人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:東映ヒーロー ( 672 ) タグの人気記事

またまた引っ張り出してきた昭和ライダー映画の一本。
主役はスーパー1で、8人ライダーはあくまで彩り。
そして拳法主体のアクションは見せ方にも工夫を凝らし、なかなか見応えのあるものになっているお気に入りである。

ところで昨今のウルトラシリーズやスーパー戦隊シリーズでは、レジェンドヒーローの共演に際しオリジナルへ対するリスペクトが強く感じられるようになっているのに対し、どうも今一つに思えてならないのが昭和ライダーの扱い。

オリジナルの役者を連れてきたり、当時を彷彿とさせるようなアクションシーンなども垣間見られるものの、あくまで現代的にリメイクしました、という感が強い。
ここ十年近くでも藤岡弘をはじめとして、速水亮、菅田俊、倉田てつをらの出演を実現させたのは評価出来るのだが、どうしても物足りない。

ウルトラシリーズやスーパー戦隊での客演と比較して何が足りないのかというと、こだわりと愛情だろうか。
というとざっくりし過ぎなのだが、もっと端的に言ってしまえば「音」!
音楽と効果音なのだ。

特にウルトラシリーズでは主題歌のみならずBGMもお馴染みのものを使い、効果音も当時のものを再使用している。
ところが仮面ライダーはどうか。
辛うじて効果音はオリジナルのものが徐々に使われるようになったものの、主題歌すら使われない。
仮面ライダー1号は本郷猛=藤岡弘が変身するから本物なのではなく、やはり菊池俊輔メロディーを背負って戦ってくれて初めて本物なのだ。

というとこの作品の時点で既に客演ライダーの声はテアトルエコー所属の声優さんの持ち回りだし(V3だけは宮内洋がアテている)、効果音もアクションも往時を再現してるとはいいがたいが、それでも足りない部分を菊池メロディーが補っている。
シリーズ物とはいえ、今は別作品の音楽を流用すると別に使用料金が発生するらしいのだが、金をかけるべきところはかけるべき。
手を抜いても良いことは一つもない。
『仮面ライダースーパー1』_e0033570_07532143.jpg
『仮面ライダースーパー1』_e0033570_07533291.jpg
しかしこの作品、舞台となる場所の距離関係とか、経過時間(日数)とか、よく考えると(考えなくても)色々と不思議だなあ。
山彦村は東北地方にあるはずだが、村が燃えてるのが赤心寺から見えるみたいだし、村から逃げ出した子どもたちは歩いて東京まで出てきたのか?
事件発生から東京の学校へ転校するまで一週間程度でもう馴染んでるし、後半では再び歩いて東北へ。
それとも東北といいつつ、実際は北関東あたりに住んでいるんだろうか。
うーん。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/2227237/
https://odin2099.exblog.jp/22962202/
https://odin2099.exblog.jp/25636110/
https://odin2099.exblog.jp/27767527/


by odin2099 | 2021-01-16 18:17 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
当時から渋くて格好良いとは思ってたが、最近の戦隊に比べるとやはりシンプル、かつ強そうに見えるデザインは結構好きだ。
そしてキャストも作品そのものも、どことなく大人っぽい。

『電子戦隊デンジマン』_e0033570_19344210.jpgこの劇場版も何度も見返したくなる一遍だ。
テレビシリーズの2話分近い上映時間があるものの、テレビのエピソードからの流用も多く水増ししている印象が強いのが残念だというのは毎度書いているのだが、それでも劇場版ならではのスペシャルな感じは十分に伝わってくる。
いつか劇場の大スクリーンで見たいものだが、その機会は訪れるだろうか。

そういえばこの劇場版、デンジピンクこと桃井あきらの出番が比較的多め。
放送当時は特に何とも思わなかったのだが、放送終了後に彼女が”大きなお友だち”の間では人気が高かったことを知ってから彼女を見る目が少々変わり、それ以降は再放送やらビデオやらを見る際も自然と彼女に注目するようになってしまった。

可愛いというよりちょっと大人びたルックスが、当時の自分には受け付けにくかったのかもしれないが、改めてみると奇麗な人だなと思う。
この劇場版でもビキニ姿を披露したりベーダー一族に捕まって緊縛されたりで、”大きなお友だち”は愉しんだのだろうな。

そして一人だけ派手なことをさせられてるデンジブルーこと青梅大五郎。
流石JAC第一期生だけのことはある。

【ひとりごと】
劇中で、デンジマンたちもデンジ星人の子孫かも?という話が出てくるが、逆にそうじゃない方が不自然だと思うのだが…。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3648494/
https://odin2099.exblog.jp/22932112/
https://odin2099.exblog.jp/25608741/
https://odin2099.exblog.jp/27511339/


by odin2099 | 2021-01-07 21:29 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
新型コロナ禍の影響で夏の映画が延期になり、冬の映画が変更になり…という中で作られた「仮面ライダーゼロワン」の劇場用新作映画。
ストーリーは夏映画用に用意されていたもので、これに「テレビシリーズ最終回後」の要素を付け加え、改定したものだそうだ。

『仮面ライダーゼロワン/REAL×TIME』(2020)_e0033570_10533053.jpg最終回以後の物語ということなので、例によってテレビを見ていなかった自分はチンプンカンプン。
仮面ライダーがいっぱい出てきて、あれ?コイツは敵じゃなかったっけ?
いつの間に共闘するような仲になったんだろ?
と思いながら見ていたのだけれども、段々と或人とイズのドラマ、いや正確にはイズ役の鶴嶋乃愛の演技に引き込まれていた。
細かい設定とかはわからないけれど、彼女、良いキャラクターだな。アイドル扱いされるのもわかる(このタイミングで恋愛がスクープされちゃったのはマイナスかも?だけど)。

ライダーたちの倒すべき相手が途中で変わってしまい、しかもそれが真のラスボスというわけでもない、いわば裏切り者的ポジションなので事件解決に際してのカタルシスが一気に下がってしまうのは気になったが、一つの物語を終えた”その後”への希望をつなぐという意味では、この締めくくりも悪くはないかも。

それにしても山本耕史で始まり、伊藤英明で終わる。
「仮面ライダーゼロワン」ってなかなか”押えた”作品だったのだなあ。

ちなみにこのサブタイトル、劇中時間と上映時間がほぼ同じ、ということを意味してるのだろうか。


by odin2099 | 2021-01-03 10:57 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(0)
冬の仮面ライダー2本立ての一本。
「劇場短編」とわざわざ断りを入れているが、上映時間は15分ほどか。

『仮面ライダーセイバー/不死鳥の剣士と破滅の本』(2020)_e0033570_17283491.jpg突然”悪い”ライダーが世界を滅ぼし始め、そこに”善い”ライダーが6人集まり立ち向かうというだけの内容。
結局今回もテレビシリーズ見ずに挑んでるということもあるのだけれど、この”悪い”ライダーがなぜ唐突にこんなことを始めたのかとか、”善い”ライダーたちはどうして集ってるのとか、そういった説明は一切なし。

「起承転結」でいうならば「起」と「承」を吹っ飛ばし、いきなり「転」から始まってるようなもの。
以前「最初からクライマックスだぜ!」が決め台詞の先輩ライダーがいたけれど、これは本来なら30分なり60分なりをかけて描くべきはずのストーリーだったんじゃないのかな。
元々は通常の「MOVIE大戦」改め「ジェネレーションズ」枠の「セイバー」パートとして用意されたものだった、と考えれば辻褄は合う。
まあ真相はわからないが。

DVDで出てる再編集モノ「HERO CLUB」だってもっと尺があるんだから、むしろ「仮面ライダーセイバー」という作品、それにキャラクターたちのPVみたいな内容にしておけば無難だったんじゃないかなあとも思うが、それじゃあ劇場にわざわざ足を運んでくれた子どもたちに申し訳ないってか。
バトルシーンは確かに迫力あるけれど、これで子どもたちは満足出来たのかなあ。

テレビシリーズは、今回こそきちんと見ようかなと意気込んでいたのだけれども、どうも芳しくない感想ばっかり流れてくるもんで、ついつい敬遠してしまいそのまんま。

一推し事務所の気になるタレントも途中からレギュラー入りしてるから、見てみたい気持ちはまだ持ってるんだが、主演俳優もちょっとしたスキャンダル起こしたし、それが一般的には些細なことかもしれないけれど、子ども番組の主役を務める俳優の心構えとしてはちょいといただけないこともあり、益々ハードルは上がるばかり…。


by odin2099 | 2021-01-01 17:32 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
月光仮面」「月光仮面/絶海の死斗」「月光仮面/魔人の爪」「月光仮面/怪獣コング」「月光仮面/幽霊党の逆襲」に続く東映劇場版「月光仮面」シリーズの6作目。

『月光仮面/悪魔の最後』(1959)_e0033570_14065746.jpg岡本という実業家が殺され、その背中には「白髪鬼」と書かれていた。
手掛かりを探す警察の捜査線上に、その戦友だったという東條という男の名が浮上するが、その東條は祝探偵事務所に保護を求めてきていたが、祝十郎が目を離した隙に白髪鬼によって殺されてしまう。
調査に乗り出した祝は、死んだ筈の毒物学の権威である白神博士と遭遇する。白髪鬼の正体は白神だったのだ。
戦時中に無人島に漂着した白神らは砂金を発見するのだが、欲に目の眩んだ岡本、東條、西川に襲われた。白神は復讐のため白髪鬼として舞い戻ってきたのだ。
白神が西川と接触しようとしているのを察知した祝らは、その現場を押さえようと駆けつけるのだったが…。

ストーリーはテレビ版の第5部「その復讐に手を出すな」編がベースで、これまでの作品同様に60分程度にまとめられている。
白髪鬼は連続殺人犯ではあるもののその目的は復讐にあり、それとは別に真の悪役がいる、という二重構造なのが今回の特徴。
いわば三つ巴の抗争劇となっているため、ヒーローとしての月光仮面の活躍場面はやや少なめだ。

そうはいっても、クライマックスでは正に絶体絶命の窮地に立たされる月光仮面が、次のラストバトルの場面には何の説明もなく登場するのは説明不足という言葉では足りない。
どうやって危機を脱するのか、それを描くこともヒーロー物の醍醐味だと思うのだが。

ともあれ約一年間に亘り、全部で6本作られた劇場版「月光仮面」もこれにて完結。
物語上はこれでオシマイという終わり方ではないものの、テレビ版も第5部で終了しているので、締めを意識したかのような台詞が最後に用意されている。

【ひとりごと】
いつも以上に五郎八の出番が増えているが、こういう足手まといなキャラが画面に出てくるだけでイライラする。
こういうのが子供に受けるキャラだと思って作ったのか、実際に人気があったのかはわからないけれど…。


by odin2099 | 2020-11-28 14:08 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の放送終了後、<スーパー戦隊>シリーズの番組開始時期を遅らせる必要性から4週間に亘って放送された特番で、新番組「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のプロローグも兼ねたストーリーになっている。
脚本は荒川稔久、監督は坂本浩一

惑星ネクストの”守り人”リタから届いた招待状、それはネクストで開催される「スーパー戦隊最強バトル」への参加資格を伝えるものだった。
その大会で優勝すれば、何でも願い事が叶うという。
5人一組にチーム分けされいよいよバトルが始まったが、その裏には恐るべき陰謀が隠されていた。

『4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!<特別版>』(2019)_e0033570_19305273.jpgメインとなるのはジュウオウイーグル/風切大和(中尾暢樹)、ゴーカイレッド/キャプテン・マーベラス(小澤亮太)、アカニンジャー/伊賀崎天晴(西川俊介)、サソリオレンジ/スティンガー(岸洋佑)、トッキュウ5号/カグラ(森高愛)の5人。
これに各話のゲストとしてパトレン1号/朝加圭一郎(結木滉星)、ボウケンシルバー/高丘映士(出合正幸)、ゴーオンレッド/江角走輔(古原靖久)、ゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィ(市道真央)、ガオレッド/獅子走(金子昇)、デカマスター/ドギー・クルーガー(声:稲田徹)らがオリキャスで絡んでくる。

更にニンジャホワイト(広瀬仁美)とリュウレンジャー(和田圭市)もオリキャスが声をあて、「リュウソウジャー」からはマスターレッド(黄川田将也)、それに声だけだがリュウソウブラック(岸田タツヤ)とリュウソウグリーン(小原唯和)の二人が参加するという布陣。
バトルの鍵を握る少女リタを演じているのは浅川梨奈で、彼女が最新の坂本監督のミューズということになるだろうか。

比較的最近のヒーローたちが多いので、イメージが大きく変わったものは皆無。
髪型が変わったりということはあるが、衣装も往時のものかそれをイメージしたものなので違和感なし。
マーベラスはマーベラスだし、カグラはカグラだ。
ガオレッドの金子昇にしたところで、もう20年近く前の作品とは思えないほどの現役感だ。

戦隊ヒーロー同士のバトルといっても、騙されて戦ったり偽物相手ではなく、あくまでも競技大会という体裁なので悲壮感はなく、特に序盤は笑えるシーンや和むシーンも幾つか用意されている。
ヒーロー同士の組み分けもなかなか考えられていて、特にデカマスターとシンケンレッドの剣劇コンビなんて最強なんじゃなかろうか。

音楽も色々な作品から流用。
クレジットされているのは坂部剛、亀山耕一郎、山下康介、羽岡佳、高木洋、中川幸太郎、川村栄二の7人だが、要所でかかる「ゴーカイジャー」や、デカマスター&シンケンレッドコンビのアクションシーンに流れる「シンケンジャー」のBGMはやはり格好良い。

ちなみにBlu-ray<特別版>には「史上最強は誰だ!?」「暗躍する謎の鎧」「暴かれた大秘密」「そして明日へ」というテレビ放送版4話の他に、ボーナスディスクにはテレビ放送版に未使用シーンを追加して1本にまとめた<ディレクターズカット版>の両方が収録されているが、オススメは断然こちらである。


by odin2099 | 2020-11-25 19:34 | テレビ | Trackback | Comments(0)
先日「特捜エクシードラフト」のエクシードラフト本部へ行ってきました。
晴海客船ターミナル_e0033570_20431861.jpg
「エクシードラフト」が放送されていたのは1992年から93年にかけて。
晴海客船ターミナル_e0033570_20465015.jpg
この建物は東京港開港50周年を記念して1991年に建てられたそうなので、出来てすぐに撮影に使っていたってことになります。
晴海客船ターミナル_e0033570_20432354.jpg
晴海客船ターミナル_e0033570_20433722.jpg
晴海客船ターミナル_e0033570_20435700.jpg
以後も<スーパー戦隊>や<仮面ライダー>ではお馴染みのロケ地となってましたが、新ターミナルが出来たことや老朽化が原因で近々取り壊されるとのこと。
その前に是非一度この目で見てみたい、と出かけてきました。

もうほぼ利用されていないということで閑散としていました。
晴海客船ターミナル_e0033570_20434565.jpg
晴海客船ターミナル_e0033570_20441385.jpg
晴海客船ターミナル_e0033570_20471157.jpg
晴海客船ターミナル_e0033570_20462963.jpg
晴海客船ターミナル_e0033570_20464079.jpg
晴海客船ターミナル_e0033570_20440436.jpg
コロナ禍の影響で一部が閉鎖されているということもありますが、警備の方と清掃の方以外には人影も疎ら。
あ、そういえば何かの撮影をやってましたけど、規模からすると映画やテレビドラマではなく、雑誌の取材や写真集、DVDの撮影といった感じでしたね。
晴海客船ターミナル_e0033570_20470143.jpg

また周囲は東京五輪の選手村の予定地。
晴海客船ターミナル_e0033570_20444279.jpg
ということで住む人のないマンションが林立していました。
晴海客船ターミナル_e0033570_20432926.jpg
こちらも監視カメラと警備員のみ。
晴海客船ターミナル_e0033570_20443107.jpg
まるでゴーストタウンですね。
昼間はいいですが、夜は怖いんだろうなあ。
by odin2099 | 2020-11-23 20:50 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ/Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』

これ、「仮面ライダー生誕45周年記念」作品だったんだね、すっかり忘れてた。

毎年恒例のお正月映画、ライダー共演作品(今年は残念ながら企画変更に)。
当時の現役ライダーだったエグゼイドと、先輩ライダーのゴーストの共闘のみならず、「withレジェンドライダー」ということで、ウィザード、鎧武、ドライブも登場する豪華版。
まあウィザード辺りが”レジェンド”扱いというのはどうかと思うけど、他に適当な呼び方がないか。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ/Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト』_e0033570_12550374.jpg坂本監督は久々のライダー映画登板だが、そして今のところ最後のライダー映画の監督作品(テレビシリーズにはちょこちょこ参加してるけど)。
最後と言えばウィザードの白石隼也、ドライブの竹内涼真もこれが最後のライダー出演となっているけれど、何年か後にまた演じる機会はあるかな。
もう一人のレジェンド、鎧武の佐野岳はスケジュールの都合で出演ならず、台詞のみ、しかもアーカイブ出演となってしまったのだけれど、かなり無理して台詞をライブラリーからかき集めたみたい。
その分、他のキャストとの会話も自然なんだけれど、アフレコくらい参加できなかったのかなあ。

5人の主役級ライダーに、サブライダーも含めると10人の大所帯になるのかな。
流石の坂本監督作品と言えどもアクションが大渋滞。
のっけからバトルに次ぐバトルの連続なので、見ていてかなり疲れる。
各キャラクターに思い入れがあればそれでも愉しいのだろうが、特に関心があるわけでもないと余計に辛い。レジェンドライダーは余計だったかな。
この頃から竹内涼真はブレイクし始めていたから、集客効果はあったのかもしれないけど。

キラメイピンクの工藤美桜、この頃はこんな顔してたんだねえ。
今の方が可愛いかも。
そして山本千尋のアクションは見惚れてしまう。
アクション出来る美女ということで坂本監督の寵愛を受けてるものの、年齢的なこともあってお色気要素は足りないかな。今後に期待。

【ひとりごと】
相変わらずドーナッツを頬張る操真晴人、奥さん(霧子)がどうやら妊娠中らしい泊進ノ介、こういう小ネタはシリーズを見続けてきたファンには嬉しいだろう。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/25034891/


by odin2099 | 2020-11-23 12:58 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
『ガンマー第3号 宇宙大作戦』(1968)_e0033570_22001033.jpg宇宙ステーション「ガンマー第3号」が地球に接近する謎の遊星を発見。
「フローラ」と名付けられたその遊星は、あと10時間で地球と衝突するという。
そこで「フローラ」を爆破するべくランキン中佐が、「ガンマー第3号」に派遣された。
「ガンマー第3号」の指揮官エリオット中佐とはかつては名コンビと謳われていたが、今の二人の間はギクシャクしたものになっていた。
辛うじて「フローラ」を爆破し、「ガンマー第3号」に帰還を果たした一同だったが、「フローラ」に生息していた生物が隊員たちの衣服に付着、ステーション内に持ち込まれてしまう。
この恐るべき怪物はステーションのエネルギーを吸収し、驚くべき速さで増殖を始めるのだった。

東映がラム・フィルムと合作で製作したSF映画で、ロバート・ホートン、リチャード・ジャッケル、ルチアナ・パルツィをはじめ出演者はオール外人キャスト。
「宇宙からのメッセージ」以前に深作欣二監督は宇宙を舞台にした映画を撮っていたのだ。
共同監督は田口勝彦。<東映ちびっ子まつり>の一本として上映された。

『ガンマー第3号 宇宙大作戦』(1968)_e0033570_22002226.jpgお話は前半が「アルマゲドン」、後半が「エイリアン」を先取りした感じ。
着想は良いしセットなども頑張っているのだが、全体的に緊迫感に乏しい。
宇宙怪獣(鳴き声は「キャプテンウルトラ」に登場する”金属人間メタリノーム”の流用)も怖いというより、直立二足歩行で整然とやってくる姿はむしろ可笑しい。

それよりも何よりも、ランキンとエリオットが終始いがみ合っているのが鬱陶しい。
沈着冷静なランキンと人情味あふれるエリオットは何かにつけて対立する。
どうやら過去にエリオットの判断ミスで任務に失敗したことがあるらしく、またヒロインのルイズを巡って三角関係だったのではと思わせる描写もあるのだが、ハッキリとは語られない。
日本公開版は子供向け番組の一本ということで77分にまとめられているが、米国公開版は90分あるようなので、もしかするとそちらではもっと二人の関係が掘り下げられているのかもしれない。
機会があればそちらも見てみたい。

【ひとこと】
ルチアナ・パルツィは胸元ザックリの衣装を着てるシーンもあるのだけれども、お色気要員としては物足りない。
これもお子様向けに”修正”を施されているのだろうか。


by odin2099 | 2020-11-21 22:05 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
「仮面ライダーBLACK」は劇場用新作が2本も作られたのに、続編(というか放送延長)の「RX」には一本もない。
…と思っていたら、こんな映画が作られてました~の3D映画。

ただテーマパークでの上映前提で一般の映画館ではやらなかったので、この作品の存在を知ったのはちょっと後でしたし、これを見るためだけに北海道へ行こうとも思わなかったので、実際に見る機会が出来たのは数年後。
その間に割と妄想を広げ過ぎてしまったので、面白いは面白い、でも思ったほどじゃなかったな、というのが率直な感想でしたね。

『仮面ライダー世界に駆ける』_e0033570_18552853.jpg「BLACK」も「RX」もこれまでの<仮面ライダー>シリーズとは無関係ということで始まってましたので、ライダー同士の共演作品は見られないんだろうなと諦めていたところ、なるほど、こういう手があったのか、と膝を打った記憶があります。

BLACKのパワーアップ形態がRX、そのRXの更なる発展形?機能特化型?がロボライダーとバイオライダー。
つまり本来は同一人物であるところの4大ライダーが時空を超えて集まってというのは、テレビシリーズの中でやるとなると色々と難しい問題もありそうですが、それらとは切り離したイベント用の番外編だからこそ実現したとも言えます。

もっとも「RX」終盤になって、急にかつての<ライダー>と地続きの世界でした、となって1号からZXまでの10人ライダーが出てきたのには唖然としましたし、この歴代ライダーが殆ど役立たずだったのにはなおビックリ。
お祭り要素はこの作品程度に留めておいた方が良かったのに、と今でも少し残念に思います。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3611435/
https://odin2099.exblog.jp/27709222/
by odin2099 | 2020-11-20 18:56 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ