【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:石ノ森章太郎 ( 244 ) タグの人気記事

TV版第6話「怪奇!死人ふくろう!!」を<東映まんがまつり>用に手直しした劇場版。

この6話は以前にも書いたように、主人公のかつての友人が裏切る、という「あるある」な展開。
洗脳されていて正常な判断が出来ない場合、家族などが人質にとられていて仕方なく等々、裏切る理由には幾つかパターンがあるけれど、今回は主人公への嫉妬やコンプレックスが原因という「積極的裏切り」。序盤にしてはなかなかハードなストーリーかもしれない。しかもその作戦がなかなかエグイし。

e0033570_21364992.jpgしかし<まんがまつり>としては少々地味。
併映が新作映画「仮面ライダー対じごく大使」と同じくTVブローアップ版の「超人バロム・1」で、その「バロム・1」はドルゲ魔人の軍団とバロム・1が戦う第14話「魔人アリゲルゲと13のドルゲ魔人」というイベント編。
ならば「嵐」にも同じ14話に「血ぐるま怪人集団!総攻撃!!」という、やはり再生怪人軍団と死闘を繰り広げる似たようなエピソードがあるので、そちらをピックアップしたらもっと盛り上がったんじゃないかなあ、なんて考えたりもするのだが、流石に見ているちびっ子もおんなじようなお話ばっかりじゃ飽きるか。

それ以前にこの<まんがまつり>は7/16公開で、14話の放送は7/7だからいくらなんでも早すぎる。
――と思ったら「バロム・1」の14話も実は7/2放送なので、これはTV放送→劇場公開のペースとしては<まんがまつり>最短かもしれない。やれば出来たかも?

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/7139733/
https://odin2099.exblog.jp/23364336/



[PR]
by odin2099 | 2018-05-30 21:46 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_23073671.jpg「仮面ライダーアマゾンズ」の完結編。
ネット配信されたシーズン1、シーズン2を受けての物語だが、作品の冒頭には親切な「これまでのあらすじ」の類は一切ない。
通常のTVシリーズベースの夏興業や、年末年始のMOVIE大戦と違い、初心者へのハードルは相当高い。というより「一見さんお断り」な作りと言ってもいい。
Season1 覚醒」、「Season2 輪廻」と2本の総集編映画を見ておいて良かった。

お話はシーズン2よりも時を経ているようで、アマゾンは悠と仁を除けば殆ど淘汰されてる状況らしい。
一方でアマゾンを巡っては新たな陰謀が巡らされ、今度は食肉用に畜産アマゾンを養殖するという、ゲゲゲな展開へ。

正に「食うか食われるか」の熾烈な争いだが、これ「仮面ライダー」である必要ある?
満員の劇場には”大きなお友だち”しかいなかったけど、これは子供には見せられんだろうなあ。
直接的なグロ描写は押さえられてるとはいえ、想像するとかなりウゲゲ…。

物語としては悠と仁、二人のアマゾンにどういう決着をつけるか、に絞られてる筈なんだけど、色々と脇筋を膨らませているので本筋が見えにくくなってしまった印象が。
「完結編」という触れ込みで一応はまとまってはいるものの、本当の元凶はまだ健在だし、主人公だって生き残ってるから、これじゃまだまだ続編作れそう。個人的には「もういいや」だけど。




[PR]
by odin2099 | 2018-05-24 23:09 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(2)
<東映まんがまつり>で上映された実写ヒーロー物の劇場用新作としては、「仮面ライダー対ショッカー」、「仮面ライダー対じごく大使」に続く3作目。
2本の「仮面ライダー」映画よりも長尺で、しかもパート3Dで製作されたあたりに当時の「キカイダー」人気の高さが窺える。

e0033570_21380986.jpg東京、大阪、名古屋、横浜、札幌の五大都市を攻撃するのが今回のダークの作戦だが、四国と九州は除かれているので逃げるならそこがオススメ。
但しキカイダーとダークロボットとの戦いは、今は亡き横浜ドリームランドと鳥取砂丘がメインなので、除外されてはいても山陰・山陽地方は避けた方が無難。

当時のジローは憧れのヒーローだったけど、今見るとミツコさんのキュートさにメロメロ。
安藤三男の怪演、そして渡辺宙明メロディーの素晴らしさ。
出来得れば一度は大画面で見たい作品だ。
立体映画という制約から、なかなか実現へのハードルは高いだろうけれど。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3196514/
https://odin2099.exblog.jp/22099463/
https://odin2099.exblog.jp/22781641/


[PR]
by odin2099 | 2018-05-22 21:45 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
「宇宙からのメッセージ」を見直す度に、続編TVシリーズを見たいなあと思いつつ、今日に至る。
レンタルDVDとかあると嬉しいんだけど、いきなりDVD買うのも、その為にわざわざネット配信などに課金するのもちょっと抵抗があるもんで…。
e0033570_22134903.jpg
というワケで、続編TVシリーズ「銀河大戦」、その<東映まんがまつり>用劇場版を再観賞。
時代設定は「宇宙歴70年」となっているけど、これは最初の映画から何年ぐらい経っているのやら。
その頃の人類もアンドロメダ星雲あたりまで進出していたけれど、この時代は更に多くの植民地惑星を抱えているらしい。

e0033570_22133815.jpgその結果、ガバナス帝国と再激突する羽目になったのか、それともガバナスは復讐だかなんだかの為に当初から地球を目の敵にしてたのかはわからないけれど一大戦争が勃発し、主人公たちはレジスタンスとしてガバナスと戦う、というのが基本設定らしい。それを忍者モチーフで描いてるというから、色々と気になるんだけどね。

この劇場版はあくまでTV見てる人が前提っぽいので、基本設定の説明も登場人物の紹介も何もなく、いきなりアクションアクションなので、かなーり不親切な作りなのが玉に瑕。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/2776825/
https://odin2099.exblog.jp/23296261/



[PR]
by odin2099 | 2018-05-19 22:15 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
TVシリーズ第6話「赤い謎!スパイルートを海に追え」を短縮再編集した<東映まんがまつり>用の劇場公開版。
<スーパー戦隊>シリーズの映画としてはこれが一本目となる。

e0033570_19233762.jpgイーグルの機密を収めたマイクロフィルムが黒十字軍に盗まれ、それをゴレンジャーが何とか奪還しようとする、スパイアクション物を意識したようなお話になっている。最初から全員出動ではなく、先行してアカとミド、そして終盤になって勢揃いというのは、例えて言えば「スパイ大作戦(ミッション:インポッシブル)」のよう。
作戦の都度それに相応しいエキスパートをピックアップし、チームでミッションをクリアするという「ゴレンジャー」の基本パターンは、案外この作品辺りが元になっているのかも。

これ、実は今後の<スーパー戦隊>シリーズの一つの形として一考に値するのではないかと密かに愚考してることでもある。
メンバーを固定せずに状況に応じて入れ替え、必ずしもクライマックスで全員勢揃いにしない。既に追加戦士とされているメンバーは、レギュラー入りしても毎回出番があるとは限らないので(例えば「獣電戦隊キョウリュウジャー」の7人目以降の戦士たち)、こういうのもアリだとは思うのだが。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3393864/
https://odin2099.exblog.jp/23750718/
https://odin2099.exblog.jp/25927434/



[PR]
by odin2099 | 2018-05-17 19:38 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
最新の「仮面ライダー」映画に対して、これが最古の「仮面ライダー」映画。
「仮面ライダー」第13話「トカゲロンと怪人大軍団」の改題再編集版で、新作映画以外では<東映まんがまつり>上映作品の中でちびっ子たちから異例の支持を集めたんだとか。

e0033570_18315123.jpgスケールの大きなショッカーの作戦、一度はライダーを倒すほどの強力な新怪人、かつて敗れた怪人たちが大挙して復活、特訓によるライダーの新必殺技の登場、と確かに他の新作映画群にひけを取らないイベント要素は満載だし、これらが後の<まんがまつり>におけるヒーロー映画の定番になったことを考えれば頷ける話ではある。

新怪人トカゲロンに改造されるプロサッカー選手を演じたゲスト俳優は堀田真三
ワイルドな風貌に低く野太い声、太々しいその存在感。かの三船敏郎に匹敵すると言ったら言い過ぎだろうか。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/2856684/
https://odin2099.exblog.jp/23360286/
https://odin2099.exblog.jp/25696441/




[PR]
by odin2099 | 2018-05-16 18:43 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_10572761.jpgあれから5年、実験体の殆どは駆除されたが、今度は「溶原性細胞」が蔓延し、一般人がアマゾン化するという事態が発生していた――というところから始まるSeason2の総集編。

Season1の登場人物たちは一旦は退場し新たな主人公で新しい物語が始まるが、実は彼らもSeason1の登場人物たちと密接な関わりがあり、中盤からはその因縁も含めてよりドラマティックというか、凄惨なドラマが繰り広げられる。

前作のキャラクター、新登場のキャラクターが右往左往しているので、前作以上に物語がわかりづらい。
画面も暗く、また時間経過や場所の移動も(おそらく途中のエピソードが削られている所為で)判然としないので、今画面に映っているのが誰で、そして何故この場所に居てこういう事態になっているのか、理解が追いつかない。

それでも物語の中心を成していたであろう少年と少女の純愛ドラマ、これは泣かせるものがある。
そしてその後に訪れる後味の悪さ、これが「仮面ライダーアマゾンズ」という作品なのだろうな。



[PR]
by odin2099 | 2018-05-15 22:13 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(2)
予備知識なしで挑戦してみたものの、うーん、よくわからなかった…。

元々は予備知識なしで「仮面ライダーアマゾンズ」の完結編となる劇場版を見にいくつもりだったんだけど(平成以降のライダー映画は制覇してるという義務感から)、流石にそれは無謀だなと思っていた矢先にシリーズ版の総集編が上映されるということで渡りに船、と乗り込んだのだったが…。

e0033570_10572761.jpg製薬会社が秘密裏に人工生命体アマゾンの研究を行っていたが、不慮の事故により4000体にも及ぶ実験体が街に解き放たれることに。
普段は人間として生活しているが覚醒すると怪物に変貌し、食人行為を行う性質を有している。そこで害虫駆除会社を隠れ蓑として密かにアマゾンを”駆除”する特殊チームを編成していた。

水澤悠は製薬会社の役員の息子で、彼がある日突然アマゾンへ変貌するところから始まり、自らの出生の秘密や自分は人間なのかアマゾンなのかという葛藤を抱え、駆除班の一員として活動していくようになる。
だが、自分もアマゾンでありながら全てのアマゾンを狩ると宣言する鷹山仁との出会いが、悠の運命を大きく変えていくことに――ということで良いのかな?

主人公のデザインに面影が残るくらいで、原典となった「仮面ライダーアマゾン」との共通項は皆無に近いリブート版で、ネット配信ドラマとして全13話で構成されたものの総集編。周りの観客の反応からすると、配信版からはかなりバッサバッサと切り捨てられてるらしく、お話も人物関係もサッパリ。

確かにニチアサでは放送出来そうもないグロテスクな描写や、ニチアサキッズにはトラウマになりそうなシーンもあるけれど、これを「仮面ライダー」を冠した作品でやる必要はあったのかなあという気もする。
まあ最早「仮面ライダー」はシリーズ作品のタイトルではなく、ジャンル作品の名称・総称だと考えれば合点がいくが。なかなか新ヒーロー物の企画が通らない中、「仮面ライダー」と付けさえすればOKという風潮があるとかないとかいう都市伝説?も聞くことだし。

とりあえず乗り掛かった舟なので「Season2」、「完結編」と付き合って行く予定ではあるが、何れはオリジナルの配信版も見なければならないかな。



[PR]
by odin2099 | 2018-05-06 11:03 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(2)
この映画の公開は1978年4月29日、ということで今年は公開から40周年。
それもあって見直してみることにしました。

e0033570_21000284.jpg映画館に行ったのは初日じゃなかったと思いますけど、公開前にはサントラ盤(交響組曲!)も聴きこみ、野田昌宏の手になるノベライズも読み込んで…いたかな?何度も繰り返して読んだのは間違いないですが、これ、公開前に出版されたんだったかな?
まあとにかく期待して、楽しみにして見に行ったんです。

「交響組曲」も繰り返し聴きましたねえ。
まさか「リアベの勇士」がショスタコーヴィチの5番にそっくりだなんてその時は知りませんでしたし、ガバナスのテーマがストラヴィンスキーにインスパイアされたんだかオマージュを捧げたんだかなのも知りませんでした。
こっちを先に聴いて親しんでしまったのは、今考えると良かったのか悪かったのか、さてどっちなんでしょう?

お話の元ネタが「里見八犬伝」なのも知りませんでした。
そのせいか全編が時代劇調ですし、宇宙暴走族に宇宙チンピラと垢抜けない連中ばかり出てきます。こいつらが繰り広げる泥臭い人間ドラマというか人情劇は「スター・ウォーズ」にない要素でしょうね。

クライマックスバトルも行き当たりばったりで、殆ど役に立ってないリアベの勇士たちと、偶然が作用したから成功したようなその作戦で勝っちゃうというのもねえ。
この際、本家に対応してリメイクや続編で一大サーガを構築するというのはどうでしょう?

そういや惑星ジルーシアがあるのはアンドロメダ星雲ですが、地球との距離、近そうですね。

ところでこの作品に出ていたアチラの俳優さん、今はどうしてるのかなあと思って検索してみたところ…

ビック・モローは例の「トワイライトゾーン/超次元の体験」撮影中の事故で早くに亡くなってますね。
ペギー・リー・ブレナンは引っ掛からず。
そしてフィリップ・カズノフは、というと…?
最新作が「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」
えー、どこに出てたんでしょう?

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/2768189/
https://odin2099.exblog.jp/24339962/




[PR]
by odin2099 | 2018-04-29 21:05 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
5人ライダーが並走するオープニングは期待させるのだけど、本編が始まるとダメダメ…。

その前に、なんで1号:藤岡弘、2号:佐々木剛、V3:宮内洋はオープニングタイトルにクレジットされないのだろう?
確かに本人たちは出演はしていない。各人の変身シーンは過去作品からの流用だけだ。
でも声は本人たちがアテている。
前作「仮面ライダーV3対デストロン怪人」では、やはり声のみの出演だった藤岡弘と佐々木剛はしっかりとクレジットされていたのに…。これはどうしても釈然としない。
まあライダーマンに関しては、山口暁の変身シーンは一応出てくるものの、台詞は(ノンクレジットの)林一夫だから致し方ない面はあるけれど……。

e0033570_19433692.jpgGODの新たな作戦行動に際し、ライダーが一人一人登場するのは強者集結ムードがあって良いが、合流した後がグダグダなのはどうしたことか。
Xライダーが単独で行動し、あわやと言うところで歴代ライダーが駆け付けるのだが、この流れも不自然。
脚本家も監督もしっかりしろ!と言いたくなるところだが、撮影は天候不順に悩まされたとの証言もあるので、そこまでの余裕はなかったのかもしれない。
じゃなければ「ジャリ番だからこの程度でもいいや」という驕りがあったのか。

とにかく何度も書いてるように、面白くなりそうな要素は多々あれど、結果がそれについて行かない残念な作品――というのは過分に甘い評価で、ハッキリ言えば昭和期の仮面ライダー映画にあって最低の出来、駄作、と断じてもいいんじゃなかろうか。

見どころは今回のゲストヒロインで、かつて「人造人間キカイダー」でヒロインを演じた水の江じゅんの可憐さのみ、と断言しちゃうぞ。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3167805/
https://odin2099.exblog.jp/18196870/
https://odin2099.exblog.jp/22830421/
https://odin2099.exblog.jp/25413572/



[PR]
by odin2099 | 2018-04-18 19:52 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ