【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:角川映画 ( 40 ) タグの人気記事

昨日は2018/09/05~09まで全9公演、六行会ホールで上演されていたお芝居を見に行ってきました。
原案・総監督:坂本浩一」というだけで即チケット購入。出演者もお話も何もわからない段階で、です。
e0033570_22310585.jpg
お話はチラシやパンフレットから抜粋すると――
どこか遠くでも近くでもない、未来でも過去でもない架空の街そこは治安という概念が崩壊した街。
様々な犯罪者たちが集まり潜み、警察や法律も手の届かない治外法権エリア。この都市を仕切るのは巨大なYAKUZA組織・徳川組。
そんな街で、唯一人々に夢を与える場所・竜宮館<DRAGON INN>。
そこでは、5人の美女たちによるグループ“BLASTING GIRLS”=“BG(ビージー)”のパフォーマンスが、人々に夢や勇気を与えていた。そして彼女らの正体は、「華舞綺TOWN」を裏から守る” 甲賀流FEMALE NINJA WARRIOR=KUNOICHI”だったのだ。
街の支配を深めるため、組長・徳川秀忠は”伊賀流YAKUZA-NINJA六人衆 BURAIKANN”を招集し、竜宮館の排除に動き出す。
「華舞綺TOWN」を平和な街にするため、パフォーマンス(KUNOICHI)集団BGと、徳川組伊賀流YAKUZA忍者部隊との激しい戦いが、今始まる!!
というもの。
脚本・演出は石山英憲(シアトル劇団子)、プロデューサーは堀口聖一と丸田順悟、企画協力が株式会社KADOKAWA、そして製作・主催がNINJA ZONE製作委員会。

e0033570_22305345.jpg後でチェックしてみると主演は宮原華音、5人の美女戦士を演じるのは春川芽生、巴奎依(A応P)、小林れい(夢みるアドレセンス)、竹内舞(グルーピー)、師富永奈。アイドルグループで活躍している娘もいて、監督好みの動ける可愛い子が揃ってます。
中でも竹内舞が気になったのですが、彼女は去年までSKE48のメンバーでもあったんですね。
そのボスとなる桝田幸希(←間宮夕貴←最上ゆき)は、坂本組の常連さんになりつつあります。

他に原嶋元久、磯野大、佐藤友咲、坂本康太、朝日奈寛、勝也、青木一馬、斉藤範子、高橋明日香、大島翠、大山将司、キャッチャー中澤、高草木淳一、榎本遥菜、坪井ミサト、俊藤光利八神蓮が出演。
故意か偶然か、宮原華音とは「仮面ライダーアマゾンズ」で同僚だった顔触れがチラホラと。

ストーリー、脚本、演出ともに、正直言って「これ」といって惹きつけられるものはなかったのですが(ちょっと「少女は異世界で戦った」を思い出してしまいました。どこがどう、ということもないのですが)、やっぱり女の子たちが元気に飛び跳ねているのは見ていて愉しいですね。重たい場面も少なくないですし、少なくても完全なハッピーエンドでは終わらないのが玉に瑕ですけれど。
既にシリーズ化も決定してるということですし、映像化も期待出来そうなので、彼女たちの頑張りが無駄にならないように応援していきたいな、と思います。



[PR]
by odin2099 | 2018-09-09 22:33 | 演劇 | Trackback | Comments(0)
先に出た単行本も持っているのだが、モタモタしているうちに増補改訂された文庫版が出版され、それも先日ようやく読み終えた。

e0033570_18322677.jpgタイトルに謳われている頃だと、自分は小学生から大学生にかけて。
<角川三人娘>の薬師丸ひろ子、渡辺典子、原田知世は同世代なので、特に後半は角川映画がターゲットにしていた層に属するのだろうと思うけれど、改めて作品リストを見ると角川映画って殆ど見に行ってないことに気付かされた。
自分にとっての角川映画というのは、TVのCMで大量に流される宣伝コピーと、そして書店で平積みされた文庫本のイメージ。
劇場で見てる作品も何本かあるし、初期のものはビデオなどで見たりもしているけれど、全盛期をリアルタイムで体感してるわけではないので感慨はない。

「中身スカスカ」とか「金かけたCM」とか、そういったマイナスイメージが未だに払拭できてはいないのだけれども、こうやってまとまった作品製作の流れを見て行くと、日本映画界へ残した功罪のうち「功」の部分もかなりあったことが窺える。
そしてなんだかんだありつつも、角川春樹という人物もまた傑出した存在だったのだな、と認識させられた。

角川映画への再入門も悪くない、そんな気にさせられた一冊だった。

e0033570_18323907.jpg【ひとりごと】幻に終わった角川春樹と徳間康快、そして西崎義展とのコラボ。
結局のところ実現しない運命だったかもしれないが、仮にもし当初の計画通り実現していたなら、良くも悪くも日本映画界は変わっていたかもしれない。



[PR]
by odin2099 | 2017-10-11 18:35 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_20225337.jpg<タツノコプロ創立55周年記念>作品。
ストリートファイターあがりの探偵が、強化服を身にまとってヒーローとなるというアクション映画。
監督は坂本浩一で、出演は溝端淳平、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜、出合正幸、加藤貴宏、佃井皆美、中村浩二、神保悟志、長谷川初範。

一体これのどこが「ポリマー」なんだ?
ポリマーといえば、自称”二代目シャーロック”の車探偵長やセントバーナード犬の男爵といったキャラクター、それにメカへの転身が欠かせない要素だけれども、全てオミット。
ところが単独のヒーロー物、そしてうだつの上がらない探偵とドジな新米警官のバディ物としても結構面白い。

全然期待していなかった溝端淳平が思いの外好演で、山田裕貴とのコンビも好調。ポリマーに転身しなくてもいいからこのコンビで続編かスピンオフを見てみたい。
山田裕貴といえばクールなゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役のイメージが強いけど、坂本組では「俺たち賞金稼ぎ団」に続いての情けない役がなかなかハマってる。
唯一アニメ版とのイメージの乖離が一番少なかったのは、南波テル役の柳ゆり菜。監督、わかってるねえ。

e0033570_20215918.jpg出合正幸、加藤貴宏、佃井皆美、中村浩二、それに榊英雄、島津健太郎、人見早苗ら坂本組常連と言えそうなお馴染みの顔ぶれが揃ってるのが安心感を与えてくれるが、中でも特筆もんは原幹恵。わざわざジッパー降ろして胸元を強調し、顔を近づけて「私のこと好きなんでしょう?」と迫ってくるのはヤバ過ぎ。
地味目のリケジョと露出多めのアクティブでセクシーな美女、その両方を演じさせるなんて、監督どんだけ彼女のこと好きなの?って感じ。元々このキャラは、彼女のアテ書きだったみたいだけど。

神保悟志の出番が少ないなあと思っていたら終盤は大暴れだし、長谷川初範はお父さんなのかと思ったら一捻り?あったし、人見早苗のブラ見せがあったり、ギャルメイクの佃井皆美ちゃんが可愛かったりと、坂本監督ならではの見せ場は沢山。
アニメとは全く別物だけど、それでも「キャシャーン」や「ガッチャマン」に比べりゃ遥かに「ポリマー」だった。
ラスト、シャーロック君は警察辞めて探偵事務所に飛び込んでくるかと思ったけど、まあこういう終わり方もアリかな。

ただ一つだけ注文を。
クライマックスバトルで「戦え!ポリマー」流してくれるのはテンション上がるんだけど、ここはカバーじゃなくオリジナル版で行って欲しかった!

さて、残るは「宇宙の騎士テッカマン」の実写化!
誰か手を挙げる猛者はいないもんかね。

【ひとこと】
そういえばこの作品って、昨年の2月頃の撮影だったとか。
随分間が空いたもんだねえ。
まあ記念作品だからタイミングを計ったんだろうけど、もっと早く見せて欲しかったな。

[PR]
by odin2099 | 2017-05-14 20:27 |  映画感想<ハ行> | Trackback(5) | Comments(0)
e0033570_22071455.jpg春のプレイバックシリーズ、次は「幻魔大戦」。1983年の3月12日に公開されました。

この日は「クラッシャージョウ」も公開され、本来ならば「宇宙戦艦ヤマト/完結編」も公開される筈でしたが、製作スケジュールの遅れから一週間延期となり、同日対決は回避されました。
角川映画がいよいよアニメーションに参戦するということで、時代が変わって来たなあと感じたものです。
そしてこの2年後、角川書店はアニメ専門誌の「NewType」を創刊という運びとなります。

さてさてこの映画を見て、面白いからと平井和正の小説に手を出した人は当時、どのように感じたのでしょうね。
フロイに導かれたルナとベガの出会い、東丈の覚醒あたりは概ねそのままですが、ヨーギンだのアサンシだのタオだのサラマンダーだの、ソニー・リンクス以外のサイオニクス戦士とやらは一人も出てきませんし、最初のうちこそ派手なアクションもありますが、次第にどんどん地味になって行きます。
久保陽子?井沢郁江?杉村由紀?…誰それ?

一方で石ノ森章太郎の漫画に手を出すと、こちらはストーリー展開もかなり近いものがありますが、しかし石ノ森キャラと大友克洋キャラのイメージが違いすぎるので、これはこれでかなり違和感があるのではないかと思います。
それに絶望的な、あまりに異様なラストシーンを知ってしまうと、映画版があまりにあっさりしてるのにガッカリするのかも。

それにしても、何度見てもこの映画の良さが自分にはわかりませんねえ。
監督りんたろうの”作家性”が、正続二篇の「銀河鉄道999」より色濃く出ているとは思いますが、これは両作品における原作者の関与の度合いの差から来るものでしょうが、自分が「銀河鉄道999」を好きなのはその”作家性”故ではないことは確かなようです。

e0033570_22072240.jpg「幻魔大戦」は今、Web上で『幻魔大戦Rebirth』という続編が連載中ですが、「サイボーグ009」の完結編(2012 009 conclusion GOD'S WAR)に続く大胆な試み、その着地点が非常に気になっています。
最初の平井和正+石ノ森章太郎の共作に始まり、やがてそれぞれが単独で独自にシリーズを展開したものの、何れも未完のまま作者が鬼籍に入ってしまっただけに、両方のファンを唸らせるだけのものになり得るでしょうか。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/7256776/

【追記】
この作品で青木望と共同で音楽を担当したキース・エマーソンの訃報が今朝ほど届きました。
偶然とはいえビックリ…


[PR]
by odin2099 | 2016-03-12 08:06 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

<坂本浩一監督祭り>もやっぱり継続中…。


e0033570_20114314.jpgCGが発達してきた昨今は、使い方を工夫すれば低予算映画でもそこそこの「絵」を見せることが出来る。それにアクションの凄さは勿論のこと、女性をエロかっこよく撮ることにかけては今の日本ではトップクラスの監督の手に罹れば、かなりゴキゲンなヒロイン・アクション・ムービーになることを改めて実感。


これだけのボリューム(82分)の映画を、二週間で撮り終えるというのは、流石に台湾スタッフからクレイジーだと言われたようだが、そこは早撮りの監督らしく無問題。時期的には『仮面ライダーフォーゼ』に長澤奈央がゲストで出た回の後で、この作品の撮影後に『フォーゼ』の夏映画で再び木下あゆ美を起用している(長澤奈央もゲスト出演)。最近でも精力的に活動しているが、ちょっと働きすぎな気もする監督ではあるが。


斯様に魅力的なWヒロインを揃え、あとはお話に乗れるかどうかだけれども、パラレルワールド設定もSFの小道具として使うよりは、良く似た別世界に居る自分に良く似た存在を登場させるための手段、要は「色々な格好をした様々な長澤奈央と木下あゆ美を見たい!」という監督のスケベ心から来ているのだから、これでいいのだ。


オーディオコメンタリーでは主演の二人と一緒の監督が実に嬉しそう。是非ともパート2を!……なんて話をしているのだが、このあと二人は相次いで結婚→出産ラッシュ。続編に限らず、もうこのコンビが揃って出てくる監督作品は望み薄かなあ???


【ひとこと】
元々この作品、全7話構成のインターネット配信を想定していたんだそうな。
それで10分に一回の見せ場(アクションとお色気)が用意されていたんだそうで、後の『白魔女学園』でこの方法を実現させていたっけ。
この一本にまとめた劇場公開版がいわば<ディレクターズカット版>なんだそうだけど、機会があれば配信版も公開して欲しいもんである。


[PR]
by odin2099 | 2015-01-18 20:12 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)

<坂本浩一監督祭り>続行中です。
e0033570_22022692.jpg今回は『赤×ピンク』、ヒーローアクション物以外で監督の最高傑作はこれかなあ、やはり。『俺たち賞金稼ぎ団』も捨てがたいところではありますが、女の子たちの頑張りに余計にポイント入れたくなります。
とにかくみんなのアクションというより、表情や構え、ポーズ、それに何気ない仕草などが良いですね。男目線だけじゃなく女性目線を取り入れた、ということでしたが、その狙いは成功していると思います。


で、オーディオコメンタリーですが、坂本監督をはじめ、芳賀優里亜、多田あさみ、水崎綾女、小池里奈のヒロイン4人が勢揃い。水崎綾女が引っ張る感じで、それに芳賀優里亜や多田あさみが絡み、それに時折?小池里奈が喋るという感じですが、各人のキャラ、持ち味が出ているガールズトークは面白いですね。その勢いには流石の監督もタジタジ…。
それでも撮影の裏話があったり、なんとかオーディオコメンタリーとしても成立しています。
さて、今度は<ディレクターズカット版>も観なくては。


【ひとりごと】
主役4人以外のガールズブラッドのメンバーの特徴を、今回ようやく把握しました。
今まで桃瀬美咲ちゃん以外がよくわからなかったんですよねえ。
もちろん西野翔、周防ゆきこ、大島遥といった方々は知ってはいるんですが…。


[PR]
by odin2099 | 2014-11-16 22:04 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_21090075.jpg『1』は怪獣映画ファン向け、『2』は戦争映画ファン向け、そして『3』は…なんだろう?
押井守とか庵野秀明の世界観に興味を抱きつつも、今一歩踏み込めない層向け、と言ったら違うだろうか。
『パトレイバー』や『エヴァンゲリオン』には乗り損ねた、或はアニメにはハマれない人たち向け……いや、違うか。


ただ『1』や『2』の時と違ってSFファンには受けが悪いだろう。
伝奇モノ好きには理解しやすい世界感か。


<平成ガメラ>三部作は、物語は繋がっているものの、作品ごとに見せる”貌”は随分と異なる。その多様さが好きという人もいれば、その多面性に付いて行けないという人もいるだろう。
特に『3』は飛躍し過ぎと感じた人が多かったようで、前2作に比べると評価は多種多様。


e0033570_21085498.jpgしかしながら3作通して描かれたものも多く、どれもこれも「ガメラ」だったのだなあ、と思ふ。そしてそれは次回作『小さき勇者たち/ガメラ』の、あまりにもかけ離れた世界観への違和感となって表れてしまう。


【ひとりごと】
公開から15年、斬新だったニュー京都駅も、今では当時と微妙に違う姿を見せ始めている。
しかし変わらないのは、絵になる空間であるということ。そして京都を舞台にしながら、駅とその周辺(東寺辺り)を除いて描写がないことが逆に珍しい。
「ゴジラ」「ガメラ」両シリーズ共に、観光地ムービーの側面を持っているのはもはや伝統と呼べるだけに。

過去記事はこちら


[PR]
by odin2099 | 2014-11-11 21:11 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(0)
e0033570_22420732.jpgアクション映画とか怪獣映画と呼ぶよりも、これは戦争映画と呼ぶ方が相応しい。そして勿論SF映画でもある。

ミリタリー色の強さに懸念を表明する方もいらっしゃるが、フィクションの世界に賢しらに口出しするのは如何なものか。
現実世界で起きて欲しくないからこそ、フィクションの世界で十分に遊びたいものだ。

また、どちらかというと”強い女”のイメージがある水野美紀が、なんとまあ可憐であることよ。

色々な意味で奇跡的な一本。

過去記事はこちら

[PR]
by odin2099 | 2014-11-06 21:19 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(0)
e0033570_22202130.jpg今夏公開されたレジェンダリー・ピクチャーズ版『GODZILLA』は、何故かこの作品と結構比較されたりしましたが(ギャレス・エドワーズ監督自身は「観たことない」とコメント)、実のところこっちの方が遥かに面白い、と断言します。
俗に<平成ガメラ三部作>と称される作品群、『3』は評価がかなり割れてますけど(自分は好き)、この『1』と続く『2』は「怪獣映画」としてはほぼ完璧と言っても良いんじゃないか、それぐらいに思っております。

ディティールを積み重ねてリアリティを高め、その中に壮大な絵空事を持ち込みながらも作品世界を破綻させず、主要キャラ以外の脇役もきちんと立てているという構成、これはある意味で奇跡でしょうな。

そんなに作品数観てませんが、おそらく金子修介監督作品としても上位の娯楽作。それだけに最新作『少女は異世界で戦った』が本当に残念で残念で…。
女の子を活き活きとして描く、それが監督の持ち味の一つだろうに本領発揮とは行かなかったのは、予算とかスケジュールの問題じゃあないですよね…。

過去記事はこちら

[PR]
by odin2099 | 2014-10-07 22:23 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(0)

e0033570_19544824.jpgかなり思い入れが強い『人造人間キカイダー』のリメイク、いやリブート作品ということで、募る不安と高まる期待の両方を抱きつつ鑑賞。
ハカイダーを主人公にしたスピンオフ映画や、コミックや小説でのリメイク、更に原作萬画版をベースにしたアニメ作品の製作はあったものの、何度か企画は立てられながら(石ノ森章太郎自身も構想を抱いていたとのこと)正面切って聖典に挑んだのは今回が初めて。


現代的にアップデートされリアリティを増した設定、描写は聖典へのリスペクトが十二分に感じられ、スタッフ・キャストの真摯な姿勢は傑作の予感。
シナリオに多少の弱さがあり、ジローとミツコの関係、光明寺博士とギルバート神崎の確執、ハカイダーの存在意義、光明寺ファイルの真相、日本政府の立ち位置の不明瞭さなど惜しい部分もないではないが、従来の東映ヒーローの劇場用作品とは一線を画したハイスペックな出来であることは間違いない。


e0033570_19550197.jpgジロー役・入江甚儀、マリ役・高橋メアリージュンの身体を張ったアクション、光明寺ミツコ役の佐津川愛美の繊細にして可憐な乙女ぶりも出色。
物語はまだ序章の段階で続編への引きもタップリと残されているだけに、このクオリティを維持したまま第二弾、第三弾と紡いでいって欲しいものだ。


ただ、これが自分の見たかった「キカイダー」かというと微妙に違う。
先に発表された松岡圭祐の小説版(検討用のストーリーが元になっている)は比較的すんなり受け入れられたのだが、文字と映像という媒体の違いはあるものの、この映画版には少なからず違和感が。


ジローの奏でるギターのメロディやギルの笛の音の使い方も中途半端(音楽担当として渡辺宙明がクレジットされていないが、これはオリジナルBGMのアレンジ曲なのか、それとも似た旋律の別の曲という扱いなのか)で、エンドロールに流れる主題歌「ゴーゴー・キカイダー」のカバーに至っては作品世界から完全に浮いている。
聖典に阿らず、思い切って距離を置く勇気も必要だったのではないだろうか。


【ひとりごと】
エンドロールに聖典『人造人間キカイダー』のスチール写真が使われ、キカイダー、ハカイダー、ダークロボットが画面を彩っている中に、ハカイダー四人衆やビジンダー、ワルダーも交じっているが、01がいないのは何故だろう?


[PR]
by odin2099 | 2014-05-24 20:00 |  映画感想<カ行> | Trackback(13) | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ