人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:DCコミック ( 95 ) タグの人気記事

「ワンダーウーマン」の続編で、今度の舞台は1984年。

『ワンダーウーマン1984』(2020)_e0033570_21023721.jpg代償と引き換えになんでも願い事を叶える魔法の石が出現。
その石に触れたことでダイアナは最愛の人の復活を願い、ダイアナの同僚バーバラはダイアナのようにありたいと願ってしまう。
またTVで全米に顔を売っている投資会社社長のマックスは、その勢いとは裏腹に会社の経営は立ち行かず困窮しており、その石を盗み出し自らがその力を持つことを欲した。

世界中の人々の欲望を飲み込み、更に強大な力を得てゆくマックス。
世界は混沌とし、大いなる災厄の闇に飲み込まれようとしていた。
これを防ぐには人々が願いを捨て、石を葬り去ること。
だがマックスはもちろんのこと、バーバラもその力を手放すつもりはなく、強大なヴィラン、チーターとなってダイアナを襲う。
この危機にダイアナは、そして蘇ったスティーブはどんな決断を下すのか?!

公開予定が二転三転し、もう年内の公開は諦めかけていたところでの英断。
他国では配信中心のリリースになるのかもしれないが、これは大スクリーンで見るべき作品だ。
ひとまずわが国では劇場で見ることのできたことを素直に喜びたい。
そしてこれ、前作よりも好きかも。

前作で死亡したはずのダイアナの最愛の人スティーブの復活。

謎に包まれた復活の経緯だけれども、爆発の際に時空の歪に落ちたかなんかで、死なずに1984年の世界へ飛ばされたんじゃ?
――などと考えていたのだけれども、なるほどね、スティーブであってスティーブではない存在。
魔法の力でスティーブに似た別人(全然似てない)に乗り移る形での復活と相成った。

似てないのだけれども、ダイアナの眼にはスティーブその人に見えるということで、ダイアナの前にいるときだけクリス・パインが出てくる(それ以外の場面ではクリストファー・ポラーハという俳優さんが、いわば二人一役で演じている。どちらかというとクリス・パインよりハンサムだ)。
最後に二人が選ぶ苦渋の決断。
しかしそれがあるからこそ、彼女=ワンダーウーマンの今の強さがあるのだろう。

ただちょっと気になるのは、「ワンダーウーマン」の続きとしての本作はいいのだけれど、この作品の後に「ジャスティス・リーグ」があるということ。
なんか上手く繋がってないんじゃないかな、これ。

そして今、本来の監督だったザック・スナイダーの手で「ジャスティス・リーグ」の別ヴァージョンが作られているけれど、その「ジャスティス・リーグ<スナイダー・カット版>」が世に出た暁には、劇場公開版の「ジャスティス・リーグ」が公式扱いされなくなるんじゃないかとの不安もある。
そもそもこの<DCユニバース>そのものが、今後存続していくのかどうかさえ不透明な部分はあるのだが。

それにしても「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」で初めて見た時はちっとも良さがわからなかったガル・ガドットだけど、その後の作品でダイアナを演じる度にどんどん魅力的に見えてくる。
嗚呼、自分の眼は節穴だったのかなあ。

【ひとこと】
オマケシーンでのカメオスターの出演。
伝説の戦士の役にレジェンド俳優の起用とは憎い配役だ。


by odin2099 | 2020-12-19 21:07 |  映画感想<ワ行> | Trackback(6) | Comments(2)
まだまだ先の話ではありますが、映画版の「フラッシュ」にはマイケル・キートンが演じるブルース・ウェインが登場するとか。

しかしDCもマーベルも<マルチバース>構想って凄いですねえ。
シリーズ物ではない直接関係のない作品群を繋ぐ<ユニバース>に飽き足らず、世界観の違う作品まで繋いじゃおうというんですからねえ。

そんなこんなで現行シリーズだけじゃなく、旧作の「スーパーマン」も「バットマン」も見直しておいた方が良さそう。

さて、今回はWOWOWで放送していた<吹替補完版>で。
ソフトに収録されている吹替版じゃなく、テレ朝の「日曜洋画劇場」用に作られた吹替版に追加録音したヴァージョン。
亡くなられた内海賢二さんの補完が玄田哲章さんとか、色々考えてます。

『バットマン』<吹替補完版>_e0033570_1581650.jpgまあそれでも「バットマン」という作品自体が個人的にあんまり好きじゃないので、楽しめた、とはちょっと言い難いかも。
それでも字幕スーパーで追っかけていくよりは作品世界に没頭できたので、やっぱり楽しめたということになるんでしょうね。
当時コメディアンという認識だったが故にファンからブーイングだったというマイケル・キートンも、こうしてみるとなかなか格好良いですし。

そういえばこの一作目に出てきたハーベイ・デントはビリー・ディー・ウィリアムズだったんですよね、ランド・カルリジアンの。
ところが三作目で再登場したら、何故か人種の違うトミー・リー・ジョーンズになっていたという不思議。
まさか”トゥーフェイス”ってそういう意味じゃないですよねえ。

そしてジョン・ウィリアムズの「スーパーマンのテーマ」と対極をなすダニー・エルフマンの「バットマンのテーマ」、実に素晴らしく格好良いです。
<ダークナイト・トリロジー>とか昨今の<ユニバース>版の音楽は、どうも印象に残らずフラストレーションが溜まっていましたが、「ジャスティス・リーグ」では久々に両方のテーマ音楽が流れたので、これこれ、ヒーローのテーマ曲っていうのはこうでなくっちゃ!と溜飲が下がる思いでした。
今作ってる「ジャスティス・リーグ」の<スナイダー・カット>版でも、ここは変えずにそのまんま流してくださいよ。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3202447/


by odin2099 | 2020-11-26 20:45 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
アメリカでは「スーパーマン」劇場版第1作のテレビ初放送に際し、未使用シーンを追加した上で分割し二夜連続で行われました。
その結果<ディレクターズカット版>より30分以上長く、<劇場公開版>よりも40分近く長い3時間越えの超大作が誕生しました。
勿論話題性や高視聴率が期待出来るコンテンツだから特別なのはわかりますが、それでもテレビではカットして流すのが当たり前、ではない判断には好感が持てます。

クリプトン崩壊からカル=エルの脱出、地球到達してケント夫妻と出会うまで優に30分はあります。
そして成長したクラーク・ケントが己が素性を知り、スーパーマン誕生まで1時間。物語はゆったりと進行していきます。

『スーパーマン<エクステンデッド・エディション>』(1978)_e0033570_18033005.jpg二夜連続ということですから一夜目はどこで終わるのかというと、おそらくヘリコプターが事故を起こし、スーパーマンがロイスを救出する辺りまででしょうか。
その後にはスーパーマンが各地で活躍するシーンが次々と入りますから、これが二夜目の冒頭ではないかと思われます。

テレビで二日間に分けて見るならいいのですが、通しで見ると流石に長いですね。
それにこの作品、クラークがスーパーマンになるまで、スーパーマンの活躍とレックス・ルーサーの暗躍、そしてスーパーマンとルーサーとの対決という具合に幾つかのパートに分かれてますから、案外分割放送に適した構成とも言えそうです。
細かいシーンがあちらこちらに散りばめられていますから3時間集中して見るよりも、ところどころで休憩を挿みながらのんびり見る方が愉しめそうです。

ちなみに冒頭には
「この作品は映画製作者がテレビ放送用に制作したものです
 劇場版の監督の意図とは異なります」
とのテロップが出ますが、監督表記はリチャード・ドナーのまま。
実際は誰が編集、再構成したのでしょうか。

【ひとりごと】
少年時代のクラークを演じたジェフ・イーストは、クリストファー・リーヴに似てるような似てないような…?
しかし彼も立派にクラークを演じ、この作品に関していえば序盤からの三分の一迄は堂々たる主演俳優です。
昨今のDCはマルチバース化が進み、テレビ版・映画版問わず新旧の俳優がクロスオーバーする傾向が強まっているから、ひょっこりクラーク役で出演したりしないですかね。

【もうひとこと】
クライマックスシーンでの地球逆回転、「人類の歴史に介入するな」という父の戒めの言葉を今後は胸に刻むのでしょうが、二度と使えないという枷を設けるべきではなかったかなと感じました。
なんだかんだでまたロイスが危機に陥ったら、絶対にこの能力を使わないとは言い切れないでしょうから。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/2923872/
https://odin2099.exblog.jp/23934184/
https://odin2099.exblog.jp/27366804/


by odin2099 | 2020-11-19 18:05 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
ショーン・コネリーが鬼籍に入りました。
ロジャー・ムーアに続き、二人目のボンド役者の訃報ですが、90歳は大往生と言ってよいでしょう。
そういえばムーアも90歳を目前に亡くなっています。

コネリーとムーアの共演作は是非見てみたかったですね。
共演出来るような作品を探している、と以前ムーアはインタビューで答えたことがありますがそのまま。
この二人にマイケル・ケインを加えた仲良しトリオがワチャワチャするような作品が実現すれば良かったのですが(コネリーとケイン、ムーアとケインは共演作あり)。
ちなみにこの三人、アカデミー賞のプレゼンターとして揃って登壇したことがあります。

もう一つ実現して欲しかった共演相手は、同い年のクリント・イーストウッド。
確か「スペースカウボーイ」でトミー・リー・ジョーンズが演じた相棒の役は、当初コネリーへオファーが行ってたと聞きました。
ジョーンズでは若すぎた印象が残りましたが、コネリーだったらピッタリだったのですが。

『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』_e0033570_19104461.jpgまた実写版「スター・ブレイザーズ」のキャプテン・アバター役は、作品そのものが頓挫しちゃいましたがどんな風になっていたか気になりますね。
要はアメリカ版「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長なわけですが、山崎努よりも説得力あったのではないかなあと妄想します。

でなワケで今回見直したのは「リーグ・オブ・レジェンド」、コネリーの引退作です。
この後は声のみの出演やナレーションを務めた作品はあるようですが、顔出しはこれが最後なので事実上の遺作と言っても良いでしょう。
老いて益々意気盛んなアラン・クォーターメインは正にはまり役だったかと。

この作品、「ソロモン王の洞窟」のクォーターメインをはじめ、「海底二万里」のネモ船長、「吸血鬼ドラキュラ」のヒロインであるミナ・ハーカー、ジキル博士とハイド氏、ドリアン・グレイ、トム・ソーヤー、透明人間といった作品の登場人物たちが一堂に会するという、聞いただけでもワクワクさせられるんですが、製作中にゴタゴタがあってヒットもしなかったために続編がポシャってしまったという不遇な作品でした。

原作とはまるで別物なんですが結構好きな作品で、「アベンジャーズ」がヒットして<マーベル・シネマティック・ユニバース>が定着した今ならば、もっと受けたのかもしれません。
ヒットして続編が、ということになれば、コネリーの引退はもっと先になっていたかもしれませんね。

もっとも<MCU>の後追い企画である<ダーク・ユニバース>が、「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」の不振で以後の「フランケンシュタイン」、「大アマゾンの半魚人」、「透明人間」、「狼男」、「魔人ドラキュラ」といった作品群のリブートが打ち切られてしまったことを見れば、古典的ヒーローの復権にはまだ何か足りなかったのだと思いますが。

<過去記事>



by odin2099 | 2020-11-01 19:13 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)
<DCFU>の第8弾。「シャザム!」では使われなかったヒーロー大集合のDCロゴが帰ってきた!
何とかユニバース続けてくれよ、DC!
『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒/BIRDS OF PREY』(2020)_e0033570_08274899.jpg
さてこのお話は「スーサイド・スクワッド」の続き。
あの後でジョーカーと別れちゃったハーレイ・クインが主人公。
後ろ盾を失ったハーレイは、ゴッサムシティの悪人どもや警察から追われる身に。

前作ではチームの中の一人だったけど、今度は完全な主役。
そして新たにワケアリ美女たちや、ゴッサム支配を目論む悪人相手に大暴れ、という寸法。
前作ほどスケール大きな話じゃなく、せいぜいギャングやマフィアの抗争程度。
このぐらいが彼女には丁度良いか。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒/BIRDS OF PREY』(2020)_e0033570_08264261.jpgただこれだけゴッサムが大騒ぎしてるのに、バットマンはおろかゴードン本部長さえ出てこないっていうのはどーなんだろ? 
さすがに名前だけは出てくるけどさ、バットマンもブルース・ウェインも。
せめて多忙だとか不在だとか、何らかの説明は欲しかったな、同じ世界の話なんだし。

出てこないと言えばジョーカー。
こちらは厳密に言うと回想シーンには出てくるんだけど、顔は映らない。
まあこちらは無理に出す必要もないと思うけど、でもどこに行っちゃってるんだろうね。

前作ほど毒気がない分、個人的にはより愉しめたかな。
ハーレイ・クインが”イイ人”にならないギリギリのラインで留まってるのも良き。
まだまだ”悪カワヒロイン”でいてくれないと。

ハーレイはこの後「スーサイド・スクワッド」の続編だかリブートだかと、それとは別に「ゴッサムシティ・サイレンズ」という作品にも登場予定。
そっちも楽しみだけど、何かとトラブルの多い<DCFU>のこと、急にマーゴット・ロビーがプロジェクトから離脱! なーんていうニュースが流れてこないことを願うばかり。



by odin2099 | 2020-03-22 08:47 |  映画感想<ハ行> | Trackback(3) | Comments(2)
<DCFU>の第7弾、なんだろうけれど、せっかく作ったヒーロー大集合のDCタイトル、もう使われなくなってしまった。

『シャザム!』_e0033570_20313432.jpgバットラングのレプリカが出てきたり、最後にスーパーマンがカメオ出演したりするから「ジャスティス・リーグ」の続きではあるものの、ギャグに寄せたお話なのでかなり違和感が。
もし今後ジャスティス・リーグの面々と共演することになった場合、フラッシュとは上手くやって行けそうな気がするが、バットマンやワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグたちは呆れそうだ。
それに子供をメンバーに入れることに抵抗もあるんじゃないかと思うけど。

まあ映画はヒットしたようだし、結局は楽しんだ者勝ちなんだろうけど、かっちりと枠組みを作って統一感を出してる<MCU>との違いがそこにある。
<DCFU>の方が柔軟に対応してるという声もあろうが、どっちかというと行き当たりばったりで結果オーライだった、ということなんじゃなかろうか。
さて、続編はどーなる?!

<過去記事>



by odin2099 | 2020-03-21 20:39 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
<DCFU>第6弾で、「ジャスティス・リーグ」で正式デビューを飾ったアクアマンの単独主演作。

『アクアマン』_e0033570_20255061.jpg前作との設定が不統一な気もするが、一応は「ジャスティス・リーグ」から続いたお話。
となると他のスーパーヒーローたちは何やってるんだ?というのが気になってしまうが、海と陸との間で大戦争が起ろうとしているものの、アクアマンたちはそれを未然に阻止。
その結果、陸の上ではまだ大災害とはなっていないようなので、スーパーマンもワンダーウーマンも干渉しないのだろう。いや、もしかすると画面外で救助活動などは行っていたのかもしれないけど。

バットマンやフラッシュには規模が大きすぎて荷が重すぎる事件だろうし、サイボーグは不干渉主義かな?
少なくても彼らにはアベンジャーズと違って徒党を組んでいたり、チームで行動するイメージはないから仕方ないのかも。それにアクアマン、かなーり強い。

さてアクアマンことアーサー・カリーの「アーサー」は、やはり伝説の王アーサーに掛けられてるようで、岩に突き立てられた剣を引き抜いてアーサーが王になったのと似たようなシチュエーションが用意されている。
他にも兄弟間で王座を争うなど、全体的に海を舞台にした現代版の”中世騎士物語”的な要素が盛り込まれている。

そして彼を終始支えてるのがメラ王女。
アーサーの母アトランナ女王がいるから紅一点ではないものの、彼女が作品のお色気担当。
リンダ・カーターが演じたTV版のワンダーウーマンと違いガル・ガドット扮するワンダーウーマンはスレンダー美人なので、彼女にはそれを補完する役目を期待したいところ。でも噂によれば続編に彼女は出ない?!とか。それはないよ~。

なお一般的にはメラを本作のヒロインに比定しているけれど、真のヒロインはニコール・キッドマン演じるアトランナ女王でしょう。
アーサーのお母さんとはとても思えない若さと美貌の持ち主で、メラ役のアンバー・ハードより20歳も年上には見えないな。

<過去記事>



by odin2099 | 2020-03-19 20:29 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
<DCFU>の第5弾で、ようやくヒーローが集結!
ジャスティス・リーグ結成!
バットマンにワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ、アクアマン。
そしてそして蘇ったスーパーマン。
やっぱりヒーローの共闘は燃えるなあ。
ここに、当初の予定じゃグリーンランタンも加わるはずだったのだけれども、次回以降に持ち越し。

『ジャスティス・リーグ』_e0033570_19173236.jpgしかしバットマンとワンダーウーマンを除けば(スーパーマンは死んでるし)、今回が「初めまして」のメンバーばかり。
彼らの紹介をしつつ、未曾有の強敵との対決を描かなけりゃならないのだから、ハードルは上がる一方なんだけれど、実は上映時間はこれまでで最短。
”お祭り映画”と思いきや、結構ワケありな作品でもあるのだ。

その点ライバルの<MCU>はうまーく戦略練ってるよなあ。
単独作品で個々のヒーローのお披露目はきちんとしてるし、その中で「次」へ注意を向けることも怠らない。時にはそれがやりすぎのこともあるけれど、これは観客をザワザワさせたら勝ちなんだからお見事と言うしかない。

それでもバラエティには飛んでるし、見せ場も山盛りだし、詰め込み過ぎでタイトだけどそれ故に飽きさせないし、なんだかんだで今のところ<DCFU>作品の中では一番面白く感じた。
そしてこれからの展開にも大いに期待させられたんだけど、どうも軌道修正されちゃったらしく、その期待は大きく裏切られることに。何がいけなかったんだろうねえ。
ラストで触れた悪人どもの同盟も、はたして今後の作品に出てきますかどうか。

<過去記事>




by odin2099 | 2020-03-13 19:30 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
<DCFU>の第4弾で、この作品でDCの新しいタイトルロゴが作られた。
<MCU>に対抗するかのようにスーパーヒーローが総登場するもので、今後の展開を考えるとワクワクするのだが、今のところその期待は叶えられていない。

「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」もヒーロー映画としては捻りが加えられ、続く「スーサイド・スクワッド」に至ってはヒーロー物でさえないが、この作品はようやく作られた王道のヒーロー映画。その分安心して見ていられるし、評判も上々。

『ワンダーウーマン』_e0033570_20323723.jpg以前北欧神話に材を採った「マイティ・ソー」や、第二次世界大戦を舞台にした「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」との類似性を指摘し、こちらはギリシャ神話が元で第一次大戦中のお話だと書いたけれども、あくまでも似た雰囲気があるというだけでストーリーに似た要素はない。

また映画の初めと終わりが現在で、本編は過去の時代という構成も「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」に似ているが、甦った伝説の戦士のオリジン・ストーリーを描こうとすれば同じようになるのは致し方ない。これまでの<DCFU>3作品には今一つノレなかった人でもこの「ワンダーウーマン」は愉しめると思う。

今年は今度は舞台を80年代を移した続編が公開されるが、気になるのはそこに死んだ筈のスティーブ・トレバーが再登場すること。
何故生きているのかとか、何故歳を取っていないのかとか、そういうのも確かに気にはかかるのだが、本作に続く「ジャスティス・リーグ」を含めてダイアナは一別以来スティーブとは(当然ながら)会ってないようだ。

となるとこのスティーブははたして本物なのだろうか。
偽者や幻影という可能性もあるし、回想シーンでの登場も考えられる。また平行世界、多元宇宙の住人(”もう一つの世界”のスティーブ)との邂逅というのもありがちだ。
または爆発の際に次元の歪に落ち、生とも死とも言えない状態で彷徨い続けていたとか、時空の歪みに巻き込まれて時間を超越したとか色々と考えられる。
少なくても他の<DCFU>作品とは矛盾しない形で出てきて欲しいものである。

<過去記事>



by odin2099 | 2020-03-11 20:37 |  映画感想<ワ行> | Trackback(1) | Comments(0)
<DCFU>の第3弾。スーパーマン亡き後の世界を守るのは、凶悪な犯罪者集団?!
悪には悪を、という発想なのだろう。バットマンやフラッシュがカメオ出演し、メタヒューマンの情報を求めてブルース・ウェインが奔走してる姿も描かれているが、前2作とは作品のムードがえらく違う。

『スーサイド・スクワット』_e0033570_23132863.jpgクリプトン人同士が闘ったり、クリプトンの怪物を相手に3大ヒーローが決死の覚悟で立ち向かったりという世界観の延長線上にある物語とはちょっと思えない。
メタヒューマン扱いされてる”太古の魔女”エンチャントレスは確かにそれ相応の相手かもしれないが、あとはデッドショットにせよ、ハーレイ・クインにせよ、ディアブロにせよ、凶悪犯罪者であっても所詮は人間だ(まあ特殊能力持ってるヤツはいるけれど)。
じゃあ例えばステッペンウルフが襲って来た時にコイツらが頼りになるかというと…うーん、難しいんじゃないの。

それに本作でいきなり多くのキャラを紹介しつつ集めるというのは、作劇上ちょっと無理がある。
せめて1人か2人は事前に別作品でちょこっとでも触れておいた方が、作品世界には入り込みやすかったんじゃないのかなあ。
あと、今だったら各人をメインにしたスピンオフの配信ドラマを作ったりしたかもね。

ところでアマンダはブルースがバットマンだってことを知ってるっぽいけど、ブルース自身もアマンダが自分の正体に気付いてることを知ってるっぽい。
こういう駆け引きは面白いんだけど、次回作以降に活かされてはいないようで。

<過去記事>



by odin2099 | 2020-03-09 23:20 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(0)
ブログトップ