【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

先週、松本へ行ってきました。
目的地は勿論”国宝・松本城”、今年初めての登城です。
松本もやはり暑かったのですが、東京に比べるとまだ湿度が低い気がしますね。
同じ暑さでも、東京ほど「空気が重い」とは感じませんでした。

さて、松本城を訪れるのは今回が二度目。
前回は2010年の2月、松本城は雪景色でした。
e0033570_18282340.jpg
この時は寒かったなあ。
e0033570_18303412.jpg
今回は、ほれ、ご覧の通り。
e0033570_18305236.jpg
そして旧開智学校へも足を延ばします。
e0033570_18300680.jpg
お城のすぐ裏手にありますので、セットで回るには丁度良いですね。
e0033570_18295952.jpg

これが松本駅。
e0033570_18284365.jpg
お城口と西口とでは随分と雰囲気が違います。
e0033570_18285182.jpg
また違う季節に来てみたいなあ。
e0033570_18311958.jpg

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/12106042/
https://odin2099.exblog.jp/12247320/


[PR]
by odin2099 | 2018-08-04 18:33 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
e0033570_20302865.jpg自然災害の多い日本では景色や建物も失われてしまう。
その前に映像として記録し、「日本を目に見える、耳で聞こえる形で後世に遺す」ということで、東日本大震災以降に「ピース・ニッポン・プロジェクト」が立ち上げられた。

この作品は北は北海道から南は沖縄までの200カ所以上で、8年の歳月をかけて空撮を中心に日本の様々な”瞬間”を捉え、「日本人にもっと日本を知って欲しい」というコンセプトでまとめられたとのこと。

富士山は勿論のこと、阿寒湖、釧路湿原、白神山地、蔵王、中禅寺湖、小笠原諸島、白馬村、上高地、白川郷、比叡山、高野山、鳥取砂丘、鞆の浦、阿蘇山、屋久島…といった自然から、出雲大社、伊勢神宮、二条城、姫路城、日光東照宮、伏見稲荷神社、東大寺、松本城、竹田城、鶴岡八幡宮、金沢城、東京タワー、レインボーブリッジ、東京スカイツリーといった建造物、はたまた隅田川や諏訪湖、いたばしなどの花火大会etc、多岐に亘る”日本の風景”がカメラに収められている。

監督は中野裕之、出演は渡辺大と及川さきの、ナビゲーターは小泉今日子と東出昌大。

全編通して美しい映像のオンパレードで、かつ個人的には多くのお城が収められているのが嬉しい限り(震災前の熊本城も)。ただ美しすぎるが故に何度か記憶をなくす瞬間があった。
また毎度思うことだが、この手の作品の”語り”はやはり本職を使うべきだし、その”語り”が入る場面のBGMとして歌モノを流すのもいただけない。
気持ちの良い映像には、気持ちの良い”音”を是非お願いしたいところだ。


[PR]
by odin2099 | 2018-07-23 20:34 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
1969年12月に始まった<東宝チャンピオンまつり>、翌年3月の第二回興行の柱となったのはこの作品。
年三回興行全てに新作をアタッチするのは不可能。新作は年一本で、残り二回はリバイバルで乗り切る。
その第一弾に選ばれたのが「キングコング対ゴジラ」でした。

e0033570_19411116.jpgタイトル前にいきなりクライマックスのゴジラとコングの激突シーンを持ってきて本編スタート。掴みはOK、というワケですね。
そして物語はハイテンポでサクサク進みます。
流石オリジナル公開版から20分以上もカットした短縮版、トータル上映時間は74分とタイトですから当たり前といえば当たり前。枝葉を削っちゃってるのでキャラクターの相関関係やらお話やらは多少わかりにくくはなってますが、その分二大怪獣の対決ムードは高まっているかも。

再三書いてますけど、この映画って世間で絶賛されてるほど面白いとは思ってないのは、人間側のドラマが濃すぎてかつコメディ色が強すぎるからというのも理由ですが、本編を容赦なくバサバサ切ってるからこちらの要素も薄められ、ある意味ではオリジナル版よりも愉しめたりして。

ところでこの作品ではパシフィック製薬とセントラル製薬(ネーミングはプロ野球のリーグのもじりだそうで)の企業対決というものが裏で描かれてますけど、なまじっか「キングコングのスポンサーです」なんて名乗ってしまっただけに、パシフィック製薬への風当たりは強く、またコングの被害者から訴えられそうですね。
で、セントラル製薬が漁夫の利を得てライバルに圧勝する…かどうかはさておき、作品世界で一番得したのは佐原健二が務める会社でしょう。
「鋼より頑丈で絹糸よりしなやか」、この効果は絶大でしたからねえ。

来年にはレジェンダリー版「ゴジラVSコング」が見られそうですが、この作品とは似ても似つかぬものになるでしょうけど、それはそれで期待したいところです。

【ひとこと】
そういや熱海城ってきちんと訪れたこと、なかったなあ。
ちっちゃい頃に前を通りがかっただけだったかな?
中に入ったという記憶はないんだけどなあ。今度覗いて見ようかな。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3276982/
https://odin2099.exblog.jp/8958172/
https://odin2099.exblog.jp/25169558/




[PR]
by odin2099 | 2018-03-09 19:44 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
テレビ版は「仮面ライダードライブ」とコラボしたスペシャルしか見てないですが、この劇場版は結構好きです。
やはりお城好きとしてもチェックしておかねばなあ、という気持ちになります。

今回は「忍隠れ城」というお城が舞台になってますが、ここが色々なお城の寄せ集め。
メイキング見るとハッキリしますが、あちこちロケして上手く組み合わせてますね。
これ、お城マニアならすぐわかるのかなあ。

e0033570_10595905.jpg天守周りは彦根城で撮影、城門などは小田原城、石垣周辺で飛び降りたりのアクションは上田城、駆け上るのは伊賀上野城、更に屋根の上を走ったりそこから飛び降りたりは東映城、つまり太秦の撮影所が使われてます。カットが変わると違うお城、というのは普通の人は気付かないでしょうねえ。
他にも伊賀上野城に隣接した忍者屋敷や俳聖殿、甲賀の油日駅や油日神社などでもロケが行われ、トータルで「忍隠れの里」という空間を作りあげているのです。

各地で6人の素顔のニンニンジャーたちは、スタントかな?と思うと本人だった、というスタントを結構やらされてますけれど、それだけじゃなく行く先々でエンディングに使うダンスシーンの撮影で踊らされてるんですからご苦労さまでした。

テレビシリーズでは「忍者戦隊カクレンジャー」、「忍風戦隊シュリケンジャー」果ては「世界忍者戦ジライヤ」とのコラボを実現させている「ニンニンジャー」ですが、殿さま絡みのこのお話を見ると「侍戦隊シンケンジャー」とのコラボもあって良かったかなあという気がしました。
志葉の殿…の出演は難しいでしょうけれど薫姫なら。
それに流ノ介や千明たちも出てくれたら……などと妄想は膨らむのです。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/23540554/
https://odin2099.exblog.jp/23956715/



** おまけ 優花ちゃんのダンス **

[PR]
by odin2099 | 2018-02-25 11:04 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
休み中、最後の登城は小田原城。
e0033570_21412326.jpg
去年の夏にも行ってますので一年ぶりです。
幾つかお城を見て回りましたが、土塁や空堀のお城ばかりだと、やはり例え鉄筋コンクリート製であっても堂々たる天守を拝みたくなります。
ただ今回はまっすぐお城を目指すのではなく、駅の反対側へ出てみました。
城山公園というところへ行こうとしたのですが、アレレレレ…?
e0033570_21363319.jpg
とりあえず上を目指してみます。
e0033570_21370535.jpg
やっと天守が…見えた!
e0033570_21371434.jpg
今度は山を下って、いわば裏手からお城へ。
e0033570_21321305.jpg
懐かしいロマンスカー!
e0033570_21331415.jpg
e0033570_21380619.jpg
e0033570_21402293.jpg
門、工事中でございました。
e0033570_21340214.jpg
e0033570_21341321.jpg
発掘調査も終ったようですね。
e0033570_21354493.jpg
e0033570_21355101.jpg
e0033570_21404620.jpg
e0033570_21383928.jpg
天守には登らず、下から眺めるのみ。
e0033570_21414925.jpg
e0033570_21415501.jpg
e0033570_21420396.jpg
意外に近くじゃないと天守って見えないんですよねえ、ここ。
e0033570_21393796.jpg
小田急線、二階建て車両あったのね。
e0033570_21313214.jpg


[PR]
by odin2099 | 2017-09-01 19:52 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
この日は京成線に乗って佐倉へやってきました。
e0033570_11081633.jpg
お目当ては二カ所あって(いや、ホントはもう何か所かあったんだけどグロッキーしてリタイヤ)、まず向かったのは佐倉城址公園。
e0033570_11082471.jpg
e0033570_11083207.jpg
駅から遠い方へ先へ行って段々と駅へ戻ってこようと思ったんですけど、着いたのが予定よりかなり早くて(そのお蔭で電車は空いていたけれど)、開いているのがこっちしかなかったから…。
それでも開館前だったから歴史民俗博物館へは寄れなかったんですけどね。
e0033570_11083933.jpg
ここは石垣のないお城。
遺構として残っているのは土塁と空堀、水堀です。
e0033570_11062066.jpg
石垣のない天守跡というのもなんか微妙…。
e0033570_11062937.jpg
e0033570_11063829.jpg
櫓とか門とかが残ってないので、知らない人からすると「ここお城?」という感じかもしれませんが、なかなか良い感じ。
e0033570_11093358.jpg
e0033570_11094142.jpg
e0033570_11094804.jpg
e0033570_11095514.jpg
しかし起伏に富んでいるので足に来ます。
e0033570_11103715.jpg
e0033570_11104429.jpg
e0033570_11105130.jpg
e0033570_11105765.jpg
それにしても長閑でした。
e0033570_11110360.jpg

[PR]
by odin2099 | 2017-08-27 11:12 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
躑躅ヶ崎館は甲府駅の北側にありますが、この城は南側。
以前中央本線に乗っていて、こんな線路際にお城があるのか?!と驚いて以来、ずっと気になっている場所でした。
e0033570_19475182.jpg
e0033570_19421528.jpg
e0033570_19422512.jpg
住宅案内のチラシ風に言えば、駅歩0分ってとこですね。
e0033570_19391011.jpg
駅の南側には武田信玄の像があるんですが、この城は武田氏関係ないですね。
e0033570_19375190.jpg
武田氏滅亡後に躑躅ヶ崎館に代わって建てられたのがこのお城ということになるはずです。
e0033570_19413612.jpg
立派な天守台があり今は天守の復元計画も進められているようですが、実は甲府城に天守があったという決め手がない。
ということでなかなか進展しないようです。
e0033570_19405841.jpg
今は昔と違って簡単にトンデモ天守を建てることが出来ないんですよね。
e0033570_19470668.jpg
e0033570_19463446.jpg
e0033570_19464234.jpg
e0033570_19464980.jpg
e0033570_19465793.jpg
また駅歩0分はいいんですが、ぶっちゃけ城跡を線路が分断しちゃってます。
e0033570_19395496.jpg
だから北側に舞鶴城公園とは別に歴史公園というのを設けて門を復元したりしてます。
e0033570_19400213.jpg
苦労の後は窺えますが、なんだかガッカリですねえ…。
[PR]
by odin2099 | 2017-08-26 19:49 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
今度は手軽な場所、ではなくちょっと足を延ばして甲府までやってきました。
e0033570_08410541.jpg
人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり
e0033570_08473288.jpg
――で、武田氏にはお城がなかった、なんて誤ったことを教わった気もするなあ、遠い昔に……
e0033570_08474086.jpg
さて、ここは信虎、晴信、勝頼の三代に亘った武田家の本拠地です。
e0033570_08474844.jpg
ただ城址としてよりも、地元ではやはり武田神社として認識されてるような気がします。
e0033570_08482856.jpg
案内板の表示も「武田神社」となっていて、それが国指定史跡「躑躅ヶ崎館跡」にある、ということのようです。
e0033570_08483790.jpg
武田氏館跡」という呼び名もあって、「日本100名城」へはその名前で登録になっています。
e0033570_08484418.jpg
さて、甲府駅から北へ一本道、距離2.2km、というので楽勝だと思ったのですが、然にあらず。
ずーっと緩やかな登りになっていて、しかも目的地が見えないので自分がどのくらい歩いたのかがわからないのです。
通りには色々案内が出てるんですよね、ここは誰それの屋敷跡だとか。
e0033570_08443928.png
でも肝心の城跡(武田神社)まであとどれくらい、とかは書いてなくてひたすら真っ直ぐ進みます。
途中で山梨大学が左右に現れ、やれやれあともう少し、と思ったのですが、その後も結構ありました。
e0033570_08411329.jpg
目的地に着くと神社はほぼスルーして境内の外へ。
e0033570_08412588.jpg
発掘調査された大手門東史跡公園を堪能。
e0033570_08452738.png
ぐるっと周囲を廻ってみましたが、思っていたよりも広い範囲が確保されてるみたいですね。
e0033570_08454608.png
そうはいっても周辺は殆どが民家でしたけど。
e0033570_08460116.png
あまり「お城を見た」という気分にはならないところかも知れないです。
e0033570_08505868.jpg
e0033570_08510698.jpg
e0033570_08511509.jpg
はてさて、これはなんじゃろう???
e0033570_08521922.jpg

[PR]
by odin2099 | 2017-08-25 08:55 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
最近はすっかりお城見物もご無沙汰。
e0033570_19021975.jpg
というワケで手っ取り早くお城成分補給のため、皇居へ。
夏休みなんでブーラブラしております。
e0033570_19082391.jpg
e0033570_19083006.jpg
夜は雨、なんていう予報が出ていたのに、いきなり朝から雨!
e0033570_19044594.jpg
まあそれにもめげずにざっと桜田門から大手門あたりまで歩きました。
e0033570_19083826.jpg
この日は月曜日だったから東御苑には入れなかったんですが、それでも平日の朝から多くの人が詰めかけてますねえ。
e0033570_19065269.jpg
外人さんも多かったけれど、今日が休みってことを知らないのかな。
e0033570_19092444.jpg
e0033570_19093309.jpg
富士見櫓がバッチリ。
e0033570_19030345.jpg
天守代用の櫓だけあって、江戸城跡のシンボルマークになり得ると思ってるんですが、もっと近くまで行けるようにしてもらえないですかねえ。
e0033570_19025486.jpg
天守復元計画もありますが、こちらはハードルが高くて実現の可能性が低いですが、そうなればなおのこと、これをもっとアピールして欲しいのですが、ダメなのかなあ。
e0033570_19072886.jpg
e0033570_19073608.jpg
e0033570_19054215.jpg
e0033570_19055092.jpg
e0033570_19094070.jpg
帰り、将門首塚に寄ってみました。
e0033570_19013068.jpg
周囲は工事中ですが、ここだけはアンタッチャブルなんですね、相変わらず。
e0033570_19014229.jpg

[PR]
by odin2099 | 2017-08-24 19:12 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
e0033570_07134408.jpg「絢爛天守閣も堅固な山城も一挙掲載」、「全国の103城を最新写真で徹底解説」と銘打たれた<双葉社スーパーMOOK>の一冊。
定番のお城から知名度のあまり高くないものまで、割とバラエティに富んだセレクトがされてる印象があります。

取り上げられている城の数が多いので、写真の点数としては豊富とまでは言えませんが、どんなお城なのかなあと興味をそそられる構成にはなっています。

ただ初心者向け、入門書という位置付けなんでしょう、お城のデータとしてはそれほど細かくは記されていません。
そこにどのような歴史があったのか、あるいは実際に訪ねてみたいと思った際のルートなどは、別の本にあたった方が良さそうです。
あくまで最初のプランニングのための参考書と考えれば、よくまとまっていると思います。


[PR]
by odin2099 | 2017-05-13 07:14 | | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ