【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:仮面ライダー ( 220 ) タグの人気記事

e0033570_22504748.jpg当初は<まんがまつり>枠ではなく一般興行枠で検討されていたからか、矢島信男&佐川和夫両名が特撮監督としてクレジットされていたり、総監督が石ノ森章太郎(特別出演も)だったり、画面は非常に華やか。
予算も通常よりかなり多めなんだろうと思う。


ところが肝心のお話がサッパリだし、演出も普段やらないことをやろうとしてるのか、いつもの知ってる『仮面ライダー』とは別物みたいに見えてしまう。
音楽も菊池俊輔だけでなく武市昌久との連名で、BGMも新曲がバンバン流れるのは贅沢な筈なんだけど、馴染みがない分かえって損した気分。
ゲストライダーも変身後のみ、しかも全員声優では有難味も薄れるというもの。


見どころはゲストヒロインの舟倉たまき(現・舟倉由佑子)。
流石に下着を見せたりヌードを披露なんてことはないものの、アリコマンドに襲われた際には服をビリビリに引きちぎられるし、銀河王に捕まった時には体を撫で回されるし、と子供番組とは思えないセクハラを受けまくる。
何の必然性があったのやら。


彼女はこの春興行の<ライダー>に続き、夏興行では<戦隊>の長尺版『電子戦隊デンジマン』でもゲストヒロインのデンジ姫に抜擢。
前後してTVシリーズ『燃えろアタック』や『生徒諸君!』にも出ているので、比較的子供番組で活躍したイメージが。


過去記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2015-03-24 20:11 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

『仮面ライダードライブ』も『手裏剣戦隊ニンニンジャー』も観てませんが、映画は初日に行ってきたよ~。
『仮面ライダー4号』のDVDも貰ってきたぜ。


e0033570_20513568.jpg仮面ライダー1号2号によってショッカー首領は倒され、平和が訪れたはずだった……のだが、その直後に謎の仮面ライダー3号が出現、あっさりとダブルライダーを葬り去ったことから歴史が狂い始める、というこの映画、なんか前にも聞いたことがあるお話ですなあ。『レッツゴー仮面ライダー』もそうだったし。


でも幻の「仮面ライダー3号」を登場させたのが今回のハイライト。
及川光博が3号に変身する黒井響一郎を演じたことで、敵か味方か正体不明の胡散臭さと同時に、ヒーローらしい外連味溢れるキャラクターになっていた。こういう現実離れした作品には合うよね、ミッチーって。


e0033570_20514539.jpg3号がいるのに何故かV3以降も仮面ライダーは誕生し、ある者はショッカーに敗れてその尖兵であるショッカーライダーに成り下がり、またある者は人類の自由のために戦い続け…という中で「正義の味方」仮面ライダーの代表として出てくるのが南光太郎。序盤は仮面ライダーBLACK、終盤ではパワーアップしてRXとして出てきます。


前作『仮面ライダー大戦』では藤岡弘、演じる本郷猛が作品全体の象徴となる存在になってたけど、今回はその役回りが倉田てつをに。まだまだ動けるところを見せてくれるし、変身後のスーツアクターも岡元次郎だそうなので、中身も外身もオリジナルキャストという豪華さ。変身シーンや必殺技を繰り出すシーンも当時の雰囲気を見事に再現。
ただBLACKもRXもかなり恰幅良くなってますよ…次郎さん。


e0033570_20515274.jpg他に出てくるオリジナルキャストは仮面ライダーゼロノス/桜井侑斗の中村優一と仮面ライダーギャレン/橘朔也役の天野浩成、それに『仮面ライダー大戦』に引き続きの仮面ライダーファイズ/乾巧こと半田健人。また声だけだけど仮面ライダーブレイド、レンゲル、カリスはそれぞれオリジナルキャストの椿隆之北条隆博森本亮治が演じとります。
この中では作品全体のキーとなるのが桜井侑斗で、ある意味でオイシイのはタチバナさん。『フォーゼ』での熱演を思い出すなあ、校長先生。ま、乾巧は顔見せに近いかな。


原作版というか石ノ森章太郎のコミック版から幾つかの要素を引っ張ってきてるのはコアなファン向けだろうけど(立花藤兵衛!)、相変わらず芸のないライダー同士の潰し合いには辟易。空を飛んでるだけのスカイライダー、巨大化要員のJとか使い方もワンパターン。もっと見せ方を工夫して欲しい。あ、それに無理してニンニンジャーだす必要はないでしょ


また仮面ライダー3号のデザインも1号2号を踏襲していて格好良いんだけど、現代的にアレンジされ過ぎで並ぶと浮く。
これが『仮面ライダー THE FIRST』『仮面ライダー THE NEXT』の1号2号なら違和感少ないんだけど、ちょっと世界観にそぐわないよね。


それでもクライマックスシーンに「レッツゴー!!ライダーキック」がかかると燃えるし、思ってたより遥かに楽しめたのは確か。内田理央は可愛いし、関智一のショッカー首領の声はそっくりだし、レースのシーンもサッカーよりは必然性あったし、話があんまりあっちこっち行かない分見やすかった。そういや「敵を騙すには先ず味方から」の八百長じゃなく、洗脳されたライダーとガチで戦うっていうのは平成ライダーの映画じゃ初のパターンだったな。


e0033570_21010964.jpgところであのラスト、「続きは映画で」ならぬ「続きは配信で」ってこと?
テレビシリーズとはパラレル設定なのかいな。


[PR]
by odin2099 | 2015-03-22 21:01 |  映画感想<カ行> | Trackback(8) | Comments(0)

よく「子供向け番組だからといって手は抜いてません」「子供は正直で騙せません」というスタッフ、キャストのコメントを見かけますが、中には「ホントかなあ?」と思うものもしばしば。穴ぼこだらけのシナリオというかプロットを見せられると、「やっつけ仕事なんじゃないの?」と思わず言いたくなってきます。


e0033570_22421831.jpgこの映画は『仮面ライダーX』の劇場版ですが、タイトルに「Xライダー」の文字はなし。5人のライダーが対等って意味なんだろう。そのせいか主演の速水亮の出演場面は正味1~2分ってとこ。後は変身後しか出てきません。他のライダーも変身後しか出てきません。一応は各人単独のアクションシーンが(どういうわけかV3以外は)ありますけど、対等と言っても所詮はその程度です。


あ、申し訳程度に変身シーンが挿入されますが、それは『仮面ライダー対ショッカー』と『仮面ライダーV3対デストロン怪人』からの抜き焼き。ライダーマンはTVシリーズからのデュープですね。その分おやっさんが身体を張って頑張っています。
ゲストの水の江じゅんは『人造人間キカイダー』のミツ子さん、相変わらず綺麗な方です。


TVとは別班体制での撮影だったんでしょうかね、擬闘もいつもと雰囲気違うし、トランポリンを使ったアクションカットがスタジオ撮影で(これは天候不順のせいだとか聞きましたが)なんかヘンだし、効果音もマヌケだし……これを最後に劇場用の<仮面ライダー>新作が作られなくなっちゃったのもなんとなくわかる気がします。


ところでライダーマン以外はオリキャスが声を当ててる5人ライダーですが(ライダーマンは多分林一夫でしょう)、何故かノンクレジットです。今までは声だけの出演でもちゃんと一枚看板だったのにねぇ。
それにライダーマンが左腕にアタッチメントを付けて「俺は仮面ライダー4号!」とか見え切ってますけど、まさか偽ライダーマンじゃないよね?

過去記事はこちらこちら


[PR]
by odin2099 | 2015-02-24 20:02 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_22273124.jpg初期タイトルは『V3対ダブルライダー』、併映の『マジンガーZ対デビルマン』に対抗したものだった。
もしこのタイトルのままだったら、子供たちは相当混乱したまま映画館へ足を運んだのではないかな。なんでヒーロー同士が戦ってばかりなんだろう?と。
まあ今じゃライダー同士が本当に戦うのは珍しくもなんともなくなってしまい、一度もぶつからない作品の方が珍しくなっているんじゃ?


さんふらわあ号、ホテル奥道後…とタイアップがバッチリ。
露骨な宣伝科白が用意されてはいるものの、普段あまりお目にかかれない風景も多いのでゴージャス感も出ているので、これはまずまずの成功例かと。


宮内洋のアクションはやっぱり格好良い。爆発!爆発!爆発! よーやるわ。
1号2号は変身後のみの登場だけど、藤岡弘と佐々木剛が声をアテているので、ちゃんと本人らしさが感じられる。上手い下手じゃないんだ。


ところでサタンニウムの在処を示した地図っていうのは結局どうなったの?
3人ライダーと怪人軍団の最終決戦の場がその隠し場所なの?
デストロンはサタンニウムを手に入れられたの?
沖田博士はあっさり殺されちゃうし、あんまり後味良くないね、考えてみると。


【ひとりごと】
せっかく珠純子役の小野ひずるが水着姿を披露しているのに、良く見えない…。


【ひとこと】
今度の映画には、及川ミッチーが変身する仮面ライダー3号が出るんだよなあ。

e0033570_22290624.jpg

過去記事はこちらこちら
[PR]
by odin2099 | 2015-02-10 22:29 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

<ライダー>とか<マジンガー>とか、ついついまとめて観直したくなる時ってありますな。


e0033570_12485545.jpg劇場版「仮面ライダー」の2作目で、本作はこれが正式タイトル。「地獄大使」ではなく「じごく大使」なのは観客(児童)への配慮だろうが、案外子どもはこういうものから言葉や漢字を覚えていくもの
「地獄」に「じごく」とルビを振るだけでも良かったかもしれない。


今回の作品のメインとなってるのは雄大な富士のロケーションと、かなり危険度の増したアクションシーン。
滝和也とのコンビではあるものの本郷猛の単独主演だけに見せ場を割り振る必要もなく、藤岡弘と千葉治郎の身体を張った頑張りが楽しめる。
ちょっとわかりづらい面もあるが、富士山の急斜面での立ち回りは一歩間違えば大事故に繋がりかねないものだった。


ショッカーの大要塞、再生怪人軍団の登場と劇場版ならではのスケール感はあるものの、地獄大使は前面に出ずライダーとの直接対決もないため、題名とはやや乖離が…。
また新1号ライダー篇が始まって3カ月余り。
イベント要素として2号ライダーのゲスト出演を検討しても良かったような(新1号篇に入ってから初のダブルライダーが実現するのは、本作公開の約1カ月後)。

過去記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2015-02-02 20:14 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_18065083.jpg

この題名の方が通りが良いけれど、以前書いたようにこれはサブタイトルで、正式タイトルは『仮面ライダー』のまま。
<東映まんがまつり>上映版としては2本目だけれども、初めっから映画として作られたのはこれが最初。


主人公は一文字隼人。これに本郷猛がゲスト出演する形でダブルライダーの共演が実現。
両雄の共闘はこれが初めてではないものの、再生怪人軍団に立ち向かうダブルライダーという図式が、現役児童にとってどれほど強くアピールしたことだろう。
そしてそれに拮抗する死神博士=天本英世の怪演は、逆に多くの児童たちにトラウマを植え付けたかも知れない。


e0033570_16584089.jpgとはいうものの、現役児童ならぬ「大きなお友だち」視点で観てしまえば、なかなか純粋に楽しめる、とはいかないもの。よほど思い入れが強くなければ「なんだ、つまんない」の一言で終わってしまいそうな出来栄えなのも事実だ。
色々な意味で勿体ない。


[PR]
by odin2099 | 2015-01-29 18:07 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_19261815.jpg一年間『仮面ライダー鎧武』のヒロイン高司舞として頑張った志田友美の写真集。
『鎧武』が自分好みの番組じゃなかったので、高司舞というキャラクターもなかなか好きにはなれなかったものの、後半の怒涛の展開、それに初期から二役で演じていた謎の女(=「始まりの女」)の謎解きのあたりから彼女のお芝居もグイグイと迫るようになり、認識を改めた次第。
しかしこの写真集の彼女には「高司舞」のイメージは殆どない。
この中で見せる彼女の弾けるような笑顔、作品や役柄の所為とはいえそれを封印してしまっていた『鎧武』は今更ながら勿体ない作品だったのだなあと思う。もっともっと生き生きとした彼女が見たかった…!


【ひとりごと】
彼女が所属するアイドルグループ「夢みるアドレセンス」にはアキバイエローこと荻野可鈴ちゃんもいるけど、ヒーロー物で二人の共演、見てみたいな。


[PR]
by odin2099 | 2015-01-13 19:27 | | Trackback | Comments(0)

新年最初の映画館鑑賞でした。元日に映画観に行ったのは初めてじゃないと思うけど、サービスデーになってからは初めての筈!


e0033570_21335713.jpg「仮面ライダー鎧武/進撃のラストステージ」
葛葉紘汰と高司舞が新たな世界を創造しようとしている惑星、そこに謎の機械生命体メガヘクスが現れ自らを惑星と融合してしまった。次なるターゲットは地球、それを阻止しようとした紘汰は敗れ、舞は捕らわれの身に。唯一の戦極ドライバーの装着者・呉島光実が迎え撃つが、その前に立ち塞がる機械化・再生された戦極凌馬の攻撃の前に倒れてしまう。
なすすべもなく立ち尽くす凰蓮、ザック、城之内ら。しかし光実の兄・貴虎は一人、敢然と立ち向かう…!


面白くないなと思いつつTVシリーズは最後まで付き合った『鎧武』、最終回が最終回だけに続編というか紘汰を再登場させる理屈付けには思いの外苦労したのだろうと思うが、物語の実質的主人公を呉島兄弟にし、これなら納得のストーリー展開。凰蓮、ザック、城之内の変身は見られなかったが、短い出番とはいえぶれない駆紋戒斗の再登場、紘汰の復活から主題歌を流す演出など、これまで6作作られた「MOVIE大戦」の各パートの中でも一、二を争う出来かもしれない


e0033570_21341879.jpg「仮面ライダードライブ/ルパンからの挑戦状」
怪盗アルティメット・ルパンに苦戦する警視庁特状課は、今や解散の危機に瀕していた。大胆にもルパンは特状課と仮面ライダードライブに挑戦状を叩きつけてくる。<仮面ライダー>の称号を賭けた対決でドライブを圧倒したルパン。ドライブドライバーを破壊された泊進ノ介は二度と変身することが出来ない…。


番組スタートから1クールが経過したものの、『ドライブ』は未だ見たことがなく予備知識なしの観賞。昨年度の「MOVIE大戦」と同じ条件になってしまった。
おそらく『ドライブ』の設定の根幹に関わる部分の一端が明かされたり、仮面ライダーマッハのお披露目があったりというイベント編になっているのだろうが、警察VS大泥棒という安定の図式が『鎧武』編のスケールやテンションと合っていないのでバランスが悪い。これをTVの一挿話として放送したり、単独で映画やVシネでやったのならばもっと素直に愉しめたと思うのだが。


「MOVIE大戦フルスロットル」
そして共演パートへ。
『鎧武』は地球規模のクライシスを描いていたと思っていたので、その横でこじんまりとした『ドライブ』のドラマが繰り広げられていたことに違和感が。警察機構がメガヘクスの侵略のことを何も知らないのか、それともあれは一地方都市(沢芽市)限定の事件という扱いだったのか。にしても両作品のジョイントがかなり強引で、ハイテンションで戦っていた鎧武、龍玄、斬月、バロンらの前にいきなりドライブが現れても部外者臭が強いし、両者の戦いぶりを比較してもドライブが強そうには見えない。アクションてんこ盛りだが目まぐるしいだけで、おまけに紘汰と進ノ介のやり取りは五月蠅いだけ。
初期「MOVIE大戦」の欠点をまた再現してしまった感が強い。


【ひとりごと】
詩島霧子役の内田理央は可愛い
そして今回も出番のない紘汰の姉・晶役の泉里香…。


[PR]
by odin2099 | 2015-01-05 21:37 |  映画感想<カ行> | Trackback(4) | Comments(0)

e0033570_19073969.jpg番組のサイクルが10月スタート9月終了となったことで、8月公開の夏映画(今回は7月公開だったけど)は、制約が大きくなったんだろうと思う。TVシリーズがクライマックスを迎えている時期にそれに匹敵する、或は凌駕するスケールの大きな物語を用意するのはなかなか容易なことではないだろう。しかもTVの邪魔をすることなしに、である。


舞台はヘルヘイムの侵蝕を受けていない平和な沢芽市。若者たちはダンスバトルではなくサッカーに興じているという、我々が知っているのとはちょっと違う沢芽市だ。裕也、初瀬、シド、それに貴虎らシリーズ中に退場してしまったキャラクターも登場とあって、一見するとパラレルワールドでの番外編かと思いきや、一応はシリーズのある地点から分岐しているというエクスキューズを用意して辛うじて枠からはみ出さない配慮がされている。


アーマードライダー大集合によるクライマックス・バトルなど見せ場も多く、TV版への言及もあって改めて観直してみると決してつまらなくはないし、映画としての出来も決して悪いとは思わないのだが、やはりワールドカップに迎合したであろうサッカー要素の導入は唐突な感が否めない。ジェフの佐藤勇人、ジュビロの駒野友人、それに元日本代表のゴン中山を出すくらいならば、メインキャラの中で唯一出番のない紘汰の姉・晶を出す方が遥かにファンサービスではないだろうか。


ところでこの劇場版公開の頃からTVの『鎧武』はずっとご無沙汰だったので、これを機に最終回まで一気に約2か月分を観てみたのだが、その最終回がこの劇場版の後日談になっていたのには驚いた。これによってこの劇場版世界も見事『仮面ライダー鎧武』という番組の一部として組み込んだのはお見事。例えそれが蛇足に近い扱いであったにせよ。

劇場公開時の記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2014-12-28 19:09 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

坂本監督祭りはまだまだ継続中!今回は『ウィザード&フォーゼ』!!


e0033570_20372364.jpgウィザードとフォーゼ、メテオとなでしこの4大ライダーと、終盤に魔法の力で助っ人参戦するW、アクセル、オーズ、バースの先輩ライダーたち。それにイナズマンにポワトリン?!、はたまたキョーダインに続いて悪役化されてしまったアクマイザーも登場!とはいくらなんでもキャラ出し過ぎだろと思ったけれど、それでも面白く仕上げてくるんだから、まー大したもの。
もっともクライマックスバトルはしつこ過ぎて、流石に弛れましたがね…。


この映画で一番驚くのは、福士蒼汰のアクションじゃないかなあ。同じ主役ライダーの白石隼也がかなりスタントマンを使っているのに比べると、福士蒼汰は殆どがノースタントの印象。
危険なシーンは当然スタントマンを起用しているのだろうけれど、本人のアップショットも多いし顔がハッキリわかるショットも多いので、全部自分でこなしているように見える。激しいアクションになると後ろ姿やロングショットが増える白石隼也とは大違い。


実際は白石隼也もかなり頑張ってはいるのだろうけれども、福士蒼汰の身体能力が高すぎるんだろうね。吉沢亮も卒なくこなしているし、おまけにワンポイント出演の渡部秀がこれまた派手な立ち回りを自分でやっているもんだから、余計分が悪い。何しに出て来たのかイマイチわかりづらい映司くんではありますが。


女性陣に目を転じると、先ずは少ない出番ながら原幹恵の頑張りが光る。彼女も殆どスタントを使っていないように見えるし、監督もお気に入りのご様子。以前にも書きましたが今夏の実写版『ルパン三世』、峰不二子を演じたのは黒木メイサだったけれど、ネット住人たちからは彼女を推す声もあったっけ。女優としての格は黒木メイサの方が上かもしれないけど、ことキャラクターイメージで言うなら確かに原幹恵の方がスタイル含めて雰囲気だよな。


で、ゲスト出演に過ぎない長澤奈央もワイヤーアクションを披露してるし、流石に高山侑子はスタントがバレバレだったけどポーズは決まっているので見劣りしないし、スタントを使っているようで意外に自分でこなしてるのが真野恵里菜。伊達にアイドルやってなかったな。


ただここに入来茉里という逸材が登場し、白石隼也と絡むのだからこれはお気の毒。新体操でインターハイ出場経験もあるんだからセミプロ級で、実際彼女はノースタントでポワトリンのアクションを演じきったようで、これは勝負にならないなあ。


アクション抜きの女性キャストは『ウィザード』レギュラーでは奥仲麻琴、中山絵梨奈、『フォーゼ』レギュラーでは清水富美加、坂田梨香子、志保がいて、『フォーゼ』編のゲストヒロインは最近売り出し中の足立梨花と、色々なタイプの女の子を取り揃えたこの映画、メイキングを見ても監督が実に楽しそう(この監督のメイキングで映る現場はいつもそうだが)。
しかし『フォーゼ』編の脇役というか、せいぜい順ヒロイン格の山谷花純が、後に監督のミューズになるとはちょっと想像出来なかった…。


ところでこの作品のキーになってる、弦太朗が持ってる写真。これが切っ掛けで弦太朗は教師を目指すことになった大事なアイテムだけど、ちょ~っと待った!
この写真は未来から来た弦太朗と接触した際に、偶然過去の弦太朗の手に渡ったものだけど、その時点ではまだ写真は撮影されておらず(物語のラストで撮影)、過去からずーっと持っていた写真のはず。…ってことはいつ撮ったんだ、この写真?! 一枚の写真がずーっとループしてる?!
未来の弦太朗から預かった晴人が、過去の弦太朗にフォーゼドライバーを返す時に一緒に渡した、というなら何となくわかるんだけどね。それでも矛盾はするんだが。


あと、アンダーワールドから現実世界に戻ると子供たち(これがサブロウ、ルビィ、コング、ネズミの幼い頃の姿なワケだ)はそのままだけど、上村優は……なんとドーナツ屋の店長だったというオチがつくんだけど、アンダーワールド内では容姿や年齢は自由自在? 戻っても上村優のままか、あるいは逆にアンダーワールド内でもKABA.ちゃんの姿じゃないとおかしくない?


ま、そういうことは考えちゃいけないんだろーけどさ。


関連記事はこちらこちら、そしてこっちも。


[PR]
by odin2099 | 2014-10-30 20:43 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ