人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:フレデリック・フォーサイス ( 7 ) タグの人気記事

『ジャッカル』(1997)_e0033570_08235062.jpgFBIとMVDの合同捜査チームによって弟を殺されたチェチェン・マフィアのボスが、その報復として”ジャッカル”というコードネームで呼ばれる正体不明で超一流の暗殺者を雇い、アメリカの要人暗殺を計画した。
捜査に行き詰まりを感じたチームは、”ジャッカル”を知る数少ない人物であり、今は服役中の元IRAのスナイパー、デクランを仮釈放させて捜査に協力させようとする。
実はデクランは”ジャッカル”に対し、個人的な恨みを抱いていた。

ブルース・ウィリスとリチャード・ギアが共演し脇をシドニー・ポワチエが固めた、フレデリック・フォーサイスの小説をフレッド・ジンネマンが監督した「ジャッカルの日」のリメイク。
監督はマイケル・ケイトン=ジョーンズ。

ところが完成した作品にフォーサイスの名前はなく、代わりにあるのは
 BASED ON THE MOTION PICTURE SCREENPLAY ”THE DAY OF THE JACKAL” BY Kenneth Ross
つまり、ケネス・ロスの書いた「ジャッカルの日」の脚本に基づいて~という一文。
何やら権利関係等々のゴタゴタを感じさせる。

ゴタゴタといえば当初はブルース・ウィリスとリチャード・ギアの配役が逆だったらしい。
オリジナル版で”ジャッカル”を演じたエドワード・フォックスとルベルを演じたマイケル・ロンズデールのルックスを考えれば、”ジャッカル”がリチャード・ギアでルベルに相当する役がブルース・ウィリスの方が納得いくのだが、結果的にルベルの役回りを二人のキャラクターに分け、片方をシドニー・ポワチエが演じているのでリメイク版なりのオリジナリティは出たことになる。

『ジャッカル』(1997)_e0033570_08240121.jpgしかしこの映画、オリジナル版と比べると色々とおかしい。
変装の名人で凄腕の暗殺者である”ジャッカル”だが、とにかく目立ちたがり屋。
邪魔だとみれば容赦なく人前だろうが発砲するし、デクランを好敵手と認めているのかもしれないが、やたらと痕跡を残してゆく。
彼に追われることをむしろ楽しんでいるようにも見えるし、また殺人をショーとして捉えているフシがある。

一方のデクランも、元IRAの闘士という設定は活かされているとも言えない。
”ジャッカル”との因縁も政治や思想信条絡みではないようだし、普通にFBIなりMVDなりの捜査官でも良さそうだ。
もしかするとオリジナル版からのあまりの改変ぶりに、フォーサイスが自分の名前を出すことを嫌ったためにノンクレジットになったのかもしれない。

ところで宿命のライバルのジャッカルとデクランだが、クライマックスでは遂に直接対決を迎える。
しかし同一画面に二人が映ることはなく、あってもどちらかが後ろ姿や体の一部だ。
カットバック処理で緊迫感を高めようとはしているものの、何か不自然にも映る。
ひょっとするとブルース・ウィリスとリチャード・ギアは、現場では一度も顔を合わせていないのではないだろうか。


by odin2099 | 2020-11-29 08:27 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
何年かに一度は見返したくなる作品というものがありますが、これもその一本。
原作となったフレデリック・フォーサイスの小説も面白いですし、ケネス・ロスが脚色し、フレッド・ジンネマンが監督した映画版も面白い。
両方ともが傑作なんていうのはそうザラにあるもんじゃありません。

上映時間は143分ですが、無駄というものがありません。
そして凄腕のスナイパー”ジャッカル”を演じるエドワード・フォックスも、それを追う敏腕ルベル警視役のマイケル・ロンズデール(先ごろ物故されましたね)も、いわゆるハリウッドスターではない無名の存在だったことが、かえって迫真のドキュメンタリー性を強調する結果になったといえるでしょう。

『ジャッカルの日』_e0033570_19020970.jpg物語の舞台となっているのは1968年。
史実のド・ゴール大統領が亡くなるのは辞任後の1970年なので、”ジャッカル”の暗殺計画が失敗に終わるのは自明の理ではあるのですが、それが阻止されるのはギリギリのタイミング。
しかも多分に偶発的要素が高いだけに、最後まで緊張感は持続します。
というより、クライマックス場面が正にその絶頂と言って良いでしょう。

中盤あたりで”ジャッカル”のコードネームを持つ暗殺者の正体が判明し、その線に沿って警察サイドは追い詰めていくのですが、ラストではその件の人物は結局”ジャッカル”とは無関係だったことがわかり、ではこの暗殺者が一体どこの誰だったのか不明なままで終わるのも余韻が残ります。

さてこの映画、終始男臭い映画だったと記憶していたのですが、意外に色っぽいシーンもありました。
まずOASの女スパイとなる女性は、死んだフィアンセが今でも忘れられないという設定ですが、任務のため政府高官に接触し、その男と寝ることで情報を探ることになります。
スケスケのネグリジェを着てるなと思ったら、次のシーンではおっぱい丸出し。
そしてその後はオールヌードの後ろ姿を披露してくれます。

一方の”ジャッカル”は有閑マダムを誘惑し、同衾します。
これはカムフラージュの為なのかと思いきや、その目的もあったのだとは思いますが、どちらかというと己の欲望を満たすためという気がします。
殺伐とした中でのちょっとした彩といったところですが、どちらも物語内での必然性を伴っていますので、取って付けたような不自然さは感じられません。
そこも皆、計算の上なのでしょう。
サスペンス映画史上の永遠不滅の金字塔です。

ちなみに”ジャッカル”役は、当初ロジャー・ムーアが候補にあがっていたのだとか。
エドワード・フォックスの嵌り具合を見るとムーアとはイメージが結びつかないのですが、その一方で冷徹な殺し屋を演じるムーアの姿も見てみたかったなとも思います。
しかしそうなると「ムーンレイカー」でのムーアとマイケル・ロンズデールとの共演はなかったかもしれません。
ジャッカルVSルベル、
ジェームズ・ボンドVSサー・ヒューゴ・ドラックス、
どちらが二人に相応しかったのでしょうか。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/12821423/


by odin2099 | 2020-11-20 19:12 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
とある資産家の代理人から依頼を受け、傭兵のシャノンは西アフリカの小国ザンガロへと潜入する。
独裁者による軍事政権打倒の可能性を問われたシャノンは、国内勢力では無理だが外部からのクーデターならなら可能と報告。
一度は断ったものの結局は仲間を集め、再びザンガロヘ乗り込むことになる。

『戦争の犬たち』(1980)_e0033570_22084257.jpg邦題からはストレートな戦争映画の印象を受けるが、序盤は敵地へ潜入したシャノンの内偵ぶりを緊迫したタッチで、中盤はクーデター計画の立案から武器の調達の過程を、情報を嗅ぎ付け付きまとうジャーナリストや真の目的を伏せた依頼人の暗躍を交えて描き、終盤になってようやく軍事行動が始まるという構成。
全体としては戦争映画よりもスパイ・アクション物、ミステリー・サスペンス物の要素が強い。

原作はフレデリック・フォーサイスの小説。
驚くことに、フォーサイス自身がかつて「ジャッカルの日」の印税を使って赤道ギニア共和国に対しクーデターによる政府転覆を企てたが、結局は失敗に終わったという経験をもとに書かれたのが本作なのだとか(本人は後に関与を否定)。

出演はクリストファー・ウォーケン、トム・ベレンジャー、コリン・ブレイクリー、ヒュー・ミレー、ポール・フリーマン、ジャン=フランソワ・ステヴナン、ジョベス・ウィリアムズ、ロバート・アークハート、ウィンストン・ヌシュナ、監督はジョン・アーヴィン。

情報量が多すぎるので消化不良な面はあるし、潜入調査の場面にしろドンパチの場面にしろもう一工夫欲しいなと思わないでもないが、裡に狂気を秘めたクリストファー・ウォーケンを筆頭に、善人が一人も出てこず、最後までひねりを加えたストーリー展開はなかなか楽しめる。

しかしこの映画もその昔に見たことがあるし、確か原作小説も読んだはずなのだが、ちっとも覚えていなかったのには我ながら呆れる…。




by odin2099 | 2020-06-16 22:18 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
ガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』の続編、ではなく、これはアンドリュー・ロイド=ウェバー版ミュージカルの続編と言った方が良いだろう(フォーサイス自身が、ロイド=ウェバーとのディスカッションの中で構想がまとまったと語っている)。

ルルー版『オペラ座』のラストで、ファントムことエリクはおそらく死んだであろうことが示唆されているが、舞台版では姿を消すのみ。そしてこの続編では当然のようにマダム・ジリーによって救いだされ、アメリカへ逃れたという設定になっている。

『マンハッタンの怪人』 フレデリック・フォーサイス_e0033570_2040692.jpg時は前作から13年後、あの忌まわしい事件の後クリスティーヌはラウルと結婚、ピエールという子供を授かり、自身は貴族の夫人として世界的な歌姫として名声を得ていた。そこへニューヨークから新しいオペラ座のこけら落し公演への主演依頼が届く。その依頼主の正体に気付いたクリスティーヌは、家族ともどもニューヨークを訪れ・・・という物語が、エリクやマダム・ジリー、メグ・ジリー(怪我をしてダンサーを断念した後、クリスティーヌの付き人になっている)、クリスティーヌに同行している神父、それに偶然一行と親しくなる新聞記者の独白、という形で綴られるのだが・・・なんだ、こりゃ?

ミュージカル版が好きで大切に思ってる人ならば、この作品は読まない方が良いと思う。
だって――ここからネタバレしますぞ――、ラウルとクリスには語られなかった過去があり、その因縁にはマダム・ジリーも関わりを持ち、その事件の結果あろうことかラウルは不能者になっていて、なんとピエールはクリスとラウルの子どもではなく、実はクリスとエリクの子どもだなんて・・・?!
そしてピエールを庇ったクリスは暗殺者の凶弾に倒れ、真実を知ったピエールはラウルではなくエリクを選んで去ってゆく・・・ってどういうドラマなんだろ?

ルルー版の原作からは繋がらないし(そもそもあちらではラウルとクリスの消息も明確にされてない。<ペルシャ人>とやらがそう語っているだけだ)、ミュージカル版と比べても矛盾点が出てくるし、エリクってプラトニックな想いを抱いていたんじゃなかったの? クリスはいつエリクを受け入れる気持ちになったの?(クリスの話からすると強要されたワケでもなさそうだし)
古典作品を再構成したヴァリエーションとしてはこういうのもあって良いかとは思うけど、大ヒット・ミュージカルの「公式な」続編としては受け入れ難いわな。
by odin2099 | 2012-08-14 20:43 | | Trackback | Comments(2)
『ジャッカルの日』(1973)_e0033570_6205662.jpgドゴール政権に不満を持つ秘密軍事組織OASは、度々ドゴール大統領暗殺を目論むが悉く失敗、遂には凄腕のプロの殺し屋を雇うことにする。
<ジャッカル>のコードネームで呼ばれる暗殺者は着々と準備を進めるが、フランス政府もこの計画を察知、各国の協力を得ながら少しずつ肉薄して行くものの、今一歩というところで後手後手に回ってしまう。
そして迎えたパリ解放記念式典の日、民衆の前に姿を見せた大統領に、<ジャッカル>の照準が合わせられた・・・!

フレデリック・フォーサイスの『ジャッカルの日』は、細部に亘るまで丹念にディティールが描きこまれ、迫真のドキュメンタリー・タッチで魅せる傑作小説だが、ケネス・ロスが更に贅肉をそぎ落として脚色し、フレッド・ジンネマン監督が緊迫感ある画面作りを徹底させた、これまたサスペンス映画の傑作。

トータル2時間半近い超大作だが、最後まで飽きさせない演出のテンポの良さ、というよりもこれは編集の巧みさか。今回観直しても、全く古さは感じさせない。
ただ決着の付け方だけがちょっとあっけなく、何となく忙しい印象を受けてしまうが、逆に変にムードの流されたりしない淡々とした終わり方も、またこの作品には相応しいのかも。
<ジャッカル>役のエドワード・フォックスは、一世一代の名演技。
by odin2099 | 2010-06-18 06:19 |  映画感想<サ行> | Trackback(4) | Comments(0)
『ジャッカルの日』 フレデリック・フォーサイス_e0033570_18402087.jpg数回に亘りドゴール大統領暗殺を企てた秘密軍事組織OASはそれに失敗、今度は凄腕のプロの殺し屋を雇うことにした。<ジャッカル>のコードネームで呼ばれた彼は秘かにフランスへ潜入、着々と準備を進め決行の時を待っている。しかしフランスの警察はこれを察知、表沙汰になることを嫌った大統領自身の命によって制約は課せられたが、各組織を挙げての協力体制の下、<ジャッカル>を追い詰めていく・・・。

サスペンス・スリラーの傑作として評判の高い映画版を先ず観てその面白さに唸り、次いで原作小説も読んでその情報量の多さ、ディティールの細かさに圧倒された覚えがあるが、今回久々に再読。
文庫本にして500数十ページに及ぶ内容は、流石に一気読み出来るボリュームではないものの、ついついページを繰る手が早くなってしまうほど。やはり面白い。

実在の人物や実際に起こった事件と、作者が生み出した架空の人物や事件とをうまく組み合わせ、あたかもこの<ジャッカル>によるドゴール暗殺計画を、後になって取材を行ってルポルタージュとして再現したかのような文体、構成でもってリアリティを高める手法には脱帽である。知らないで読めば、これは歴史上の事件に材を採ったノン・フィクションだと思うかも知れない。それぐらい迫真の出来なのだ。
既に作品発表から40年近く経っているが、これはこの後何十年も読み継がれていく作品に間違いないだろう。
by odin2099 | 2009-03-14 18:40 | | Trackback | Comments(2)
フレデリック・フォーサイスの原作を自ら脚色して映画化したもので、主演のマイケル・ケイン共々エクゼクティブ・プロデューサーに名を連ねる程の力の入れよう。
自身の映画化作品としては、『ジャッカルの日』、『オデッサ・ファイル』、『戦争の犬たち』に次ぐ4本目になるはずだが、この作品のみ日本では劇場未公開。

『第四の核』(1986)_e0033570_1930343.jpg主演のケインを始め、ピアース・ブロスナン、ジョアンナ・キャシディ、ネッド・ビーティ、ジュリアン・グローヴァー、マイケル・ガフ、イアン・リチャードソンら出演者は揃っているし、音楽もラロ・シフリン。英国諜報員であるケインが、執拗にKGB工作員のブロスナンを追い詰めるという、プロとプロのぶつかり合いを描くという構図は『ジャッカルの日』を髣髴とさせるし未公開は勿体無いのだが、些か華やかさには欠ける面があるのは致し方ないところ。

冷徹な殺人者を演じたブロスナンの演技が特に光っている本作だが、この映画を見たときはまだ名前を覚えておらず、後になって5代目007キャスティング騒動の時に、そういえばと思い出す。
その後『ライブ・ワイヤー』や『バーチャル・ウォーズ』、『テロリスト・ゲーム』を見て007役者として待望した。
ちなみにこの作品が作られていた頃、ブロスナンは4代目007候補に挙げられ、決まりかけながらもTVドラマとの契約の関係で見送ったという経緯がある。
by odin2099 | 2006-05-06 22:20 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ