【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:DCコミック ( 73 ) タグの人気記事

劇場の幕が開き、スタンダードサイズのスクリーンにはデイリープラネットを紹介するニュース映像。
そこからテロップが飛び出してワイドスクリーン一杯に広がり、そして映し出される「スーパーマン」のタイトル。このオープニングは好き。
観客を物語世界へ一気に誘う効果がある。

e0033570_20170167.jpg日本では公開が半年遅れの79年の夏になったので、前年78年の夏に(これまた一年遅れで)公開された「スター・ウォーズ」に次ぐSF超大作、という印象が強い。
「スーパーマン」はワーナー・ブラザースの作品なので、「スター・ウォーズ」を送り出した20世紀FOXにしてみれば、ポスト「スター・ウォーズ」は同じ79年夏公開の「エイリアン」だったかもしれないが、ちょっと毛色の違う「エイリアン」よりは、コミックブックを抜け出してきたかのような「スター・ウォーズ」と「スーパーマン」の方により親和性を感じてしまう。
音楽が同じジョン・ウィリアムスということも大きいだろうし。

「スター・ウォーズ」といえば、主演のマーク・ハミル、本作のクリストファー・リーブ、それに「フラッシュ・ゴードン」のサム・ジョーンズまとめて「SF三大大根役者」なんて評してる記事を見たことがあるが、ハミルは才人だし、リーブは演技派である。
また「スター・ウォーズ」のキャリー・フィッシャー、本作のマーゴット・キダー、やはり「フラッシュ・ゴードン」のメロディ・アンダーソンとまとめてルックスが揶揄されたりしていたっけ。

ミスキャスト、ミスキャスト騒がれていたロイス・レイン役のマーゴット・キダーも、先月お亡くなりに。
3作目では出番を思いっきり減らされて先行きが危ぶまれていたが、製作体制が一新された4作目では見事に正ヒロインに返り咲き。誰もが目を見張る美人ではなかったかもしれないし、私生活面では色々とお騒がせしていたかもしれないが、なかなかチャーミングなロイスだったと思う。
多少ガサツで蓮っ葉な印象を与えたかもしれないが。

それにしてもゆったりした映画だった。
最初の三分の一くらいはリーブではなくジェフ・イーストが演じる若きクラーク・ケントがメインで出ていて、スーパーマンの誕生物語をじっくり描き、その後でロイスをはじめとするデイリープラネット社のメンバーやヴィランとなるレックス・ルーサーの紹介にかなりの時間を割き、最初のスーパーマンの活躍まで焦らす焦らす。
その後のスーパーマンとロイスの空中デートのシーンなんぞ、今ならこれだけの時間をかけられないだろう。
最近の若い人には、冗漫で退屈な映画だと受け取られやしないかと多少心配になるくらいだ。最新版のスーパーマンである「マン・オブ・スティール」なんか、この作品と比べるとどれだけ忙しなく殺伐としていることか。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/2923872/




[PR]
by odin2099 | 2018-06-29 20:30 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_09582296.jpg戦国時代の日本にタイムスリップしてしまったバットマンたちとヴィランたちの戦いを描いた、メイド・イン・ジャパンのアニメーション映画。
ジョーカーたちは織田信長、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗ら戦国武将と入れ替わって日本の覇権を巡って争い、一方のバットマンたちは秩序を守ろうとして謎の忍者集団”蝙蝠衆”の助力を得てそれに立ち向かう。

”蝙蝠衆”は飛騨の忍びだし、マスク姿のナイトウィングやレッドロビンたちは正に「仮面の忍者」。
白い大凧は出てこないが似たような装備で同じように滑空するし、ヴィランたちの築いた城は天守が変形して巨大ロボットになり、挙句の果てに合体してしまう、という荒唐無稽さも相通ずるものがあるような…?

よくこんな企画をワーナーやDCコミックが通したなと思うけれど、早々にハイテク武器を奪われたバットマンが徒手空拳で抗う姿もなかなか新鮮。誕生から80年近い歳月を経ながら、まだまだ攻めの姿勢を崩さないのはお見事。

しかし色々と面白くなりそうな要素を持ちながら、個人的にはちっとものれなかった作品でもある。
クライマックスバトルでは一瞬記憶が飛んだ。


[PR]
by odin2099 | 2018-06-17 10:01 |  映画感想<ナ行> | Trackback(3) | Comments(4)
<DCフィルム・ユニバース>の第五弾にして、やっとヒーロー集結。
e0033570_23211934.jpgここら辺の流れは<マーベル・シネマティック・ユニバース>に近いけど、バットマンとワンダーウーマンがメインで、終盤に復活したスーパーマンが加わるものの、フラッシュとサイボーグとアクアマンは(「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」でチラっとだけ姿を見せ、フラッシュは「スーサイド・スクワッド」にも出ているが)実質的にはこの作品がデビュー作。ということで残念ながら強者集結ムードには一歩及ばない。

おまけにイベント要素てんこ盛りの作品の割に、<DCFU>では最短の上映時間は2時間ジャスト。
ザック・スナイダー監督が降板する前のヴァージョンでは3時間はあったとの噂もあり、テンポも良くて見やすい娯楽作品に仕上がってはいるが物足りないとの声も多い。
実際、予告編にはあって本編にはない、というシーンも幾つかあるので、初見の時はあれれ?となったくらいなので、可能ならロング・ヴァージョン、もしくはザック・スナイダーズカットなんていうのも見てみたいもんである。
後を継いだジョス・「アベンジャーズ」・ウェドン監督(クレジットは”脚本”)も手堅くまとめてはいるものの。

さて本編。
いきなりマザーボックスだ、ステッペンウルフだ、と言われても危機の度合いがわからない。もうちょっとこれまでの作品で上手く伏線張っておいて欲しかったところだ。
そのマザーボックスにしてからに、随分あっさりと奪われるし、アマゾン族もアトランティス人も危機管理能力を問われかねない。おまけにジャスティス・リーグの皆さんも、スーパーマンを蘇生させてヤレヤレというところでほったらかしにしておくんだもんなあ。お間抜けすぎる。

肝心のステッペンウルフも、実際のところそんなに凄い敵という雰囲気はない。「ワンダーウーマン」に出てきたアレスの方が、神様なだけによっぽどヤバそうだったし、「バットマンVSスーパーマン」に出てきたドゥームズデイも強大なモンスターというオーラが出ていたけど、どうもワンダーウーマンの戦いぶりを基準に考えると、「ステッペンウルフ>ドゥームズデイ>アレス」となるようで何となく納得いかない。

で、ワンダーウーマン。彼女が今回の実質的な主人公(バットマン/ブルース・ウェインは狂言回しだ)。
前作の単独主演作は女性監督だったからなのか、所謂お色気シーンは封印されちゃった感じだったけれど、今回はチームの紅一点ということもあって(ロイス・レインはあまり出番がないし)、ちょこちょこっとエロスを感じさせてくれる。
例えばサイボーグと初対面のシーン、珍しく胸の谷間が全開だし、後ろ姿はヒップがキュッと上がって、しかもうっすらとアンダーのラインが見えるようで思わずドギマギ。大人の娯楽映画だもん、こういう要素も大事だと思うんだけど、あんまりやり過ぎると抗議が来ちゃうのかな。

新メンバーの一人、お調子者のフラッシュことバリー・アレンは<MCU>で言えばスパイダーマンのポジションかな。あそこまで煩くない代わりに、ちょい根暗入っちゃってます。でも良いキャラだった。
そういや途中で足を怪我するけど、あれって何の意味があったんだろう?その場での危機感は盛り上げたかもしれないけど、以後の戦いでスピードを封じられたとかいう枷もないし、いらなかったんじゃないのかな。
そして最後にバリーはニートじゃなくなり、警察にちゃんとした職を得るが、推薦状を書いた友人っていうのはブルース・ウェンか、ゴードン本部長あたりなんだろうね。

ワイルドなアクアマン/アーサー・カリーも、クールなサイボーグ/ビクター・ストーンも、チームの構成メンバーとしてはバラエティに富んでいて、正に「これから」というところで終わってるだけに次に期待したいところだけど、パート2が自然消滅し、相変わらず<DCFU>自体が迷走し…というところなので、正直言うとチームアップが今回限りで終わりそうなのが何とも…。

一応<DCFU>の次回作は「アクアマン」単独主演作なんだけど、主人公より今回は顔見せ程度だったアンバー・ハード演じるアトランティスの女王メラに注目。ボディーラインがはっきり出てるコスチュームだし、こりゃワンダーウーマンより期待出来るかな?

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/26213560/
https://odin2099.exblog.jp/26336654/



[PR]
by odin2099 | 2018-03-24 23:35 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(0)
<DCフィルム・ユニバース>の第四弾。
「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」でデビューしたワンダーウーマンの単独主演作。
マーベル・スタジオに対抗したかのような、スーパーヒーロー総登場のタイトルロゴが新たに作られたけれど、今後きちんと活用されていくのだろうか。

オープニングとエンディングが現代で、過去にさかのぼる形で物語は展開。
アマゾン族誕生秘話からダイアナの少女時代、そして第一次世界大戦時が主な舞台となる。
マーベル・スタジオには同じような構造で、第二次大戦時を描いた「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」という作品があるけれど、あちらは愛国心に燃えた青年、こちらは神話の世界から抜け出てきたかのような異界の使者、ということで差別化が図られているのは面白い。

e0033570_22140234.jpgセクシーなコスチュームに身を包んだ美女戦士のアクション物、というと直接的描写はないとしても多少はエロティックなシーンに期待してしまうところだが、女性監督ゆえなのかそちらの要素は皆無に近い。
ダイアナ役のガル・ガドットも、ダイナマイトバディを売りにするタイプの女優ではない。
だからこそ幅広い層に支持されたとも言えるが、グラマー美女のリンダ・カーターが主演したかつてのTVシリーズを念頭に置くとちょっと勿体ないかなあという気がしないでもない。ちょっぴり下品で安っぽいのも、アメコミの映画化としてはある意味正しいと思うのだ。

ただガル・ガドットの凛とした佇まい、アクションシーンにおけるしなやかな身のこなし、華麗なる脚技…を見ると、やはり彼女で正解だったのだなと思う。
もし仮に何年か後にリブートするようなことがあれば、その時は彼女とは違うタイプのワンダーウーマンを見てみたいものだが。

ところで今回のダイアナのお相手、スティーブ・トレバーを演じてるのは、”クリス・フォー”の一角クリス・パイン(吹替は小野D)。
死んじゃったので<DCFU>での再登場はないだろうけど、今後<マーベル・シネマティック・ユニバース>作品に出る可能性はあるだろうか(掛け持ち?移籍?してる人は何人かいる)。他の3人は参加している<MCU>で、”クリス・フォー”が全員揃ったらちょっと面白いかも。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/26003949/






[PR]
by odin2099 | 2018-03-22 22:22 |  映画感想<ワ行> | Trackback | Comments(2)
<DCFU>の第三弾。
前作「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」のラストでスーパーマンは死に、さてこれからはどうしたらいいのか?の答えがこの作品で結成される”タスク・フォースX”、即ち”スーサイド・スクワッド”。悪人を使って悪を征する”使い捨て”部隊というワケだ。

e0033570_21531560.jpg時系列的には明らかに「バットマンVSスーパーマン」以降ということになるが、お話としてはそれほど連続性がない。
むしろバットマンがデッドショットやハーレイクインを捕まえたり、フラッシュが活躍するシーンがあったりと、「バットマンVSスーパーマン」前史的な要素もある。

このあたり、先に「バットマン」の単独作を作るなりしていたら、もっと盛り上がったんだろうなあと思うのだけれど、<DCFU>は<MCU>とは違う道を選んだようで、こういった部分が戦略ミスだったのかも。
そういやこのシークエンスでバットマンとハーレイクインのキスシーンがあるんだけど、あれは何?それとも人工呼吸?

ラストにはカメオ的にブルース・ウェインが出てきて、メタヒューマンの情報を入手するというシーンがあり、それが当然「ジャスティス・リーグ」への伏線と言うわけだが、それを除けば関連性も薄いので<DCFU>の中では異色作と言えるだろう。
今のところこの作品を見ていなくても、「ジャスティス・リーグ」への流れを追うのに支障はない。
今後この作品の続編が作られたり、ハーレイクインが中心となる別企画が実現した暁には改めてチェックをすれば良さそう。色々とゴタゴタ続きの<DCFU>だが、今後はどうなっていくことやら。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/24656130/
https://odin2099.exblog.jp/25098684/
https://odin2099.exblog.jp/25953026/





[PR]
by odin2099 | 2018-03-19 22:02 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
<DCフィルム・ユニバース>の第二弾。
前作「マン・オブ・スティール」のクライマックスバトルに新撮シーンを加え、それを導入部に。
あのシーンのどこかにブルース・ウェインがいたと考えると実に面白いし、編集も巧みで違和感はない。
といっても、それじゃあ「マン・オブ・スティール」の方にこれらのシーンを追加しても大丈夫かと問われると、それはノー。ブルース視点なので、それでは焦点がぼやけてしまう。

e0033570_19575954.jpgこの作品世界ではバットマンの方がスーパーマンよりもヒーローとしては先輩。ピエロ姿の異常者に悩まされたという台詞があるし、相棒ロビンをジョーカーに殺された過去があるらしいことも示唆されている。
更に後の「ジャスティス・リーグ」では、アルフレッドに「ペンギンを追いかけていた頃が懐かしいですな」なんて言わせてるところをみると、かつてのティム・バートン監督作に始まる「バットマン」四部作とはパラレル設定なのかも知れない。
クリストファー・ノーランの<ダークサイド・トリロジー>とは繋がらないだろうけど。

その割にバットマンは知名度もあまり高くないようだし、当然ヒーローとしても認知されてないので、せっかくのバットマンVSスーパーマンが世紀の一戦には見えないのが残念。
レックス・ルーサーも、わざわざバットマンの力を利用せずとも単独でスーパーマンを何とか出来たんじゃ?なんて思えてくる。

お話の展開はまだるっこしいし(例えばクリプトナイトを括りつけた槍を捨て、それをもう一回拾う、というシーンなんか必要?)、ストーリーは重苦しいし、上映時間は長いし、と娯楽大作としてはアピールポイントが低すぎるのがこの作品の難点で、これを二時間枠の地上波で放送するようなことになれば、どんだけテンポ良く刈り込んだものが見られることやら、とちょっと期待してしまうのだけど、そういった楽しみ方は邪道だよなあ。

それでもかなりだれてきた終盤に、颯爽とワンダーウーマン登場!
的に追い詰められても笑顔で再度立ち向かう姿は惚れ惚れする。この映画の一番の見どころと言っても良いだろう。ちなみに二番目は、序盤に出てくる見えそうで見えないロイス・レーンの入浴シーンだけど。

最後はスーパーマン/クラーク・ケントの葬儀シーン。
ブルースがダイアナ・プリンスと一緒にメタヒューマンたちを集めてチームを結成しようとする切っ掛けになるとはいえ、この映画は本当にスーパーマンの死で終わらせる必要があったのかな?というのもちょいと疑問。
またその復活も、彼自身の生命力のなせる業かと思いきや、ブルースたちの意思とクリプトンの超科学力によるものだというシーンが「ジャスティス・リーグ」で描かれるが、それじゃあ棺にかけられた土が舞い上がるシーンは何の意味があったんだか。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/24259702/
https://odin2099.exblog.jp/24330975/
https://odin2099.exblog.jp/24594160/
https://odin2099.exblog.jp/25922038/



[PR]
by odin2099 | 2018-03-13 20:06 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
<DCフィルム・ユニバース>(で、いいのかな?)の第一弾。
ここのところ<MCU>をずっと追いかけてるけど、ちょっと浮気。

この映画、いきなり出産シーンから始まるが、お茶の間には相応しくないと判断されたのか、過去2回の地上波放送の際には何れもカット。
まあ純粋に放送枠の関係だろうが。

e0033570_23151643.jpgクリストファー・リーブ版「スーパーマン」に比べると比重が大きいのが、クラーク・ケント/カル=エルの二人の父親の存在。クリプトン脱出時や地球到着後の幼少期のエピソードにしばしば登場し、クラークの成人後にも回想シーンに現れ、はたまたコンピューターの一部となって彼を導く。
また母親との結びつきも強く描かれ、ともすればクラークが過保護で脆弱に映りかねないのだが、そうはならないのはヘンリー・カビルの落ち着いた演技と存在感故だろう。

クリストファー・リーブが朴訥で純粋な、少年がそのまま大人になったかのようなピュアなクラーク・ケント像を作り上げていたのとは対照的に、ヘンリー・カビルは周囲から拒絶されたり軽く見られたりといった逆境から跳ね上がった精悍な男を演じているからだ。

その結果、皆が求めるスーパーマン像とは多少かけ離れて見えてしまっているのは計算の内だろうが、作品全体が暗く重々しいトーンに貫かれてしまったのも想定内だったのだろうか。それとも誤算だったのだろうか。
この作品に続く<DCFU>作品は何れも内容的にも興行的にも苦戦が続いているようだが、この作品で既にボタンは掛け違っていたのかもしれない。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/21004378/
https://odin2099.exblog.jp/24237421/
https://odin2099.exblog.jp/25899908/




[PR]
by odin2099 | 2018-03-06 23:21 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
週末に「ジャスティス・リーグ」の2回目を鑑賞。
前回は吹替版、今回は字幕スーパー版でしたが(もう吹替版上映してなかった)、一度見てお話が頭に入ってるということもあって、より画面に集中出来たように思います。

e0033570_22265067.jpg前回は色々と気になったりもしたのですが、今回は素直に愉しみましたね。
スーパーマンの能力が特出してるので全体のパワーバランスは悪いのですが、それでもバットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、フラッシュ、サイボーグそれぞれ良いキャラしてます。

バットマンは実はあんまりいい場面がないんですが、素顔のブルース・ウェインの時はチームのまとめ役、引っ張り役のみならず、映画全体の水先案内人としての務めは立派に果たしていますし、やっぱり光っているのはワンダーウーマン。
素顔のダイアナの時は髪型からしてあんまり好きになれないんですけど、ワンダーウーマンとなると俄然輝きます。見惚れてしまいます。ダイアナの時の衣装でも、例えばサイボーグと対面する際のパンツ姿。キュッと上がったヒップがカッコいいのなんのって。このショットだけでも何度も繰り返し見たくなります。

まあ欠点としてはお話の、というかヴィランの弱さ。
ステッペンウルフやパラデーモンの威勢が良いのは最初だけ。最後は腰砕けに終わってしまいますし、何といってもマザーボックスの設定がチンプンカンプン。
2時間というコンパクトさは買いますが、次回作はヒーロー大集合に相応しい盛り上がりを期待したいところです。

しかし、本国ではやはり失敗作の烙印を押されそうな状況のようですし、日本じゃお客さんがあんまり入っていないようで…。アメコミ映画は当たらない、という言葉が久々に蘇りつつあります。
e0033570_22233118.png
  ×  ×  ×  ×

比べてみたくなって、その後で「アベンジャーズ」を再観賞。
ただしお手軽に見たかったので、2015/6/26に放送された「金ロー」版で。
元の映画も面白いんですが、この時の編集は本当に凄いんですよね。140分強の作品を90分強に短縮して、それでも見せ場は損なっていないのですから。
この時の放送で初めて「アベンジャーズ」を、<MCU>を見た、という人でも、どうにかついていけるんじゃないかな、と思えるほどです。

e0033570_22263799.jpgそれはさておき、ヒーロー大集合映画としての出来は、「ジャスティス・リーグ」より「アベンジャーズ」に軍配はあがりますね。
「ジャスティス・リーグ」は「マン・オブ・スティール」から始まる<DCFU>の5本目、「アベンジャーズ」は「アイアンマン」から始まる<MCU>の6本目ですから条件としては概ね同じ。
しかし一本一本でキャラクターをじっくり描き、満を持して集結させた「アベンジャーズ」と違い、ストーリーの連続性はあるものの、キャラクターの集合とお披露目を兼ねた「ジャスティス・リーグ」ではワクワク感が足りませんし、遊びの部分も少なくなります。
<DCFU>は当然<MCU>を研究して戦略を立て、二番煎じにならない工夫を凝らしたことと思いますが、今までのところその方法は必ずしも成功してるとは言い難いようです。

現在17本目まで公開されている<MCU>は、2020年公開の22本目で一区切り。
しかしその後も年に2~3本ペースで五年後十年後を睨んだスケジュールを組んでいるようですが、対する<DCFU>は企画だけは10本前後持ち上がっているものの、どこまで決まっているのか、どの順番に作られるのかも定かではないのが現状です。

2019年に<MCU>は「ブラックパンサー」、「アベンジャーズ/インフィニティウォー」、「アントマン2」の3本が公開予定ですが、<DCFU>は「アクアマン」のみ。
DCとマーベルには良きライバル同士として映画界を盛り上げて行って欲しいのですが、このままだと大きく水を開けられてしまいかねないのが何とも淋しいところです。
e0033570_22235631.png

[PR]
by odin2099 | 2017-12-26 22:29 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
*** ネタバレ注意! ***

e0033570_19201399.jpg今年2本目、通算では「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」に続く5本目になる<DCEU>の最新作。
この”ユニバース”作品群、前作前々作では<DCフィルムズ>と呼称していたが、本作のパンフレットを見ると<DCFU(DCフィルムユニバース)>とある。<MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)>のように、もういい加減オフィシャルで統一して欲しい。

仕上げ段階で監督のザック・スナイダーが降板し、ジョス・ウェドンが後を引き継いで完成させた(だけでなく再撮影を行うなど大きく手を入れたとの噂)という経緯があり、何故かゴタゴタの絶えない<DCEU>の現場だけに不安要素は大きかったが、上映時間を思い切って2時間に刈り込んだのが功を奏したのか、初めて何度でも見直したい、と思える作品になっていた。

といっても先行する<MCU>と違い、<DCEU>は伏線の貼り方が下手。いきなりステッペンウルフだ、マザーボックスだ、と言われてもその凄さがわからない(逆に<MCU>は露骨にやりすぎなこともあるけれど)。
これまでの作品で少しでもそれらに触れていたならば「未曾有の危機に強者集結」というワクワク感が増したと思うのだが、残念ながら唐突感は否めなかった。

またキャラクターの描き分けも下手。これは「アベンジャーズ」の一作目が奇跡的な出来栄えだったということもあるのだが、比較してしまうとジャスティス・リーグはせっかく超人が集まっていても烏合の衆に見えてしまう場面が多々ある。

パワーバランスも悪く、スーパーマンはチート過ぎるしバットマンはザコ過ぎる。アクアマンは海中での見せ場がないし、一応能力を発揮しているように見えるのはフラッシュとサイボーグだけ。
アベンジャーズも個々の能力差は大きいものの共闘のシーンでは各人の役割分担が決まっていて、それも正に適材適所だと見ていて納得出来るのだが、ジャスティス・リーグの戦いは見ていても誰の場面かがわかりづらい。

e0033570_19202893.jpgそして注目のスーパーマンの復活。「バットマンVSスーパーマン」のラストシーンの描写から、超自然的な力や奇跡が起こって復活するのかと思いきや、なんとマザーボックスのパワーでジェネシスチェンバーを起動、つまりテクノロジーの力でバットマンたちが甦らせてしまうとは…! まあ「有り」っちゃあ「有り」なんだけど、これはなんだか肩透かしされた気分。

と愚痴を言えばキリがないのだが、その一方で満足度も高い。
音楽担当のダニー・エルフマンは自作の「バットマンのテーマ」のみならず、ジョン・ウィリアムズ作曲の「スーパーマンのテーマ」もチラッと流してくれるし(勿論バーバリズムに溢れた「ワンダーウーマンのテーマ」も)、やっぱりヒーロー同士の共闘は燃える。それにワンダーウーマン、使い勝手が良いのかもしれないが、製作サイドから愛されてるなあ。
これに続く「ジャスティス・リーグ2」の企画は一端白紙に戻ったとも聞くが、今回参加してないヒーローも交えての再共演、是非とも実現して欲しいものだ。

これまでの<DCEU>には特別ポストクレジットシーンは用意されていなかったが、今回は2つ。
1つはフラッシュとスーパーマンが速さを競うというお遊び的なものだが、もう1つは脱獄したレックス・ルーサーがデスストロークに対し、ジャスティス・リーグに対抗して我々も手を組もうと持ち掛けるシーン。明確な次回作以降への伏線だが、果たしてこれを回収するのはどの作品になるのだろうか。

<DCEU>の次の作品は来年公開の「アクアマン」(今回はチラっと顔見せ程度の出番だったメラに期待。ワンダーウーマンに足りない”ボリューム”を補ってくれそう)だがこちらには絡みそうもないし、その次となると一応の公開日がアナウンスされている「ワンダーウーマン2」以外は「シャザム」、「フラッシュ」、「グリーンランタン」、「サイボーグ」、「サンドマン」、「ジャスティス・リーグ・ダーク」、「マン・オブ・スティール2」、「バットガール」、「ナイトウィング」、「ゴッサム・シティ・サイレンズ」、「スーサイド・スクワッド2」、「ザ・バットマン」とタイトルだけは列挙できるものの、全部実現するとは思えないしどこから着手するのかも不明。
持ち直したとも言われる<DCEU>ではあるが、ライバルの<MCU>に比べるとまだまだ不安定、先行き不透明と言わざるを得ないのが寂しい。


[PR]
by odin2099 | 2017-11-23 19:24 |  映画感想<サ行> | Trackback(4) | Comments(3)
e0033570_20142784.jpg<DCフィルムズ>という日本独自の呼び名は一向に定着しないようなので、改めて<DCEU>と呼びますが、それの第三弾!
「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」で鮮烈なデビューを飾ったワンダーウーマンのオリジンを描く、単独主演作がこちらです。

この第三弾という表現にも馴染めなくて、「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン」、「スーサイド・スクワッド」に続く4作目だろ?!
…とツッコミを入れたくなるんですが、どうも「マン・オブ・スティール」はノーカウントで、「バットマンVSスーパーマン」から始まったと捉えてるようなんですね。
そりゃ<DCEU>という括りを使い始めたのはそうですけど、お話は「マン・オブ・スティール」が起点でしょ?なんだか頭が固いですなあ。

というわけで、誰が何と言おうとユニバースの4作目です。
オープニングとエンディングは現在で、ここでダイアナとブルース・ウェインとの繋がりが描かれ、その後はダイアナの回想で一挙に物語は第一次世界大戦の頃へ飛びます。この辺り、ちょっと「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」みたいな感じではあります。
ゼウスとアレスとの確執、アマゾン族の誕生、戦い…といった謂れがダイアナの幼少期と並行して語られ、閉ざされた島にスティーブ・トレバーが招かれざる客として現れると、物語は神話、幻想の世界から現世へと移っていきます。

e0033570_20143862.jpgここから先は人間世界を初めて訪れたダイナアのカルチャーギャップも織り込まれ、ややコメディ色が濃くなりますが、一方で戦争状態という悲惨な”現実”も見せつけられます。
ただここで、スティーブ=イギリス軍=善、そして軍神アレスが背後にいて操っているとはいえドイツ=悪、と規定されてしまうのはちょっと違和感ありました。
ダイアナ、もうちょっと世界を俯瞰的に、バランス良く見て欲しいんだけど…?

ともあれ、ガル・ガドットのダイアナ=ワンダーウーマン(とは劇中では呼ばれませんが)は強くて美しくて格好良いです。
「バットマンVSスーパーマン」の時は、この人は顔立ちキツイしあんま美人じゃないしぃと感じていたのですが、今回は「こんな表情するんだ?」というくらい綺麗というより可愛い面も沢山見せてくれます。
手足もしなやかでスローモーションでもアクションシーンが凄く映えて、今となっては彼女で正解でしたね。スティーブ役のクリス・パインとのコンビも良く、クライマックスのとあるシーンではちょっとホロっとさせられました(これでちょっとでもお色気サービスがあれば……)。

これまでどちらかというと酷評の方が目立った<DCEU>作品が、この作品で一気に持ち直し、というのはちょいと甘い評価かなあと思いますけれど、今までで一番見やすいしわかりやすいお話かなあとは思います。これで上映時間が141分もなければ…。
それに11月公開の「ジャスティス・リーグ」へ向けての伏線というかオマケのシーンでもあるのかなあと期待していたのですが、意外にもなにもなし。<MCU>と違って潔いというか、勿体ないというか。
まあ、考えは各社それぞれなんでしょうけれどねえ。


[PR]
by odin2099 | 2017-08-25 20:18 |  映画感想<ワ行> | Trackback(15) | Comments(2)

by Excalibur
ブログトップ