰が誰やらわからなくなって今何人襲われ、あと何人残っているのかが曖昧になるのも惜しい。
その辺りが前作に対する満足度の低さに繋がっているのかもしれないが、最後の攻防などは見ごたえ十分。

なお前作の副主人公格のフーパーだが、今回は南極へ遠征中とのことで不在。ブロディの孤軍奮闘ぶりを一層印象付けることになっている。
まあリチャード・ドレイファスのスケジュールの都合がつかなかったか、出演を断られたのだろうが、この流れからすると仮に出演したとしても大した役回りは与えられなかったかもしれない。



by odin2099 | 2020-01-07 17:48 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
『ドルフィン・マン/ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』(2017)_e0033570_19012998.jpg映画「グラン・ブルー」のモデルにもなったフリーダイバーのジャック・マイヨールが、自ら命を絶ってからそろそろ18年。
残された本人の映像と、ダイバー仲間や写真家ら彼と交流のあった人々、二人の子供、それに彼に影響を受けた現役のトップダイバーたちのインタビューで構成されたドキュメンタリー映画で、ギリシャ、フランス、カナダ、それに日本との合作映画。
ナレーションは「グラン・ブルー」でジャック・マイヨール役を演じたジャン=マルク・バールが務めている。

彼自身の著書や彼について書かれた本を読んで、あたかも彼は修行僧のような、とことん突き詰めるタイプの人なのかなと勝手なイメージを抱いていたが、この映画で語られる彼はまるで正反対。
職も住まいも転々とし、女性をとっかえひっかえ、家族はほったらかし……とは”探究者”のイメージにはまるでそぐわない。
また親日家であることは聞いていたが、この映画には何人かの日本人が登場し、彼が本当に日本に対して特別な感情を抱いていたらしいことも明らかになる。リップサービスではなかったのだ。

意外な一面、違った一面、知られざる素顔が垣間見られることを期待したが、この映画で描き出された姿はそんな些細なものではなく、彼に対する想いが根本から揺り動かされた感じ。
だがそれはそれで、一人の生身の人間として面白いなとは感じた。




by odin2099 | 2019-12-04 19:03 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
『フリーソロ』(2018)_e0033570_19334783.jpg「フリーソロ」というのは、ロープや安全装置を使うことなく、体一つで数百メートルの断崖絶壁をよじ登るシンプルな方法。
もちろん一歩間違えば死に直結するという危険度MAXなものだ。

これはそんな危険に挑んだアレックス・オノルドに密着したドキュメンタリー映画で、今回の彼のターゲットはヨセミテ国立公園にあるエル・キャピタン、約975メートルのルート。
まずは2016年春、現地でのトレーニングを開始。ロープを使っての登攀で攻略法を探ってゆく。

夏、秋とトレーニングを続けるが、その最中に難所から落下したアレックスは足首を捻挫してしまうのだが、驚異的な回復力を見せた彼はフリーソロを実行に移す。
ところがチャレンジは呆気なく幕を閉じた。
怪我の影響か精神的なものか、彼は序盤で引き返してしまったのだ。

そして2017年春、再チャレンジに向けてアレックスは黙々とトレーニングを続け、遂にまた山へ入っていく。

高所恐怖症じゃないけれど、この映像はヤバい。
これ見ちゃうとCG満載の山岳アクションなんて見ていられない。
彼を支えるクライマーの仲間たち、恋人、それに十年来の付き合いになるという気心の知れた撮影クルーたち。合間には同じようにチャレンジして散っていった他のクライマーたちの映像も挿入される。

当然アレックスにも苦悩や葛藤はあるし、それは撮影クルーたちも同じ。撮影がプレッシャーを与えてるんじゃないか、もしかしたら友人の死の瞬間を捉えることになるんじゃないか。
そして彼の傍らにある恋人の姿が実に健気で可愛らしい。
第三者視点ではなく、当事者目線というか仲間視点でのドキュメンタリーというのも新鮮で、自分もパーティに参加してる気分になってくる。

聞けば、同じナショナル・ジオグラフィック製作の山岳ドキュメンタリー映画「MERU/メルー」を手掛けた監督コンビの作品ということで納得。
あれも良い作品だったなあ。

最後は歴史的偉業を成し遂げてハッピーエンドでほっと一安心。
でもまた世界のどこかで次なるチャレンジを続けているんだろうなあ。




by odin2099 | 2019-09-10 19:38 |  映画感想<ハ行> | Trackback(2) | Comments(2)
『アース/アメイジング・デイ』(2017)_e0033570_19144575.jpg全世界でヒットした、イギリスはBBC製作のネイチャー・ドキュメンタリー「アース」の、10年ぶりに作られた第2弾で、イギリスと中国の合作作品。

日本では昨年暮れに公開されたが、上映劇場が少なく都合がなかなかつかずに見送っていたものを、ソフトがリリースされたのでようやく鑑賞。
オリジナル版はロバート・レッドフォードがナレーターを務めているが、日本語版は佐々木蔵之介が担当。

「あなたが過ごす一日は彼らと同じ一日」というコピーが付いているが、太陽が昇り、沈み、そして夜が訪れるという流れの中で、世界各地の様々な生き物を紹介していく、という構成になっている。
ということで、「アース」というタイトルは冠さなくても良かったのではないかと思うほど共通点はない。

中国の朝、早くに目が覚めるジャイアントパンダ。
アフリカ大陸では、夜通し狩りをしていたサーバルが、最後のデザートに、とばかりにネズミを襲う大ジャンプ!
ガラパゴス諸島では、太陽エネルギーを溜めないと動けないイグアナが日光浴。その傍らでは今しも新しい命が誕生していくますが、孵化したばかりのイグアナの赤ちゃんに迫るヘビの魔手!
サバンナで試練にさらされるシマウマの母子。
太陽が勝利を収め、凍った海の割れ目から姿を見せるイッカク。
縄張りとメスを求めて西部劇のような決斗を繰り広げるキリン。
我々と似たような暮らしを送るマッコウクジラ。
危険な子育て中のペンギン、etcetc

ヒグマのダンス、ナマケモノの泳ぎ、ハチドリとミツバチの水入りの勝負、たった一日だけの生涯を送るカゲロウ、といった姿は正にアメイジングですが、美しい映像は睡魔をもたらすのも必定。
眠れない夜にはお勧めの一篇かと。



by odin2099 | 2019-07-24 19:18 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ