【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:坂本浩一 ( 79 ) タグの人気記事

TVシリーズの後日譚となる新作劇場用映画で、沖縄ロケを敢行。海も空も大地も美しいですねえ。
ウルトラマンゼロに、久々登場のウルティメイトフォースゼロ、そしてウルトラマンオーブとジャグラスジャグラーもゲスト出演、となかなか賑やかな映画になっています。

e0033570_22240722.jpg太古の昔、惑星クシアで人工頭脳ギルバリスが作られた。
宇宙に永遠の平和を築くためだったが、ギルバリスはその為には知的生命体は不要と判断、クシアは滅亡させられる。唯一の生き残りアイルは、ギルバリスを止めるための最後の鍵となる「赤き鋼」を持ち出し、地球へと逃れた。
時は流れ現在の地球。ギャラクトロンMK2が出現、朝倉リクはジードに変身して戦うも取り逃がしてしまう。
そこに現れたジャグラスジャギラーによって、ギャラクトロンは「赤き鋼」を狙うギルバリスによって送り込まれたことを知る。

伊賀栗レイトと再会したリクたちは、沖縄の伝説に詳しい女性・比嘉愛琉を紹介され「赤き鋼」の手掛かりを得ようとするが、そこに再びギャラクトロンが出現。愛琉は守護神であるグクルシーサーを呼び出し、辛うじて撃退する。彼女こそクシア人の生き残りだったのだ。

情報を求め宇宙人が不法滞在する酒場へと向かうリクたちだったが、宇宙人に絡まれてしまう。
その彼らを救ったのはさすらいの風来坊クレナイ・ガイ。そして情報屋からクシアとギルバリスの因縁を聞かされ、決意を固めるリク。

ジード、オーブ、そして駆け付けたゼロはギャラクトロンの大群とと戦うものの、ジードの焦りからオーブとゼロがやられてしまう。
消沈するリク。しかし仲間たちがリクを守るべく戦う姿を見、そして「あなたは一人じゃない」というアイルの言葉に、リクは、ウルトラマンジードは再び立ち上がる!

ああ、長々と粗筋書いてしまいましたが、TVシリーズ未見の自分でも何とかついていけるお話でした。
のっけから怪獣やウルトラマンの巨大感も十分に出ていて、「怪獣モノはこうじゃなくっちゃねえ」なんて思ったものです。

等身大の、というか役者さんの生身のアクションが多く、時には「このアクション、いらなくね?」と感じることもないではないですが、まあこの監督の持ち味ですし、みんな楽しそうにカッコよく戦ってますからOKでしょう。
山本千尋が凄いのは十分にわかってますし、岩田栄慶も本職ですから当然と言えば当然なんですが、石黒英雄もゲストヒロインの本仮屋ユイカも容赦なく動かされていて、坂本監督の現場は相変わらずだなあ、と思ったりして。

光の国からはウルトラの父、母、ゾフィー、ウルトラマン、セブンが登場。父の声は西岡徳馬、母は池田昌子、ゾフィーは田中秀幸と「ウルトラマンメビウス」以降の定番キャストが揃いましたが、マンとセブンはセリフなし。一昨年、昨年と劇場版でフィーチャーされたからでしょうかね、今回は無口です。
しかし父はともかく母とゾフィーは聴いていて懐かしい反面、ちょっと寂しくもなってしまいました。

ウルティメイトフォースゼロもオリジナルキャストで集結。どこまで台本通りでどこからアドリブなんだかわかりませんが、自由な雰囲気が伝わってきます。グレンファイヤーあたりは大半がアドリブ?
またこれは台本にあるんでしょうけど、リクを見たジャンボット、「誰かに似てるな」と一言。これにゼロも「そういえば」と同調し、「ちょっとジャンファイト!と言ってみてくれ」とリクエストするのには思わず笑いました。これ、大きなお友だちへの楽屋落ちネタですなあ。
結局は「やっぱり違う」って、おい!

馴染みのない世界、馴染みの薄いキャラクターたちということで、最初のうちはちょっと引いて見ていたんですが、後半は思わず目頭が熱くなる燃える展開に。
終わってみれば、結構ゴキゲンな時間を過ごすことが出来ました。上映時間が70分と短いのも良いですね。

沖縄と言えばシーサー。
ということでこの映画にもシーサーをモチーフにした守護神的怪獣が出てきますが、大した活躍もしないのは某シリーズの某怪獣からのお約束かしらん?



[PR]
by odin2099 | 2018-03-12 22:30 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
「ウルトラマンギンガ」は2本の劇場版が公開されたけれど、新作映画というより未放映のテレビエピソードといった按配だった。
その続編というかセカンドシーズンというべきこの「ウルトラマンギンガS」は、上映時間60分強ながらティガ、ダイナ、ガイア、コスモス、ネクサス、マックス、メビウス、ゼロ、そしてギンガにビクトリーと10人のウルトラマンが大活躍する迫力満点の娯楽編。

e0033570_20465698.jpg冒頭のコスモスとエタルガーの戦いの巨大感、小宮有紗、滝裕可里、小池里奈、最上もがらのあざとい足技中心のアクションetcと序盤から坂本節が全開。
クライマックスバトルでは各ウルトラマンの戦いのシーンに代表的なバトルBGMの再演奏版を配し、最後の決め技の際には主題歌を流す、というのもお約束だが燃える。

デビュー?当時に比べると、流石にワンパターンだ、何だと言われるようになっちゃったカメラアングルやアクション演出だけど、それでも見たい画、面白い絵をかなりの高確率で見せてくれるという点で坂本監督はアベレージの高い方だと思う。
それに変に長編にチャレンジするよりも、これぐらいのランニングタイムの方が凝縮された濃い作品になるような。60分物は90分程度に、90分なら120分クラスの濃縮度ということで。
今春のウルトラ映画には久々の登板だが、さてどれだけ楽しませてくれるだろうか。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/22878060/
https://odin2099.exblog.jp/22898378/
https://odin2099.exblog.jp/23501136/
https://odin2099.exblog.jp/25609385/




[PR]
by odin2099 | 2018-02-27 20:54 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
「キョウリュウジャー」も大好きな<スーパー戦隊>。一年間ずっと追いかけてた。
ん?追いかけてたから好きになったのか、好きだったから追いかけてたのか。
人数多い割にキョウリュウジャーのメンバーはキャラが立ってたし、最初は違和感あったキャスト陣も最後にはみんな愛しく思えて来たし、メインが坂本監督だったっていうのも大きかったんだろう。

そんな「キョウリュウジャー」、夏の劇場版。とにかく元気の出る30分!
この作品も何度も観直しちゃう。

e0033570_17372121.jpg「キュウレンジャー」自体の銀幕デビューは「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー」の顔見せお披露目を経ての「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」だけど、こちらが待望の単独主演作。
ゲストには「スーパーアイドル」中村静香、「かわいい担当」桃瀬美咲、「セクシー担当」佃井皆美、それにデスリュウジャーの声に宮野真守と坂本組がズラリ。

――そういえば中村静香って坂本監督好みだと思うんだけど、その後はお呼びがかからないね。適役がないのか、スケジュールの都合か、それともそれとも…???

要望があればディレクターズカット版の製作も、なんて声もあったけれど、結局実現せず。
DVDの特典ディスクには「未公開&エクステンドシーン」というものが収録されているけれど、きちんと本編に組み込んだ形で見たかったなあ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/20884956/
http://odin2099.exblog.jp/21443728/
http://odin2099.exblog.jp/22295173/
http://odin2099.exblog.jp/25609384/



[PR]
by odin2099 | 2018-02-12 17:38 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
商売上は「ガールズ・イン・トラブル」を単独で第一弾とするのは難あり、と判断したんでしょうが、あちらが後付けの「エピソード0」ではなく、しっかりと伏線張って終わっていますので、先にあちらを見た方がこちらを楽しく見ることが出来るでしょうね。
特にシェリーの変身能力がこのお話の肝になっていますが、そのことはこの作品ではさらっと流されるだけ。
ついでに紅牙が元・宇宙刑事という設定に言及したのもあちらなので、やはり先に見ておいた方が良いかなあ、と。

e0033570_22333055.jpg「ゴーカイジャーVSギャバン」の時は曖昧だった警察組織の問題も、今回のシリーズで解決。
銀河連邦警察は「宇宙警察内部にあって組織犯罪対策を担っている」とのこと。
十文字撃はデカレンジャーたちに対して「あんたら所轄とは違う」と言ってますけど、そういうことなんですね。
また一乗寺烈とドギー・クルーガーが旧知の仲であるという、いわばファン発の後付け設定が今回のドギーの台詞で公認となったワケですが、今度は初代ギャバンとデカマスターが並んで戦う姿が見たいもんです。

紅牙は今回もちゃっかり生き残り、次なる使徒クールギンの元へ。
毎回毎回逃げ延びて次のエピソードへの橋渡しをする役回りだったりすると、それはそれで面白そうですし、監督の寵愛を受けてるだけになまじあり得ない話ではない?
ソフィ長官は彼女のことを知らなそうでしたが、元・宇宙刑事という出自を活かした彼女メインのエピソードも作れそうですし、初代のギャバンやシャリバンのかつての教え子だったり、というような設定はないのかなあ。

こちらのオーディオ・コメンタリーは石垣佑磨・さいねい龍二・林剛史・伊藤陽佑・吉田友一・坂本浩一監督。まあ想像つくように全編通してうるさいうるさい。
現場の楽しげな様子は伝わってきますし、石垣佑磨は意外に?進行を気にしていて、場面ごとの裏話とか補足を入れてきてるので、お宝度もあったりします。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/25858802/


[PR]
by odin2099 | 2017-07-26 22:34 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
「スペース・スクワッド」の円盤を入手したので、今度は時系列順に見直します。

e0033570_21395161.jpgこの映画、オープニングからミスリードを誘う演出が満載。
怪しげなホラーガールとヘルバイラをカットバックで見せ、ジャスミンとウメコはあっさりと惨殺。
と思いきやリセットされ、ループ展開に「?」となってると、ここで種明かし。
シシーが出てきて一気に作品の雰囲気が変わりますが、桃瀬美咲、やっぱ可愛いですねえ。
メイキング映像見ると、ちょっとお肌が荒れてるようなのが気になりますが。
ムードといえば、ジャスミンのポクポクチンも場違いといえば場違いですが、ジャスミンらしいといえば言えるのかなあ。
しかしよく「一休さん」なんて知ってたね、ジャスミン。それに東映+テレ朝だからオッケーなのかしらん?

シェリーとタミーとの邂逅もスムーズですし、謎の女性(苦笑)マキの登場も格好良く演出されてます。
これは川本まゆと佃井皆美の二人がちゃんと動けるからで、それに引っ張られるように森田のすーちゃんも絶妙のやられっぷりを見せてくれてます。その分ジャスミンとウメコは割を食った印象がありますが、主役の彼女たちは最後まで出ずっぱりですからね。

ホラーガールもとい銀河連邦警察のバーディー刑事部長から一連の経緯が説明され、物語は第二ステップへ。
ここからは紅牙が登場したりで、序盤のホラームードとは別の殺伐とした展開が待っているのですが、圧巻なのは原幹恵の身体能力の高さでしょうね。
ただ可愛い女の子がワーワーキャーキャー言ってるだけじゃアクション映画としては面白くもなんともありません。うわー、すげえ!というシーンがスタント丸出しじゃなく、本人がきちんとこなしていることがわかって初めて感激も倍加するワケです。

紅牙は途中で離脱して本編へ(笑)。
ヘルバイラはアリエナイザーとして見事にデリート許可!
ということで55分間はあっという間に終わります。
メイキング見ると楽しそうだし、人見早苗が演じたビビアン以外、名前がクレジットされない女性警官たちもきちんと設定されてることがわかりますし、木下あゆ美・菊地美香・森田涼花・桃瀬美咲・川本まゆ・坂本監督によるオーディオ・コメンタリーの噛み合わなさには失笑を禁じ得ませんし、人を選ぶタイプの作品なので好き嫌いはあるかと思いますが、僕個人としては全面的に応援します。
次もヨロシク!

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/25860832/


[PR]
by odin2099 | 2017-07-25 21:42 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
東映版「アベンジャーズ」、日本版「アベンジャーズ」なんていう謳い文句を聞く度に「またそんなこと言って」と思っていたけど、まさかまさか、ひょっとするとひょっとするかもしれない新路線の誕生?

簡単に言うと恐るべき巨大な犯罪組織「邪神教・幻魔空界」に二代目ギャバンとデカレンジャーが立ち向かうというお話なのだが、この両雄の共闘が実にスムーズだしお互いのキャラも立っている。
やっぱり単に仮面ライダーやスーパー戦隊を一杯出して共演させれば良いってもんじゃないよね。

e0033570_21505970.jpg対する敵方、「幻魔空界」十二使徒のひとりとして登場するのが「ギャバン」とも「デカレンジャー」とも無関係のマッドギャラン(「巨獣特捜ジャスピオン」)と、「幻魔空界」諜報員のくノ一・紅牙(「世界忍者戦ジライヤ」)なのも不思議と違和感はないし、ドギー・クルーガーが一乗寺烈と旧知の仲だったり、初代ギャバンのレーザーブレードがエジンの星で鍛えられたものだったりと、小ネタもかなり放り込んできてる。なんせ非公認戦隊ネタまで…?!

ラストは新しく組織された<スペース・スクワッド>のキャップにギャバン=十文字撃が任命され、これからメンバーをスカウトしていく、というところで終るのは、おお、アベンジャーズ! 
<マーベル・シネマティック・ユニバース>!

この時にメンバー候補として映し出されるのがシャリバンやシャイダーは当然として、ジャスピオン、ジライヤ、ジバン、エクシードラフト、ジャンパーソン、ブルースワット、ビーファイター、デンジマン、フラッシュマン、ファイブマン、ギンガマン……本当に呼ぶのか?
そして幻魔空界の次なる刺客はクールギン(!)だそうで、ここまでやったら是非ともシリーズ化して欲しい。

キャストに目を転じると、二代目がすっかり板についてきた石垣佑磨が相変わらずの暑苦しい演技とアクションを披露。この昭和っぽいヒーローっぷり、嫌いじゃないぜ。
デカレンジャーサイドでは、ウメコの菊地美香の出番が多めで今回のヒロイン格。反対にバン役のさいねい龍二はスケジュールの都合かあまり出てこない。
声だけだったけどマッドギャランの春田純一は流石の存在感だったし、元祖ギャバンの大葉健二は今回もキレのあるアクションを見せてくれる。レジェンドだよなあ。

ギャバンの相棒シェリー役の森田すーちゃんは、見ていて可哀想になるくらい徹底的に痛めつけられるし、紅牙の原幹恵、なんか一番目立ってませんか、監督? ちゃっかり生き残ってるから、こりゃ続編にも出演必至でしょう。

ということでこのシリーズ、変に大所帯になって「スーパーヒーロー大戦」みたいに収拾がつかなくならなければ、和製「アベンジャーズ」、行けるかも!

ところでこの映画を見る前に「宇宙戦隊キュウレンジャー」Space.18「緊急出動!スペースヒーロー!」を見たのだけれど、これって映画の前日譚という位置付けなのか。
あんまりうまく繋がってるようには思えなかったけどね。
[PR]
by odin2099 | 2017-06-19 21:52 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(0)
「シャリバン」編に続き、今度はシャイダー=烏丸舟を主人公にした「NEXT GENERATION」の後編。この両作品では別々の事件が描かれるが、ギャバン=十文字撃が追いかけている更に別の事件が二つの物語を繋ぐ、という構成になっている。
このパターン、同じ坂本浩一監督の「仮面ライダーフォーゼ×仮面ライダーオーズ MOVIE大戦MEGA MAX」と似た趣向で、あちらでは「オーズ」の物語と「フォーゼ」の物語を、インターミッションで登場する仮面ライダーWが繋ぐ、という流れになっていた。

シリアスな「シャリバン」編と打って変わり、こちらはかなりのドタバタ劇、気恥ずかしくなるくらいのラブコメを正面切って描いている。シャイダーとタミーのバカップルっぷりは、微笑ましいというより呆れるほど。しかし根底にはハードな隠しテーマも内包されているので、終盤ではお笑い一辺倒ではない熱いドラマも繰り広げられる。

また旧作からの繋がりとしてはアニー役の森永奈緒美と、大山小次郎の鈴木正幸の出演が嬉しい。
特に昔のまんまの「小次郎さん」の姿は、オールドファンには感泣モノ(写真のみ出演の沢村大=円谷浩も…)。ぜひ次の機会には一乗寺烈や伊賀電との再会も描いて欲しいものだ。

e0033570_06400771.jpg最後は「シャイダー」編だけでなく「シャリバン」編から続いていた、大きな事件の黒幕が明らかになる展開が用意され、そこで初めて3人の宇宙刑事が揃い踏み。その鍵を握る少女を演じているのが、坂本組常連の山谷花純で、彼女の狂気に囚われた演技は必見。その後も順調にキャリアを重ねている彼女、監督は見る目があったんだなあ。

せっかく復活した<宇宙刑事>だったが、この2作品に続く新作は作られ仕舞いで残念な思いをしていたが、ようやく「特捜戦隊デカレンジャー」との共演という形で新作が作られることに。今度こそ、本格的に<宇宙刑事>を復活させて欲しいものだ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22552824/


[PR]
by odin2099 | 2017-06-16 06:41 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」「スーパーヒーロー大戦Z」もギャバンが主役で、シャリバン、シャイダーはゲスト扱いだったが、今度はその二人をそれぞれ主役に据えたVシネマが作られた。
それぞれ独立した作品でありながら、実は裏では繋がっていて実質的には前後編になっているという贅沢な作りで、ソフトは間を開けて別々に発売されたが、試写会で二本続けて見ることが出来たのは幸いだった。

e0033570_21362584.jpg「シャリバン」編はかなりハードな作り。
ネオマドーを名乗る犯罪集団にシャリバンと、同郷の宇宙刑事エステバンが挑むが、その一方でシャリバンには銀河連邦警察内のスパイを暴く別命も与えられていた。
何事も計算づくでクールに振舞うシャリバン=日向快が、計算だけでは解決できないこともあることを悟り、熱い人間性を開放するという成長譚になっていて、初代シャリバン=伊賀電が投げかけた「宇宙刑事って何だ?」という問いかけが全編に重くのしかかる。

シャリバン役・三浦力のストイックな演技、エステバン役・馬場良馬の振り幅の広い芝居、テレビシリーズよりも踏み込んだバイオレンス描写が特徴な<宇宙刑事>版のフィルム・ノワールといった重厚な仕上がりだ。

坂本浩一監督のミューズ(何人いるんだ?)の一人桃瀬美咲がシャリバンのパートナー、シシー役で愛嬌を振りまいている。
本来はアクションの出来る娘だが、今回はそれを封印してるようでちょっと勿体ない。
そして伊賀電役の渡洋史が画面を締めている。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22469858/
[PR]
by odin2099 | 2017-06-14 21:44 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
そういやこの作品、オープニングでクレジットされるのって「プロデューサー」と「音楽」、それに「監督」だけなんだよね。これってかなり珍しい。
っつーか、他にあるのかな。
大概は「脚本」や「出演者」くらいはクレジットされるもんだけど。

出演者のビリングトップは南翔太。しかしレイが出てくるのは20分過ぎ。
それまではメビウスが中心だし、ゼロが出てきちゃうとそっちに中心が移るので、主人公がリレー方式で代わっていくというかなり歪な構成。
でも見ていて違和感を抱かないのは、物量作戦でグイグイ押していくからだろうね。
その局面局面でタロウだったりセブンだったり、十分に主役級の見せ場を与えられているキャラが他にもいるし。
それでも破綻しなかったのは脚本と演出の力なんだろうなあ。

e0033570_23241981.jpgということで、事実上日本初見参となった坂本監督だけど、プロデューサーの第一の功績はいわば無名の、しかも円谷プロとは仕事をしたことない人間を監督に据えたことだろう。
興行成績は芳しくなかったようだし、アクが強いだけにその演出技法や作品へのスタンスには批判もあるけれど、今日の特撮界、ヒーロー映画界への坂本監督の貢献度はかなりのもの。
実際この人がいなかったら、ウルトラマンも仮面ライダーもスーパー戦隊も、今日ここまで盛り上がっていなかったんじゃないのかなあ、大げさに言うけれど。

この人の「好きなことを徹底的に貫く」という姿勢は、従来の製作陣にはあまり見られなかったもの。
第一期ウルトラシリーズ世代にはとりあえず目をつぶり、第二期シリーズ世代にターゲットを絞ったことも功を奏したと言えそう。
これにはもちろんベースになった「ウルトラマンメビウス」という作品が、この第二期シリーズ作品に回帰して、ウルトラの星やウルトラ兄弟の設定を臆面もなく前面に出していたから、というのもあるけれど、照れずにそれを押し通した監督、それを許したプロデューサーたちの頑張りがあったればこそ、だろう。

基本は着ぐるみによるコスチュームプレイが中心なだけに、監督のもう一つの持ち味であるところの「女性」要素は皆無に近いけれど、よくよく見るとハルナ隊員はそれほどでもないものの、ウルトラの母やユリアンの動きはどことなく色っぽい…?

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22279019/


[PR]
by odin2099 | 2017-05-27 23:25 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20225337.jpg<タツノコプロ創立55周年記念>作品。
ストリートファイターあがりの探偵が、強化服を身にまとってヒーローとなるというアクション映画。
監督は坂本浩一で、出演は溝端淳平、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜、出合正幸、加藤貴宏、佃井皆美、中村浩二、神保悟志、長谷川初範。

一体これのどこが「ポリマー」なんだ?
ポリマーといえば、自称”二代目シャーロック”の車探偵長やセントバーナード犬の男爵といったキャラクター、それにメカへの転身が欠かせない要素だけれども、全てオミット。
ところが単独のヒーロー物、そしてうだつの上がらない探偵とドジな新米警官のバディ物としても結構面白い。

全然期待していなかった溝端淳平が思いの外好演で、山田裕貴とのコンビも好調。ポリマーに転身しなくてもいいからこのコンビで続編かスピンオフを見てみたい。
山田裕貴といえばクールなゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役のイメージが強いけど、坂本組では「俺たち賞金稼ぎ団」に続いての情けない役がなかなかハマってる。
唯一アニメ版とのイメージの乖離が一番少なかったのは、南波テル役の柳ゆり菜。監督、わかってるねえ。

e0033570_20215918.jpg出合正幸、加藤貴宏、佃井皆美、中村浩二、それに榊英雄、島津健太郎、人見早苗ら坂本組常連と言えそうなお馴染みの顔ぶれが揃ってるのが安心感を与えてくれるが、中でも特筆もんは原幹恵。わざわざジッパー降ろして胸元を強調し、顔を近づけて「私のこと好きなんでしょう?」と迫ってくるのはヤバ過ぎ。
地味目のリケジョと露出多めのアクティブでセクシーな美女、その両方を演じさせるなんて、監督どんだけ彼女のこと好きなの?って感じ。元々このキャラは、彼女のアテ書きだったみたいだけど。

神保悟志の出番が少ないなあと思っていたら終盤は大暴れだし、長谷川初範はお父さんなのかと思ったら一捻り?あったし、人見早苗のブラ見せがあったり、ギャルメイクの佃井皆美ちゃんが可愛かったりと、坂本監督ならではの見せ場は沢山。
アニメとは全く別物だけど、それでも「キャシャーン」や「ガッチャマン」に比べりゃ遥かに「ポリマー」だった。
ラスト、シャーロック君は警察辞めて探偵事務所に飛び込んでくるかと思ったけど、まあこういう終わり方もアリかな。

ただ一つだけ注文を。
クライマックスバトルで「戦え!ポリマー」流してくれるのはテンション上がるんだけど、ここはカバーじゃなくオリジナル版で行って欲しかった!

さて、残るは「宇宙の騎士テッカマン」の実写化!
誰か手を挙げる猛者はいないもんかね。

【ひとこと】
そういえばこの作品って、昨年の2月頃の撮影だったとか。
随分間が空いたもんだねえ。
まあ記念作品だからタイミングを計ったんだろうけど、もっと早く見せて欲しかったな。

[PR]
by odin2099 | 2017-05-14 20:27 |  映画感想<ハ行> | Trackback(5) | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ